ブラインドサッカーアクサ・ブレイブカップがまもなく開催!ルールなど基本的なことを紹介します!

アイマスクをつけて音や感覚だけを頼りにサッカーをすることを少しでも想像してみてください。
ブラインドサッカーは、まさにそのような状況で行われ、トップ選手ともなると華麗なシュートを決めます!

そんな、ブラインドサッカーの日本選手権「ブラインドサッカーアクサ・ブレイブカップ」がまもなく開催されます。
トレタメでは7月10日に現場でブラインドサッカーを観て、記事にまとめるのでお楽しみに♪♪

◆ブラインドサッカーって何?


ブラインドサッカー <出典:http://www.footballchannel.jp/2013/07/05/post6137/>

まずは、ブラインドサッカーとはどういったものなのかを説明していきます。

視覚障害者が行うサッカーは主にブラインドサッカーとロービジョンフットサルの2種類があります。

視覚障害者の中でも全盲の選手が行うのがブラインドサッカーです。

全盲ではないけれど、ぼんやりとしか外界が見えない、いわゆる弱視の選手が行うのがロービジョンフットサルとなります。

ブラインドサッカーでは通常のボールを使用するとどこにボールがあるのかわからなくなってしまうため、ボールの中に特殊な鈴が入っています。

そのシャカシャカと鳴るボールの音を聞いてプレーをしていきます!

ブラインドサッカー・ボール <出典:https://store.b-soccer.jp/product/p-9.html>

また、選手もどこにいるのか当然わからないため、ボールを取りに行く選手は「ボイ」(スペイン語で行くぞという意味)という声を出してプレーを行います。

その声がどの辺から聞こえるかなどを考慮しながらプレーするということですね・・・凄すぎる(汗)

一つ疑問なのは、自分の今いる位置からゴールまでの距離や角度はどのように把握するのかということです・・。

実は、ゴールの後ろにコーラーと呼ばれるガイド役がいて「◯メートル、◯度!!」と、ゴールまでの距離と角度を伝えているのですー!

この指示が間違っていると当然シュートが入る可能性も下がってしまうので非常にこのコーラーは重要な役割であることがわかります。

◆ブラインドサッカー ルール


さてさて、次はブラインドサッカーの観戦を楽しむ上で重要なルールについてです。

❒試合時間は?

ブラインドサッカーの試合時間は前後半25分ずつで行われます。(国内の試合によって時間変更がある場合も)

❒キーパはどうやってボールをとめるの?

ブラインドサッカーではルール上ゴールキーパーは目が見える人が担当します。

ブラインドサッカー <出典:http://greenz.jp/2011/07/15/blind-soccer/>

❒シュート以外の時のボールの場所などの指示は誰がするの?

さきほど紹介したコーラー以外に、監督がピッチの中盤あたりの選手に向かって指示を出しています。

❒スローインはない?

ブラインドサッカーにはスローインはありません。サイドラインにはフェンスが設けられています。

❒PKはあるの?

ブラインドサッカーにはPKと第2PKというものがあります。

PKは文字通り通常のサッカーと同じでペナルティエリア内で反則行為が行われた場合、相手チームにPKの権限が与えられます。

ゴールから6mの位置からボールを蹴ります。

一方、第2PKとは、前後半それぞれチームで合計ファウルが4つ以上になった場合、相手チームにゴールから8mの位置からPKをする権利が与えられます



◆ブラインドサッカー アクサ・ブレイブカップがまもなく開催!


アクサ・ブレイブカップ <出典:https://store.b-soccer.jp/product/p-117.html>

7月9日(土)、10日(日)にブラインドサッカーの日本選手権のアクサ・ブレイブカップが行われます!

当日は全国から集まった競合チームの試合を観れることはもちろんのこと擬似"ブラインド"体験ができるイベントなども行われます!

また、観戦におけるルールとして、ブラインドサッカーの選手たちは、音を頼りにプレーしているので、なるべく音を立てずに観戦するのがマナーとなります。

もちろん、ゴールが入った時は声を出してもOKですよ!

むしろその歓声で選手も得点が入ったことがわかりますからね♪♪

今回の記事でブラインドサッカーに興味を持った方や元々興味の有る方はぜひ、会場に足を運んでみてください!


コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

イベントの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!