韓国の歌姫、IUのおすすめ人気楽曲を紹介♪

華やかな韓国のエンターテイメント界でも、その高い実力によって人気を集めているシンガーの一人がIUです。

IU <出典:http://matome.naver.jp/odai/2139534452083607101/2144877215663911203>

韓国ではもちろんのこと、最近では日本でも人気を集めるようになってきました。

ここではそんな彼女の魅力について迫ってみたいと思います。

◆IUってどんな人?

IU <出典:http://matome.naver.jp/odai/2139534452083607101>
2009年には初のアルバムをリリースしました。

また、得意のアコースティックギターの演奏などをステージで行うことによって、他の女性アイドルとは一線を画した音楽的才能で高い人気を集めるようになりました。

彼女のキャリアがスタートしたのは2008年のことでした。なんと中学3年生の時にシングル「迷子」をリリースしてデビューします。

韓国の若い女性シンガーの多くはアイドルグループに加入していましたので、ソロでデビューした彼女は異質の存在でした。それほど高い実力を当時から発揮していたのでしょう。

この頃から、さまざまなドラマなどのサウンドトラックにも参加するようになり、さらに知名度を挙げて行きました。

そんな彼女が大ブレイクしたのは2010年のことでした。2AMとのデュエット曲の「小言」が大ヒットします。

IU <出典:http://preciousxone.blog94.fc2.com/blog-entry-1375.html>

さらに、年末にリリースしたシングルは、なんと韓国のチャートで5週連続で1位を獲得し、トップスターの仲間入りを果たしました。

2012年以降は日本での活躍も目立つようになり、今や韓国のみでなくアジアの歌姫としてさまざまなステージで活躍をし続けています。

彼女は日本のアーティストのファンであることも有名です。

特に、宇多田ヒカル、椎名林檎といった女性シンガーや、安全地帯の玉置浩二を尊敬していると語っています。

また、日本の音楽だけでなく、ドラマやアニメなども大好きで、スタジオジブリの映画などのファンであることを語っています。


音楽的な素養が高いだけでなく、そのルックスも世界的に評価されており、アメリカの有名映画サイトが毎年発表している「最も美しい顔100人」にも2012年から3年連続でランクインを果たしています。

◆彼女の魅力を語る上で外せない楽曲たち~オススメ人気曲ランキング


まず、最初にチェックしておきたいのは彼女のブレイクのきっかけにもなった「Good day」でしょう。


この楽曲の大ヒットによって、彼女はその地位を確かなものとしました。

今でも彼女の代表曲として、この曲を挙げるファンも少なくありません。日本でもとても高い人気を集めている曲の一つです。


また、2011年のドラマ「ドリームハイ」の挿入歌である「Someday」も人気曲の一つとなっています。


彼女の非常にハイレベルな歌唱曲が活かされた曲となっており、この楽曲がきっかけで日本をはじめとするアジア各国でのデビューが決まったとも言われているほどです。

この曲も、彼女の魅力をチェックする上では絶対に外すことはできません。



また、デビューシングルとなった「迷子」も彼女の代表曲の一つとなっており、今でもコンサートなどで愛され続けています。

音源では、中学生とは思えないほどの圧倒的な歌唱力を確認することができます。

成長した現在の彼女もとても魅力的ではありますが、デビュー当時の初々しい歌声もとても素晴らしいものです。


彼女のファンであるのなら、このファーストシングルの「迷子」と同時にリリースされたミニアルバムの「Lost and found」もチェックしておくべきでしょう。



また、ブレイクの足掛かりとなった2AMスロンとのデュエット曲「小言」も名曲として知られていますし、カラオケの人気曲にもなっていますので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。



IU <出典:http://www.comtrya.com/2012/iu-one-new-years-gift-from-iu-special-japanese-dvd-updated-promo-video-revealed/>
今や韓国だけでなく、アジアを代表するアーティストにまで成長したIUについてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?

あなたの知らない一面を見つけることはできましたか?
これからも彼女の活躍を見守り続けたいですね!

タグ IU
コメントを投稿する

2 件のコメント

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!