モデルスタイルのK-POPアイドルEXCITE、本格的に活動再開!

2012年にデビュー後は日本での活動を模索

EXCITEは、2012年に結成されました。当時はTAE.G(テグ)をリーダーにシヒョク、スンウク、ミヌ、ビートの5人。
グループ名は事務所が投票で決めましたが、インパクトが出せるようにとの思いが込められています。
EXCITE
<出典:korepo.com>

2012年にシングル「Try Again」を出し、翌年にはシングル「Come Back To me」を出しました。

2014年から本格的に日本での活動を模索するようになるのですが、このときにリーダーのTAE.Gが脱退してしまいました。彼の脱退の理由を事務所は公表していません。

そしてこの年、東京ヤクルトホールで行われた「E-MUSIC=A-DANCE」に出演し、日本で初めてパフォーマンスを披露しました。ただ、これ以外には目立った活動はなく、2015年にタワーレコードの「K-POP LOVERS! SHOWCASE Vol.2」で久々のミニライブを行ないました。ほぼ同時期にミニアルバム「BLUEMOON」を発売し、秋以降は日韓両方で活動することを表明しました。

 


現在のリーダーはシヒョクと気難しい雰囲気のミヌ


リーダーのシヒョクは1991年生まれ。
excite シヒョク
<出典:www.online-instagram.com>

身長187センチと、メンバー1の長身。本名はチョ・ヨンソク。リーダーなので、末っ子のビートにはやさしく、面倒見がいい面があるものの、かなり天然だとか。スタイル維持のために健康食品を口にしているそうです。

ラップとボーカルを担当するミヌは、1993年生まれ。本名はカン・ミンジョン。
excite ミヌ
<出典:korepo.com>

他のメンバーには目つきが鋭いように見えるらしく、気難しくて近づきがたい雰囲気だったそうです。しかし、グループの中ではギャグ担当というから、見た目とのギャップは大きいようですね。

 

ホラー小説好きのスンウクと末っ子のビート

ボーカル担当のスンウクは1991年生まれ。
excite スンウク
<出典:ns.wowkorea.jp>

本名はキム・スンウク。グループのムードメーカー的役割を担っています。「デビュー後一番うれしかったことは?」との質問に「両親に自分がテレビで歌っているところを見せられたこと」と韓国人らしい親孝行な面を見せています。

ラップとダンス担当の末っ子、ビートは1995年生まれ。
SEO的な画像名
<出典:korepo.com>

本名はホ・ナムホ。後から加入してきたこともあって、メンバーの中に入っていくのがなかなかできなかったと明かしています。BIGBANGのV.Iが運営するスンリアカデミー出身です。

 

秋以降の日韓での活動に期待

抜群のスタイルを誇り、鳴り物入りでデビューしたEXCITEですが、昨年までは活動もややおとなしい感じでした。

しかし、今夏ミニアルバムを日本でも発売し、本格的な活動再開を表明しました。今後の日韓を股にかけた活動に注目です。

タグ EXCITE
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!