SEVENTEENの恐竜マンネ!ディノのプロフィール

SEVENTEENのマンネ・ディノのプロフィールは?

SEVENTEENは、2015年5月に韓国でデビューした、総勢13名のダンス・ボーカルグループです。

SEVENTEEN <出典:http://matome.naver.jp/odai/2143648765563978201>

デビュー当時は全員が10代という若々しいグループであり、ボーカル・パフォーマンス・ヒップホップという3ユニットから構成されています。

2016年3月には動画投稿サイトでミュージックビデオの再生数が1,000万回を突破するなど、注目度が高まっています。

1999年生まれで最年少(マンネ)メンバーのディノは、ダンスが中心のパフォーマンスユニットに所属しています。

SEVENTEEN ディノ <出典:http://kpopdrama.info/kpopstar_seventeen.html>

普段から練習に余念がないのはもちろんですが、彼のプロフィールを見ると、生まれながらのダンサーであったことがわかります。

ダンスと共に育ったSEVENTEEN・ディノのプロフィール

ディノは1999年に生まれ、韓国南東部の益山(イクサン)市で育ちました。

家では長男のため、弟たちに兄らしさを示さなければなりませんでしたが、SEVENTEENではマンネとなったため、年上のメンバーたちは弟のように接しています。

SEVENTEEN・ディノ <出典:http://koreanewsletter.com/kpop/4256/>

ディノの両親はダンサーで、父親がダンス教室を経営していたというプロフィールがあります。

彼自身も小学生の頃からダンスを習っており、子供の頃から韓国のテレビ番組に数多く出演しました。

地元のダンス大会で大賞を獲得した経験もあり、まさにSEVENTEENのダンサーとなるべくして生まれたと言えます。

SEVENTEEN・ディノの恐竜という名に込められた思い

韓国語のプロフィールによると、ディノがSEVENTEENとしてデビューすることが決まった時に「恐竜」という意味の芸名を付けたのは、ダンサーである彼の父親です。

「体は小さいが、尊敬するマイケル・ジャクソンのように、ビッグな存在になってほしい」という思いが込められています。

その思いの通り、ディノはデビュー直後から振り付けを完璧にこなすなど、完成度の高いダンスを披露しています。

SEVENTEEN・ディノ <出典:http://alibaba-no-blog.doorblog.jp/archives/52594895.html>

2015年10月に韓国で放送された音楽特集番組では、高いファッションセンスも相まって、新人とは思えないほどの存在感を示しました。

もちろん、能力の高さはレッスンの成果でもあり、大きな恐竜として成長している最中です。

恐竜マンネ・SEVENTEENのディノに期待しよう!

ダンスに囲まれて成長したプロフィールを持つSEVENTEENのマンネ・ディノは、恐竜という名前に恥じないビッグな存在となるべく、日々のレッスンを積み重ねています。

SEVENTEENの12人のお兄さんたちと共に、ディノのこれからに期待しましょう。

タグ SEVEN TEEN
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!