1,359 views

スティーブン・スピルバーグは、経歴も名言も異次元!!ジョージ・ルーカスとイラストを送り合う仲

ジェームズ・キャメロンジョージルーカスに並んで世界的な映画監督の1人スティーブン・スピルバーグ

彼の経歴や名言は、人生の参考になることばかり!

ジョージ・ルーカスと検討をたたえ合って、イラスト贈ったりと微笑ましいエピソードもあります!

まずは。経歴から紹介していきましょう!

◆スティーブン・スピルバーグ/経歴


オハイオ州ウクライナ系ユダヤ人の家庭に生まれたスティーブン・スピルバーグ

19461218日年生まれの69歳

スティーブン・スピルバーグ <出典:http://matome.naver.jp/odai/2141923944277408501>

母親リア・アドラーは、最初は、コンサートピアニストをやっていましたが、“The Milk Way”というレストランの経営に着手。

父親アーノルド・スピルバーグは、電気技師だったいう意外な経歴。。

12歳の時、父親から撮影を頼まれたのがキッカケで自主的に映画製作を始めます。

14歳になった時には、40分ほどの戦争映画を作ってしまったとのこと・・・・・。

14歳で映画を作っちゃうのも凄いですが、戦争映画を作ってしまうというのがなんかヤバイ・・・。

後に、作った「プライベート・ライアン」ミニバージョンといったところですかね。。

プライベート・ライアン <出典:http://ciatr.jp/topics/78162>

せいぜい学園モノの映画とかじゃないすか・・・14歳だとしたら笑

若くして偶然、映像に興味を持つことができたのは幸運でしたねー!

日常生活に関しては、学習障害があり、読み書きの習得が遅く、いじめにあっていたようです。。

若い時に失読症などの学習障害をもっていた人が、将来天才的な発明家などになることは多いですから、最近では、別に学習障害だからといって、ダメなわけではないという意見が増えてきましたね。

また、19歳の時に両親が離婚したというのも彼にとっては大きな出来事だったかと思います。

スピルバーグが、『E.T.』などの作品の中で離婚が原因で父親のいない家庭を描く事が多いのは、自らの幼少期の経験が影響していると述べています。

E.T. <出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/E.T./1709/>

自ら映画を作っていたスピルバーグですが、ユニバーサル・スタジオに遊びに行った際に転機が訪れます。

ユニバーサル・スタジオ <出典:http://www.co-media.jp/article/18192>

バスのツアー中にトイレに隠れて、バスが去った後、スタジオ内を歩きまわり、スタジオ内を探索

スタジオ内で映像保管係のスタッフと知り合いになり、人脈を広げていきます。

その人脈のおかげで、顔パスでユニバーサル・スタジオに出入りできるほどになります!

その後は、実力を認められ、映画資金を提供してもらえるほどになり、ユニバーサルともしっかりとした契約を結ぶように。

スティーブン・スピルバーグ <出典:http://jp57510117.php.xdomain.jp/?p=8050>

そのおかげ(?)でカリフォルニア州立大学は中退することになります^_^

1970年台に『激突!』『ジョーズ』を創りあげ、世界的に有名な映画監督に!!

ジョーズ <出典:http://movies.yahoo.co.jp/movie/JAWS%EF%BC%8F%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%BA/10911/>

特に『ジョーズ』は、当時の世界歴代興行収入1位を獲得






◆スティーブン・スピルバーグ/おすすめ作品

スピルバーグの作品の中からおすすめの作品と映像の特徴を紹介していきたいと思います!!

まだ、スピルバーグをあまり知らない人向けに紹介します。

本当は、マイナーなおすすめ作品とかもあるのですが、いきなりマイナーのから入ってしまうのも微妙かなと思うので・・

『E.T.』

E.T <出典:http://gentei.co.jp/archives/1815>

スピルバーグのヒット作のひとつ。超王道作品ですね・・。

『E.T.』は、ハリウッドが宇宙人の存在を伝えるためにスピルバーグに作らせたなんて噂もありますよね笑

まぁ。ギャグだと思いますがww

ちなみにE.T.とは、Extraterrestrial life

extraは→→"余分"の"や"格外の"

terrestrialは→→"地上の"

lifeは、もちろん"生命"なので・・・まぁ、"地球外生命体"という意味ですね・ω・

E.T. <出典:http://www.themarysue.com/early-designs-for-et-were-horrifying/>

↑↑この画像凄くいい(笑)また、観たくなる・・・。

わりと子供の時に観たという人が多いと思うので大人になってから観るとまた違った見方ができるのではないかなーと思うので、観たことがある方も是非もう一度!

『子供の頃に観た『E.T.』を大人になって観て20年ぶりに感動した!』みたいな感じの人も多いのでー!

❒『シンドラーのリスト』

シンドラーのリスト <出典:http://www.geocities.jp/qqppk513/schindler.html>

映画好きの人は、わりと知ってる作品なのですが、最近の若い人とかは、あまり知らない作品の一つかもしれません!『シンドラーのリスト』!

第二次大戦下で、ユダヤ人を1000人以上ナチスの虐殺をから救ったドイツ人の話です。

この映画は実話に基づいているもので、胸が苦しくなるようなシーンがガンガンでてきます・・・。

シンドラーのリスト <出典:http://enzogarden.exblog.jp/21734735/>

「血に染まった金は貰えない」と言い、スピルバーグが監督料を受け取りませんでしたが、ナチスの収容所で命を落とした親族がいるスピルバーグとしては、この作品にかける情熱は、人一倍大きかったようです!

3時間15分とかなり長めの作品・・。時間を確保してみてください。。

あとは、寝る前とかは、やめたほうがいい作品かもしれません・・精神的に。。

ただ、戦争というものにリアルさがどうしてもなくなってしまっている今の現代に、観るべき価値のある映画であることは間違いありません!

❒『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』

ロスト・ワールド <出典:http://eiga.com/movie/51009/>

『ロスト・ワールド』は、個人的にめちゃくちゃオススメです!

ストーリはもちろん素晴らしいのですが、映像とセリフに是非注目してもらいたい映画です。

ジュラシックパークシリーズ全てに言えることですが、水滴が落ちるシーンなどの臨場感と写し方が天才的なんです!!

この映画を観終わった後には、"スピルバーグ天才!"と思うはずですーー!

ロスト・ワールド <出典:http://ciatr.jp/topics/26694>

また、この『ロスト・ワールド』は、セリフもかなり練られています。

ネタバレしたくないので言えないですが、アメリカンジョークっぽいのがところどころに含まれていて面白いです!

❒スピルバーグの作品は、全て面白い?

映画のみならず、海外ドラマなどで、"スティーブン・スピルバーグ製作総指揮"みたいに書かれている作品って結構ありません?

あれは、名前を貸しているケースが多く、必ずしもスピルバーグがガッツリ関わっているとは限りません!

なので、スピルバーグがつくってるから面白いに違いないと考えて観ると想定を下回ってしまう可能性もあるので注意してくださいね!





◆スティーブン・スピルバーグ/ジョージルーカスのカッコイイ関係性!


スティーブン・スピルバーグ/ジョージルーカス <出典:http://ciatr.jp/topics/52126>

スティーブン・スピルバーグジョージルーカスは、ライバル的存在でもあるのかもしれませんが、非常にいい関係を築いているように思えます!

いい関係を結んでることがわかるエピソードをここで少し紹介します!

❒スターウォーズにE.T.が出演。

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』にサラっと出演してます!

仲悪かったらこんなシーン作らないでしょう!ルーカスも・・笑

スターウォーズ・E.T. <出典:http://ciatr.jp/topics/45213>

❒スティーブン・スピルバーグがスターウォーズを祝福!

『ジョーンズ』については、先ほど少し書きましたが、『ジョーンズ』当時映画興行収入の記録を持っていました。

それをルーカスが作った『スターウォーズ』に塗り替えられます!

その時に、スティーブン・スピルバーグジョージ・ルーカスに贈ったイラストがこちらです!

スティーブン・スピルバーグ/ジョージルーカス <出典:http://www.businessinsider.com/steven-spielberg-ad-when-star-wars-beat-jaws-at-box-office-2014-5>

しかし、その後、スティーブン・スピルバーグが作った『E.T.』『スターウォーズ』興行収入を更新するのですが、そうすると今度は、ルーカスの方からこんなイラストの贈り物が・・・

スティーブン・スピルバーグ/ジョージルーカス <出典:http://spotlight-media.jp/article/230013371546760679>

この2つのイラストを観ているだけで微笑ましいのは、僕だけでしょうか・・・?

僕だけでは、ないはずです・・・・ω・

いわゆる戦友といった感じですかね・・・カッコイイ関係ですね!

◆スティーブン・スピルバーグ/名言


最後にスティーブン・スピルバーグの名言を紹介して締めさせていただきます!

❒僕は、夜に夢を見るんじゃない。一日中夢を見ているんだ。生きる糧として、夢を見ている。

スティーブン・スピルバーグ <出典:http://www.cinemacafe.net/article/2012/06/25/13117.html>

❒大きなことを夢見よう!決して途中であきらめてはいけない。否定的な考えで自分をダメにしてはならない。

スティーブン・スピルバーグ <出典:http://wonderland02.web.fc2.com/movie/spielberg/spielberg.html>

❒今日だけを生きるのではなく、明日に期待しよう。あなたを成功へと駆り立てるような習慣を育てるのだ!

スティーブン・スピルバーグ <出典:http://qmamovie.blog.shinobi.jp/Entry/171/>

❒私たちはみな、毎年毎年違った人間になる。一生同じ人間であるとは思わない。

スティーブン・スピルバーグ <出典:http://makemyself.blog64.fc2.com/blog-entry-724.html>

スピルバーグは、素晴らし映画監督としてだけでなく、素晴らしい人としても有名ですね。

彼の考え方や伝えたいメッセージがこもった映画を観ることで、あなたの人生にも大きな影響を与えることでしょう!

ぜひ、スピルバーグの作品をチェックしてみてくださいね!


カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

映画の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!