ピース又吉直樹氏の第153回芥川龍之介賞受賞作品火花


ピース又吉直樹作、火花の第153回芥川龍之介賞受賞についての声

人気お笑いコンビの又吉直樹さんが、発表された小説の火花が、第153回芥川龍之介賞を受賞したこともまだ記憶に新しいですね!
火花 <出典:www1.imaibooks.co.jp>

毎回文学賞の受賞は、とても話題になるニュースですが、今回は今までにないような大きな話題性を含んでいました。新人作家の最も名誉ある賞である芥川龍之介賞。新人作家であれば誰もが手にしたい賞です。

これを現役お笑い芸人が受賞したことは、歴代初めての事だからです。各方面で話題になり、祝福や賞賛や疑問視など様々な声が飛び交いました。

 

火花で第153回芥川龍之介賞を受賞したピース又吉直樹の思いとは


人気お笑いコンビのピースは、独特のストーリー性のあるコントや、ボケ担当の又吉直樹さんのテンポ感が面白い漫才が魅力です。
又吉直樹 <出典:wotopi.jp>

今回の受賞のずっと前から、又吉さんは、自身の読書への愛、文学への愛を多方面で語って来ました。彼にとって文学とは、お笑いを始めた時から、いやそれ以前からずっと、共に歩んで来たものだったのです。

第153回芥川龍之介賞受賞作の火花は、芸人の関係性から様々な感情を描いた作品です。彼は、今回の自身の受賞によって、劇場に足を運んでくれる人が少しでも増えてくれたらいいと、切実に訴えていました。

 

ピース又吉直樹の第153回芥川龍之介賞受賞作火花への評価

現役お笑い芸人が、新人作家の登竜門とも言える芥川賞を受賞した事を、賞賛する人は大勢いましたが、これに反して、疑問視する人も少なからずいます。
又吉直樹 <出典:ye-bisu.ldblog.jp>

どうしてそのような発想になるのかわかりませんが、正当な評価なのかどうかという声を上げるような人も、残念ながらいるようです。

ピース又吉直樹さんの第153回芥川龍之介賞受賞作の火花、その作品の評価はどうなのでしょうか。実際のところこちらも意見が分かれているようで、絶賛する声と、非難する声と両方あるようです。あまりに話題性が強く、そのために作品の良さが歪められてしまったらとてももったいない事だと思います。

 

ピース又吉直樹の第153回芥川龍之介賞受賞作火花による変化

ピース又吉直樹さんの初の純文学中編小説であり、第153回芥川龍之介賞受賞作である火花。
又吉直樹 <出典:www.sankei.com>

苦悩する芸人の関係性を軸に描かれています。現役お笑い芸人の彼だからこそ生み出す事が出来た作品であると言えます。お笑いは娯楽の最たるもの。純文学とは対極にあるものです。芥川賞の新たな可能性を広げたのかもしれません。

カテゴリー
タグ ピース
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

お笑いの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!