普通の夏フェスとひと味違う「朝霧JAM」の特徴やキャンプ用持ち物

Camp inとの名前をもつ「朝霧JAM」は普通の夏フェスとは違い、キャンプをしながら楽しめる音楽フェスです。キャンプ前提のため車での来場が基本であり、なにかと必要なものが多くあります。当フェスに参加する場合は、どんなものを持っていけば良いのでしょうか。
ここでは、「朝霧JAM」の特徴とキャンプをするための持ち物についてご紹介します。




朝霧JAM
<出典:yaplog.jp>




富士山を間近に楽しむフェス

朝霧JAMの大きな特徴は立地にあります。富士山が目の前に広がる朝霧アリーナを舞台に開催されるため、天気がよければ富士山の絶景を楽しむことが可能です。
また、朝霧JAMは毎年10月初めの土日に開催されることが多いです。富士山にうっすら雪が積もり始める時期で、運がよければ夕暮れに赤く染まる「赤富士」が見られます。

普段、朝霧アリーナは自然公園として地元住民の憩いの場として使用されています。キャンプ専用の施設ではないため、いくつか制限もありますが、自然の中でキャンプをしながら楽しめるフェスは毎年人気が高いです。




赤富士
<出典:locari.jp>







朝霧JAMのキャンプ必需品はコレ!


朝霧JAMの最大の特徴はキャンプとフェスが同時に楽しめることです。テントでだんらんや食事を楽しみながら音楽にも触れられます。そのため、1人より、友人や隣人などの大人数で楽しむことがおすすめです。
朝霧JAMは小学生以下に限り保護者の同伴によって無料で参加が可能です。家族向けに配慮されたシステムが充実していることも特徴で、子ども向けの「KIDS LAND」エリアや、家族で参加できるファシリティも充実しています。




KIDS LAND
<出典:campns.jp>







朝霧JAMでのキャンプ情報

朝霧JAMではこれまでに3つのキャンプ場を設けています。
最も会場に近いキャンプサイトAでは炊事もタープも禁止されていますが、サイトBではそれらが可能です。ただし、車を場内へ乗り入れられないため駐車場からは徒歩で荷物を運ぶことになります。

場外のオートキャンプ場では車の横で設営できるため便利ですが、会場へはシャトルバスに乗って行くことになります。シャトルバスは始発と最終の時間が決まっているため会場からの終バスに乗り遅れると暗い中を50分程度歩いて戻らなければなりません。

キャンプの場所によってチケットや価格が変わってきます。それぞれ、メリット・デメリットがあることを理解した上でどの場所にテントを張るか先に決めておくことがポイントです。





朝霧JAMのキャンプ必需品はコレ!

AとBが選択できる場内のオートキャンプか、場外のオートキャンプ場を選ぶかで若干の違いは出てきますが、基本的な朝霧JAMのキャンプに必要なものをご紹介します。

<場内AB・場外キャンプ場共通の持ち物>
・テント
車中泊は禁止されていませんが、せっかくのキャンプインフェスですからテントを用意することがおすすめです。多くのテントが張られるため目印になるものをつけておくと見つけやすくなります。

・フライシート
フライシートは、テントの上に張るもので雨天時にテントへの雨漏りを防ぎます。天候が変わりやすいため、大雨などにも対応できるように準備しておきましょう。


フライシート
<出典:www.heritage.co.jp>




・懐中電灯
夜は真っ暗になるため、懐中電灯は会場からの帰り道の必需品です。公式サイトでも持ち込みを推奨しています。

・ブルーシート
ブルーシートをテントの下に敷き、雨天時や朝夜の冷え込みからテントを守ります。

・ペグとハンマー
テントを設置する際に必要な道具がペグとハンマーです。ハンマーを忘れがちの方が多いため注意しましょう。





ダウンロード
<出典:goodcamp.web.fc2.com>




・マット
テントの中に敷きます。銀マットや暖かいサーモマットが寒さ対策としておすすめです。




テント
<出典:www.murauchi.com>





・寝袋
夜は10度以下になることもあるため、暖かい寝袋を選ぶことがポイントです。

<炊事禁止のサイトA以外で使える炊事道具>

・クッカー/ガスバーナー
クッカーやガスバーナーは、インスタントスープなど、軽くお湯を沸かす際に重宝します。



クッカー/ガスバーナー
<出典:www.youtube.com>






・鍋
鍋が1つあればお湯を沸かす際や、料理の際にも活躍します。
・コップ
飲み物やスープなどを飲む機会に無くては困るものがコップです。必ず準備しましょう。
・コーヒーや紅茶、温めて飲めるお酒
朝晩の冷え込み対策に温かい飲み物が必須です。コーヒーや紅茶、ホットワインや日本酒・梅酒など温めて飲めるお酒を用意しましょう。



コーヒー、紅茶 class=
<出典:gafpsp.org>






おわりに

朝霧JAMは、音楽フェスとしてだけではなく、キャンプや地元密着のフェスならではのショップも盛り沢山で見所満載です。朝霧JAMに興味がある方は是非この記事を参考にして、準備を整えましょう。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!