G-DRAGONとT.O.PのユニットGD&TOPの活動中のエピソードが面白い!

2015年8月、韓国のトップアイドルでアジアのモンスターグル-プとも言われているBIGBANGのリ-ダ-のG-DRAGONとT.O.PがGD&TOPとして約5年ぶりに新曲「チョルオ(ZUTTER)」を発表しその活動が話題になっています。

 

そもそもG-DRAGONとT.O.Pってどんな人?

G-DRAGONはBIGBANGのリ-ダ-でラップとボ-カルを担当してます。
しかし彼のグル-プ内での一番大きな役割と言えば作詞作曲を自ら手がけBIGBANGのプロデューサ-として曲作りからライブの演出までを手掛けるなどグル-プの司令塔としての役割も担っていますので、彼の存在はとても大きいです。
G-DRAGON
<出典:topicks.jp>

T.O.Pは低音で重厚感のあるラップが魅力ですが、自身もBIGBANGの曲ではラップの詞を手掛けています。
また俳優としても活動をしており綿密に考えられた役作りをするなど演じる役に入り込んだ演技は観る人を惹きつけています。
T.O.P
<出典:laughy.jp>

 


GD&TOPの5年前の活動エピソ-ドは?


BIGBANGの中でも人気のあるG-DRAGONとT.O.Pが、派生ユニットGD&TOPとして活動を開始したのが2010年11月。
その後12月に韓国で初のアルバム「GD&TOP」をリリ-スし「HighHigh」「OhYear」などのシングルを韓国の音楽チャ-トのトップにランクインさせました。
GD&TOP
<出典:www.fanpop.com>

日本でも2011年2月に「THEFIRSTALBUMJAPANEDITION」として発売し人気を得ています。
この2人の面白さは声質が全くの正反対なのにいざ歌に乗せると聴く人の耳に残り、何度も聞くうちに頭から離れなくなってしまう所です。ダンスは激しくはありませんがコミカルでそれでいてカッコよく見ている人も自然に体が動いてしまうような振り付けなのでより身体に馴染んでしまう、中毒性のある歌を聞かせてくれる2人です。

 

5年ぶりのGD&TOPの新曲ってどんな曲?

2015年8月にBIGBANGのアルバム「MEDE」シリ-ズ「E」の中でGD&TOPとしてリリ-スされたのが「チョルオ(ZUTTER)」で、作詞作曲にG-DRAGONとT.O.Pも参加した正統派のヒップホップ曲です。

<出典:www.youtube.com>

G-DRAGONのハイト-ンボイスからの耳を打つラップと、T.O.Pの低音の中で攻めてくるカリスマ性を感じるラップが合わさって、スタイリッシュな中にもビ-ト感が溢れ、聴く人が曲から伝わるエネルギ-を直に感じる事が出来る様に仕上がっています。

またMVもスピ-ド感を感じる中にも強いメッセージ性もあり2人の個性やカッコよさを感じる事が出来るスト-リ-になっています。
この曲で韓国の音楽番組にも出演をし、正統派のヒップホップを披露しながらもコミカルな振り付けを踊るT.O.Pスタリリッシュに動くG-DRAGONが2人の個性をそのまま表していて見ていて面白く、またその音楽番組で一位を獲得するなど不動の人気を確かめる形となりました。

 

GD&TOPのこれからの活動は?

GD&TOP
<出典:raidernationtokyo.blog.jp>

5年ぶりにGD&TOPとして活動をした2人ですが韓国での音楽番組に出演をするなどを行い、それからの活動としてはこの曲を大切にしながらもBIGBANGの一員としてアルバムリリ-スが決まっています。

これからのG-DRAGON、T.O.Pとしての活躍にも期待されています。

タグ BIGBANG
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!