9,596 views

今年のサッカー日本代表は、アジアとのガチンコマッチが目白押し

ヴァヒド・ハリルホジッチ新監督就任後、チュニジアとウズベキスタンに2連勝し幸先のいいサッカー日本代表ですが、今年はFIFAワールドカップアジア2次予選と東アジアカップ決勝大会と、アジアでの真剣勝負が目白押しです。

FIFAワールドカップアジア2次予選 <出典:https://twitter.com/maemae46641>

今後の試合日程は次のようになっています。

 

FIFAワールドカップアジア2次予選は6月から!


2018FIFAワールドカップ出場に向けてのアジア2次予選は、6月16日にシンガポールを迎えて、埼玉スタジアムから始まります
他の対戦国はカンボジア、アフガニスタン、シリアで、少々骨っぽいところはシリアくらいで、あとはわざわざ海外組を呼ばなくても勝てる相手です。

FIFAワールドカップアジア2次予選 <出典:http://www.lapelotona.com/noticias/fotonoticia-logo-oficial-rusia-2018/>

しかしアフガニスタンとシリアは今もイスラム過激派勢力によるテロ事件が相次いで発生している危険な国だけに、アウェーゲームができるのかどうか、予断を許さない状況です。

日程は
9月3日 対カンボジア
9月8日 対アフガニスタン
10月8日 対シリア
11月12日 対シンガポール
11月17日 対カンボジア

となっていますが、開催地は未決定です。
アフガニスタンとシリアのアウェーゲームは中東の第三国でまとめて行うのではないかと予測されています。
なお、両国とのホームゲームは来年3月に日本で行われます。

 


8月には北朝鮮で東アジアカップ決勝大会!


東アジアカップ <出典:http://www.hitc.com/en-gb/topic/ryo-miyaichi/>

本格的にワールドカップアジア2次予選が始まる前に、8月には東アジアカップ決勝大会があります。
開催地はなんと北朝鮮。北朝鮮がサッカーの国際大会を開くのは初めてなだけにどんな大会になるのかとても楽しみです。

また、サッカー日本代表がアジアで戦う際にいつもの「アウェーの洗礼」というか「いやがらせ」がどんな形で受けるのかにも関心が高まります。
ザックジャパンが試合をした際は入国に数時間を要したり、「君が代」が流れると数万の観客が一斉に大声を出して全く聞こえなくさせるということがありました。

日程は、2日が開催国北朝鮮
日本が相手となると、ものすごい出足でプレッシングをかけてくるだけに、いくら球際の激しさを求められているハリルジャパンでも、苦戦は免れません。

5日が対韓国9日が対中国
いずれも政治、外交の舞台では丁々発止の論戦をしている国が相手だけに、サッカーの試合も激しくなりそうです。

ザックジャパンのときに初優勝を飾っただけに、ぜひ2連覇してほしいものです。

 


キリンチャレンジカップは現在のところ1試合だけ


アジアでの真剣勝負は目白押しですが、国際試合のキリンチャレンジカップは現在、6月11日の対イラク戦だけが決定しています。
しかし、8月の東アジアカップの前や9月のワールドカップ予選2連戦、11月の2連戦の前には、国際試合が必ず組まれるでしょう。
合宿からそのままぶっつけで大会に臨むとは考えられません。

アルベルト・ザッケローニ元監督は、こうした大事な大会の前には比較的軽い相手と試合をして、あくまで大会に向けて準備という感じでしたが、ハリルホジッチ監督はどんな相手を選ぶのでしょうか?
キリンチャレンジカップの対戦国で、監督のホームでの国際試合に対する考え方がわかると思います。

 

アジア2次予選は難しくないが、東アジアカップは難敵揃い


ジア2次予選 <出典:http://www.jfa.jp/news/00001080/>

おそらく、ワールドカップアジア2次予選はそれほど苦労せずに早い段階で突破を決められるでしょうが、8月の東アジアカップは難敵揃いです。
FIFAランクでは韓国以外は下位の国ですが、反則も平気でやってくるので気が抜けません。
それだけに緊迫感のある面白い試合が見られると思います。

カテゴリー

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!