絶叫の国・富士急ハイランドの心温まるテーマパーク!トーマスランド

富士急ハイランドは、富士山のふもと、山梨県の河口湖インターチェンジのそばにある絶叫マシンが有名な遊園地です。トーマスランドは富士急ハイランドの中にある「機関車トーマス」のテーマパークです。

トーマスランド
<出典:matome.naver.jp>



記録も記憶も絶叫王国・富士急ハイランド

富士急ハイランドの前身は、1961年に開園した富士五湖スケートセンターになります。その後1964年に富士急ハイランドと改名されます。

富士急ハイランドは、非常にユニークなコマーシャル・ネーミング、そして、ギネス記録に残る絶叫マシンが有名です。2011年時点で9アトラクション14項目がギネス記録を達成しています。

また、日本一・日本初といったアトラクションも多く、最近の日本の遊園地の傾向に反し、絶叫マシンにチカラを入れた遊園地です。



富士急ハイランド
<出典:s.maho.jp>





ながく愛された「機関車トーマス」


富士急ハイランドの園内に機関車トーマスをテーマとした「トーマスランド」があります。「機関車トーマス」は、レヴラント・ウィルバート・オードリーとその息子のリチャードがイギリスの架空の島「ソドー島」で活躍する機関車を描いた26巻からなる「汽車のえほん」を原作とし、テレビシリーズとして放送された作品になります。

1984年から30年近くも放送されたこの作品は、1990年から日本でも放送され、関連商品の日本での売上が300億円を超える人気のキャラクターとなりました。富士急ハイランドの園内にあるトーマスランドのキャラクタは、テレビで放送された機関車たちを忠実に再現しています。




機関車トーマス
<出典:www.westfields.jp>





子供も安心して楽しめるトーマスランド

富士急ハイランドは絶叫マシンに力を入れていますが、トーマスランドは、子供も楽しめるアトラクションが満載です。

トーマスメイズや、パーシーのモニュメント園内の人工の小川は、入園者でしたら誰でも無料で楽しむことができます。アトラクションは有料ですが、お得なチケットもあります。

アトラクションは、小さな子供でも怖くない列車形式の乗り物から、少し大きくなった子が楽しめる子供用のジェットコースターまでありますので、小学校入学前のお子さんでしたら、それぞれにあった乗り物が選べます。また、トーマスランド内にある売店では、他では買うことができない、トーマスグッズを買うことができます。


パーシーのモニュメント
<出典:kids.ashitaha.com>




お子様から親しめる富士急ハイランド

富士急ハイランドには、トーマスランド以外にも、お子様に人気のキャラクターをテーマとした乗り物やアトラクションがあります。恐怖度や難易度はキャラクターの人気の年齢にあわせてありますので、絶叫マシンのだめなお子様でも一日園内を楽しむことができます。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アミューズメントパークの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!