クナクン(KNK)のリーダー、ジフンのプロフィールを紹介!!

2016年3月にデビューを果たしたボーイズグループ・クナクン(KNK)のジフンは、5人中2番目という若さながらリーダーを務めています。

国民的アイドルを目指すという意気込みを語ったジフンですが、プロフィールからは少年のようなあどけなさが感じられました!

夢は国民的アイドル!クナクン(KNK)ジフンのプロフィール


ジフン <出典:https://www.koari.net/news/detail.php?id=8931>

ジフンは1995年生まれという若さながら、2016年3月にデビューしたボーイズグループ・クナクン(KNK)のリーダーを務めています。

彼は5人のメンバーの中で2番目に若いのですが、年上のメンバーにも歌とダンスのアドバイスをするなど、早くも指導力を発揮しました。

クナクン(KNK)の韓国版デビューアルバムにはメンバーへの「50の質問」が掲載されましたが、ジフンは「メンバーはみんな同等」で、「10年後は国民的グループになる」と語っています。ここにもリーダーらしさが表れていますね!

意外と甘えん坊?ジフンの意外な一面とは


ジフン <出典:http://ameblo.jp/97909790/entry-12149780891.html>

リーダーとはいえ、ジフンはまだまだ少年らしさが残る若者です。

実際に、年長のクナクン(KNK)メンバーたちに可愛がられる様子も目撃されています。

正式デビュー前の2015年末には、テレビ局のイベントでグループを紹介する映像が放映されました。

その中でジフンは、なんと2歳年上のスンジュンの隣に寝転び、小動物の鳴き真似をして甘えたのです!

さらには「お母さんみたいで安心する」という理由でメンバーに背中をかいてもらったり、「ユジンの甘い声が好き」と語ったりと、ジフンの甘えん坊らしさはとどまるところを知りません。





挫折を克服!クナクン(KNK)デビューに秘めたジフンの想い


ジフン <出典:http://ameblo.jp/knkynb/entry-12164104994.html>

ジフンは8歳から15歳まで、選手になるためにテコンドーの道場に通っていました。

テコンドーをやめ、母親の反対を押し切って歌手を目指しましたが、デビューまでの道のりは平坦ではなかったのです。

高校時代に音楽事務所に所属したものの、同期の練習生たちと違い、なかなかデビューできません。

諦めかけたときにスタッフの助言で事務所を移籍し、同じく移籍してきたクナクン(KNK)のメンバーたちと出会いました。

夢を抱き続けて挫折を乗り越えたジフンだからこそ、デビューした時の喜びは大きなものです。

「誰もが好きになってくれる音楽を作りたい」「背が高くて、ダンスもうまいと知ってもらいたい」と述べるなど、今後の活動にも意気込んでいます。

ファンが叶えるクナクン(KNK)リーダー・ジフンの夢


ジフン <出典:http://matome.naver.jp/odai/2146537551906851501>

リーダーとしての力と甘えん坊らしさを併せ持つジフンは、数々の困難を乗り越えてデビューを果たしました。

クナクン(KNK)を国民的アイドルにするという彼の夢を叶えるためにも、目を離さずに応援していきたいですね!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!