MONSTA X(モンエク)ミニョクは乙女系男子?プロフィールをご紹介

STARSHIPから誕生した大物怪物グループ”MONSTA X(モンスタエックス/通称:モンエク)”。

MONSTA X モンエク <出典:http://0.soompi.io/wp-content/uploads/2016/01/22141014/monsta-x-interview-article.jpg>

K-POPシーンをリードするモンスターだという意味と、私のスター(フランス語で「MON」が「私の」という意味)の2つの意味に、「X」で未知の存在を表した7人組グループです。

今回は、そんなモンエクのビジュアル担当”ミニョク”のプロフィールを余すとこなく紹介しちゃいます♪

MONSTA X(モンエク)のビジュアル担当!その名も「ミニョク」


ミニョク(ミンヒョク/Minhyuk/민혁)の本名は、イ・ミンヒョク(이민혁)。1993年11月3日生まれで、O型が多いグループ内では唯一のA型。身長体重は179cmの64kg。

ミニョク <出典:https://40.media.tumblr.com/a83434f3241cda769227e452468aef5e/tumblr_nr8stht05k1uy9ruao2_500.png>

ハスキーボイスが魅力的なメインボーカルとビジュアル担当です。MONSTA Xの前身であるサバイバル番組「No Mercy」でライバルたちと熾烈な闘いを繰り広げる前までは、色々な事務所を転々としてなかなか芽が出ず苦労していたそう。。。

一緒に頑張ってきた仲間たちが次々と夢を諦める姿、または自分より先にデビューしていく姿を目の前に色々とつらい思いをしてきたんです。

サバイバル番組「No Mercy」には、残念ながら落選してしまったメンバー、グァンジと現メンバーであるヒョンウォンと共に参加したそうですが、これまでのつらい経験から一人のメンバーに特別入れ込むことはしなかったみたいです。というのも、やっぱり練習生である以上は自分のライバルだから、下手に情をかけれないとのこと。

「No Mercy」は12名ほどのメンバーが残っていましたが、ミニョクは最後まで底辺付近(10位以降)を彷徨っており、これはまた選ばれないのでは・・・と思っていた最中で掴み取ったやっとのデビューでした。

ミニョクはMONSTA X(モンエク)唯一の乙女系!?


STARSHIPに所属する事務所の中でもゴリゴリのHIPHOPを得意とし、男らしくかっこいいコンセプトで人気を博しているMONSTA Xですが、ミニョクは意外にも乙女系な一面が・・・。


①ビジュアルラインに属しているミニョクはとにかくセルカ大好き!(自分大好き!自分磨き趣味!)

ペンカフェやSNSにも頻繁に現れ、セルカを大量にばらまいて消えていきます。

おしゃれも大好きで、特にハットを好んでいるので、セルカにも度々帽子を被ったミニョクがお目見え。自分がかっこいいことを十分に理解している様子です(その通り)

セルカには場所も重要だそうで、ミニョクのお気に入りはなんとトイレ!一面が白くレフ板のような効果があるので、肌色が白く綺麗に写り盛れるんだそうです。香水も好きで、異常に女子力が高い・・・(完敗)

ミニョク <出典:http://images.japanese.kpopstarz.com/data/images/full/151979/monsta-x-bigbang.jpg?w=600>


②スキンシップ大好き

誰かに触っていないと寂しくて駄目なタイプ。

人の匂いを嗅いだり、膝や肩を触ったり、抱きついたり・・・過剰なスキンシップにはメンバーももう慣れたようですが、No.Mercy時代にはソグォン(落選メンバー)とわざわざ狭いシャワールームに一緒に入り体を洗い合ったりと、男同士なのに!?!?え!?!?!と思わせるような行動も。

メンバーとの会話中も、ニコニコキャッキャしており「(笑い方とか)女子高生かよ!」と突っ込みたくなるシーンがたくさんあるのですが、結局はやっとデビューでき一緒に頑張っていける仲間ができたことがとっても嬉しくてたまらないだけなのです(笑)可愛いですね!

ビジュアル的にも存在的にも目立ちますし、頭の回転が早くセンスもあり話すのも大好きなので、今後はバラエティーでの活躍も期待です!



③動物が大好き!

ミニョクは白い子犬を飼っていて、ものすごく溺愛しています。他人の犬と張り合うこともあり、親バカ具合が可愛い限りです。

親バカといえば、No.Mercyでミニョクが家族と食事をしていたシーンで「ママ~ママ~」という感じだったので(いわゆるマザコン)、親バカなのは本当に親譲りなんでしょう。

そんなミニョクもグループ内唯一のA型なので、MONSTA Xのお母さん的存在になってくれるといいですが・・・やっぱり甘えん坊の三男なのでした。

ミニョク <出典:http://cdn1.diodeo.com/cdn/webzine/2015/10/02/20151002143833_zypgluwj.jpg>

④とにかく涙もろい。。。

「무단침입(無断侵入) 」でやっとデビューが決まったミニョク。

デビューサバイバルでは最後のメンバーを選ぶ3人に残り、デビューが危ぶまれながらも無事に7位で通過となりましたが、「デビュー出来なかったメンバーに申し訳なかった」と、自分がベストの力を出せなかったこと、そしてデビュー出来なかった仲間たちへの申し訳なさに涙を流す場面もあり、仲間思いの一面を見せていました。

他にも母親とデビューに向けての思いを語り合う場面でも号泣し、メンバーが脱落しても号泣し、ダメ出しを食らっても号泣し・・・とても感受性が敏感な子なのだと思います。

これからは、悔し涙や悲しい涙ではなく、喜びの涙をたくさん流して欲しいですね!



MONSTA X(モンエク)ミニョクは◯◯◯を欠かさない!?

自身の評価や批評が気になるというミニョクは、毎日ネットで自分の名前を検索しているそう(笑)

SNSやペンカフェの書き込みなど、それはそれはくまなくチェックしているようで、良い評価を見つけてはニヤニヤし、悪い評価には傷つき・・・それでもエゴサーチを辞められない性分なんだそうです。

ミニョク <出典:http://www.getitk.com/wp-content/uploads/2015/06/2.jpg>

No.Mercy時代よりエゴサーチをすることは少なくなりましたが、デビュー後の今でも検索欄に「MONSTA X ミニョク」と打ち込んでいるとか。

そこまで検索魔ということで、ついたニックネームは“サーチ王”(笑)なんでも調べる現代っ子な一面があるミニョク、これはもう習慣になっていますねw

さて、ミニョクが毎日見ているとのことですので、みなさんもミニョクについてたくさん書き込んでみてはいかがでしょうか?


デビュー以降は一気に人気が爆発し、忙しい毎日を送っているMONSTA X。熾烈なデビュー争いから開放された後も、過酷な生き残り争いは続きます。

そんな中でモンスターのように逞しく、ファンにとってのスターで在り続ける彼らの夢の途中を一緒に応援していきましょう!

タグ MONSTA X
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!