4,319 views

堤真一の代表作は?映画、ドラマで活躍中の俳優・堤真一の出演作品を紹介!

硬派な新聞記者から昭和の頑固親父まで、多才な役をこなす俳優の堤真一さん。歳と共に渋みが加わり、さらに役者として魅力が増しています。2013年には一般女性と結婚。長女も誕生し、プライベートも充実している様子です。


今回は、ドラマから映画まで数多くの当たり役を演じてきた堤さんの出演作の中でも、映画にスポットを当て、堤さんの代表作についてご紹介します。

masterpiece-of-tsutsumi-shinichi


主演デビューの年・1996年

1984年にJAC養成所研修生の第1期生として入団。以降長い下積みを経て、1996年にテレビドラマ『ピュア』で初主演を飾りましたが、映画の方も同じ1996年に初主演を射止めています。

作品名は『弾丸ランナー』。『うさぎドロップ』『蟹工船』などの作品を手がけたSABUさんの監督デビュー作でもあります。

堤さんは、山根組のチンピラ・武田一男を演じました。組長が刺客に殺され、守れなかったことを悔やんで街をさまよっていたとき、麻薬取引の客であった相沢(演・ダイアモンド☆ユカイさん)と、相沢の勤めるコンビニで万引きをした安田(演・田口トモロヲさん)に出くわし、二人の追いかけっこに巻き込まれる役です。『弾丸ランナー』のタイトル通り、ひたすら追いかけたり追いかけられたりを繰り返す疾走感満載のストーリーに乗り、凄みを利かせたチンピラを好演しています。


弾丸ランナー <出典:pc.video.dmkt-sp.jp>



ブレイクの年・2005年

堤さんが一気にブレイクした年が2005年です。コンスタントに映画出演のある彼ですが、2005年には『ローレライ』、『フライ,ダディ,フライ』、『姑獲鳥の夏』、『ALWAYS 三丁目の夕日』という計4本の映画に出演。うち『フライ,ダディ,フライ』、『姑獲鳥の夏』の2本が主演、残りの2本も準主役級という活躍ぶりでした。

中でも『ALWAYS 三丁目の夕日』で演じた小さな自動車修理工場「鈴木オート」の店主・鈴木則文は、代表作ともいえる当たり役となりました。短気だが人情味に溢れ、誇りを持って仕事に打ち込む好人物を演じたことで、同年出演した『フライ,ダディ,フライ』と合わせ、「子持ちのおじさん」という役どころまで幅を広げた作品ともいえます。

『ALWAYS 三丁目の夕日』の鈴木則文役で第29回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞の他、国内映画賞の助演男優賞部門を多数獲得し、名実ともに日本を代表する俳優のイメージを印象づけました。

ALWAYS 三丁目の夕日 <出典:n.yam.com>




再びヒットの年となるか・2015年

実は、2015年も2005年と同じく映画出演の多い年になりそうです。4月現在ですでに、『神様はバリにいる』アニキ役で主演。自称“爽やか”な大富豪という謎めいた役で、相手役の尾野真千子さん演じる祥子に人生をやり直すきっかけを与えます。

サングラスにオールバックの凄みの利いた外見は主演デビュー作を彷彿とさせます。アニキは破天荒な行動で祥子を振り回しますが、異国のバリでさまざまな人に慕われる魅力的なキャラクターです。コメディアンとしての演技もこなす、堤さんの真骨頂といえます。

また、『駆込み女と駆出し男』堀切屋三郎衛門役(5月16日公開予定)、『海街diary』椎名和也役(6月13日公開予定)、『日本のいちばん長い日』迫水久常役(8月8日公開予定)の3本に出演が決定しています。2014年にはNHKの連続テレビ小説『マッサン』で個性的な酒造会社の社長・鴨居欣次郎を演じて朝の顔となるなど、波に乗っている時期と言えるでしょう。

マッサン <出典:antenna.jp>



おわりに

堤真一さんの映画の代表作についてご紹介しました。今回ご紹介した映画出演に加え、テレビドラマやCMなどさまざまなメディアに引っ張りだこな堤真一さん。

プライベートではジムの後に入るサウナで近所のおじさん、おばさんと雑談することが楽しいと語るなど、気さくな人柄も人気の理由かもしれません。堤さんの今後のさらなる活躍が注目されます。

カテゴリー
タグ 堤真一

この記事を見た人はこんな記事も見ています

映画の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!