何度も繰り返して観たい!夏にぴったりの日本の泣ける映画・5選!

日本映画には、四季のある国ならではの季節感を生かした描写が印象に残る作品が多数あります。

暑い夏の景色を切り取りながら、心の機微を描き出した、ひとりで家族でゆっくり鑑賞したい泣ける映画を5作品厳選して紹介します♪♪

夏に観たいジブリ作品「火垂るの墓」「となりのトトロ」


「火垂るの墓」は、野坂昭如の実体験に基づく第二次世界大戦の終戦期を描いた小説が原作になっています。

火垂るの墓 <出典:http://anime-tosidensetu.com/>

兵庫県を舞台にした作品で、両親を亡くした兄妹の姿を通して、戦争の恐ろしさを知り、平和を切望する気持ちが高まります。

懸命に生き抜こうとするも食糧不足で息絶えてしまうエンディングは、涙なくして観ることはできません!

「となりのトトロ」は、都会から田舎の一軒家に引っ越したサツキ、メイの姉妹を中心にストーリーが展開してゆきます。

となりのトトロ <出典:https://www.puzzlejump.com/shop/goodslist.cgi?in_kate=120150>

雨の降りしきる梅雨時期に二人がトトロに出会ってからの夏の物語が中心になっています。

小さなメイがとうもろこしを抱えて入院している母に届けようとするシーンなど、思わず感動の涙があふれるシーンの多い名作です♪♪




子供の頃を想い出して鑑賞したい「夏の庭」「女の子ものがたり」


「夏の庭」は、湯元香樹実の小説が原作の映画です。神戸を舞台に、3年の少年たちと近くに住む老人・喜八との交流を描く作品です。

夏の庭 <出典:http://eigamagazine.blog.jp/archives/4649011.html>

気難しい喜八役を三國連太郎が熱演しています。夏休みに喜八を観察し始めた少年たちは、やがて喜八の家の修理や庭の世話を手伝うようになり、すっかり喜八と親しくなります。

しかし、最後には喜八が亡くなってしまう悲しいエンディングに、涙が自然と流れてくる作品です。

「女の子ものがたり」は、西原理恵子の漫画が原作で、漫画家を目指すヒロインの少女時代が懐かしい日本の風景とともに描かれます。

女の子ものがたり <出典:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=332847>

ヒロインや友人のちょっぴりレトロ感ある半袖姿を、自分自身の少女期に重ね合わせて観るうちに、じんわりと涙がこみあげてきます。

生き方について考えさせられる深みのある秀作「眉山」


「眉山」は、さだまさしの小説が原作の映画で、眉山のある四国・徳島が舞台になっています。

眉山 <出典:http://nichinan.at.webry.info/200705/article_11.html>

末期ガンの母・龍子役を宮本信子、娘の咲子役を松嶋菜々子、医師・寺澤役を大沢たかおが演じています。

入院した龍子の看病のために、東京から故郷に戻った咲子は、母が癌で余命がわずかであることを知らされます。

死後は献体を希望するという龍子と真摯に向き合う、咲子の心の揺れが丁寧に描かれています。

咲子がそれまで会ったことのなかった実の父を連れて、四国の夏の風物詩である阿波踊りの会場を訪れるシーンは圧巻で、涙を誘われます。

夏を舞台にした日本の映画には感動的な作品が沢山あります


となりのトトロ <出典:https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD-DVD-%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E9%A7%BF/dp/B00K72Q1VI>

いかがでしたでしょうか?

日本の映画のなかでも、夏のシーンが印象に残る泣ける映画を5作品集めてみました。誰もが郷愁を覚える風景や虫の声など、日本の夏ならではの美しさに注目しながら、鑑賞してみて下さいね!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アニメ作品の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!