都内で手軽にスケートを楽しめるおすすめスポット5選

寒くなったこの季節に家族や友人同士で冬を満喫できるレジャーと言えば、やはりスケートやスキーが王道ですね。普段楽しめない非日常感を味わえますので、強く記憶に残って思い出作りにも最適なのではないでしょうか。

今回は関東在住の方や旅行などで東京へ出かける方向けの、お手軽に利用できるスケートリンクのおすすめスポットをご紹介したいと思います。

◆としまえん 屋外アイススケートリンク

スケート としまえん <出典:www.timeout.jp>

毎年、冬季にとしまえん内に設営される屋外アイススケートリンクです。屋内で滑る場合と違って、青空の下で開放感を感じながらスケートを楽しめますので、ワクワク感に寒さも吹き飛びますね。

なんとイルミネーション開催日の夜にはリンク周辺が光り輝くイルミネーションで彩られて、幻想的な雰囲気の中でスケートできるようです。

また、スケート後には同遊園地のアトラクションを楽しむなど、他のスケート場とは違った楽しみ方が出来るのも大きな魅力ですね。スケート教室(初級・中級)もあり、スケート初心者も安心して利用できます。

西武池袋線や都営大江戸線の「豊島園」駅から徒歩1分と交通アクセスも抜群です。


◆BIG BOX 東大和スケートセンター


スケート big box <出典:www.bigbox-higashiyamato.jp>

4歳以上のスケート教室があるので初めて滑るお子様連れでも安心して出かけられます。またBIG BOXは複合アミューズメント施設ですので、家族や友人といくつかの組に分かれて、昼はスケートやテニス、ボウリングなどを楽しめます。

夕方からは施設内で食事やカラオケ、パーティーと1日のレジャーがオール・イン・ワンで楽しめる施設となっています。

西武拝島線「東大和市」駅の改札口を出てるとすぐ同施設が見えますので、交通アクセスが良いのも魅力です。

◆明治神宮外苑 アイススケート場

スケート 明治神宮 <出典:www.enjoytokyo.jp>

郊外に多くあるスケート場とは違い、同施設は新宿区にあるので、東京観光や明治神宮への参拝のお供としてスケートを楽しむことができます。フィギュアスケートの国際規格にも対応している広さなので、大きなスケートリンクをゆったりと滑れます。

レジャーで楽しむ方以外にもスケート教室や競技を志す選手も通っている本格的なスケートリンクのようです。

都営大江戸線「国立競技場」駅より徒歩1分、JR中央・総武線「千駄ヶ谷」駅または、「信濃町」駅より徒歩5分と交通の便もいいです。

◆江戸川区スポーツランド

スケート 江戸川 <出典:www.edogawa-sportsland.com>

平日は穴場のスケート場のようで、人が少なく、幼児連れの方や他の人との接触が心配な方にはおすすめの施設です。スケートリンクも国際規格に対応した広さなので、屋内ですが開放感を感じながら滑れます。

23区唯一の区営のスケート場なので料金もお手ごろなのも魅力ですね。

JR総武線「新小岩」駅から京成バス「江戸川スポーツランド行」に乗り、「スポーツランド入口」で下車してください。

◆シチズンプラザ アイススケートリンク

スケート シチズン <出典:www.spot.town>

館内には売店や食事どころもありますので、ゆっくりとスケートを楽しむことが出来ます。スケートリンクも広く余裕を持って滑れます。また、初心者向けのスケート教室もありますので、初めてスケートを行うお子さんには最適のスケート場です。

JR山手線「高田馬場」駅から徒歩7分と交通のアクセスが良いのも嬉しいですね。

◆スケートを楽しむための注意点は?

スケート リンク <出典:smcb.jp>

手袋は事前に用意しておくことです。転倒時に床の氷やスケート靴で踏まれて手を切ってしまうことがあるので、スケートを楽しむ際には厚手の手袋が必須です。

ほとんどのスケート場では、手袋を着用しないでスケートすることは禁止されています。手袋はスケート場で販売している場合も多いので、用意するのが面倒な方は現地で購入してください。

服装にも注意が必要です。転倒時に肘や膝を擦り剥かないために半袖や短パン、スカートは避けましょう。また、屋内スケート場ではスケートリンクの氷が溶けないように室内温度が下げられていますので、十分に暖かい格好をしてください。

室内スケート場では1年中スケートを楽しむことが出来ますが、やはり寒いこの季節だからこそ寒さに負けずに冬のレジャーを楽しみたいですよね。この機会にみなさんもスケートを楽しんみてはいかがでしょうか。

タグ 東京
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アウトドアの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!