K-POPアイドルの厳しい練習生期間の実態とは?デビュー時から高い完成度を誇るその裏に隠された努力に迫る!

日本のアイドルは短いレッスンでステージに出し、ステージをこなすうちに完成度を高めていく方法を採りますが、K-Popアイドルはデビュー前に厳しい練習生の期間を過ごすことで知られています。
韓国の芸能事務所のデビュー前の厳しい練習期間はどのくらいなんでしょうか。

すべては安室奈美恵から始まった

今から十数年前、韓国のアイドルたちもそれほど厳しい練習をさせられたわけではありませんでした。
当時はダンス系のアイドルたちは、テレビ収録はもちろん、ライブでさえいわゆる口パクでした。

安室奈美恵・韓国 <出典:twitter.com>

このころ、ネットの普及により違法ダウンロードが横行し、CDの売り上げが激減、エンタメマーケットが日本の4分の1程度しかない国内だけの売り上げでは死活問題となったのです。
そこで、アイドルの海外進出、とくに日本への進出が模索され始めました。

そんな2004年に安室奈美恵が韓国でライブを行いました。
このライブは韓国の音楽関係者に衝撃を与えるものとなりました。

激しく踊りながら歌い、まったく息が乱れない彼女に、自分たちが育てたアイドルとの間に絶望的な差があることを痛感させられたのです。
これではとても海外では通用しないと、この年にデビューを予定していたアイドルたちの多くは半年以上デビューが延期させられ鍛え直したといいます。

デビュー前の練習生たちに厳しいトレーニングを課すようになったのはこの頃からなのです。


インキュベイティングシステムは韓国独自の育成システム

韓国のアイドル育成システムは、インキュベイティングシステムといわれ、抱卵、孵化を意味します。
つまり、親鳥である事務所が卵であるタレントを大切に育て卵からかえらせることを表しています。

kpopレッスン <出典:matome.naver.jp>

タレントの卵たちは10代にスカウトなどで入社すると、学校にも行かずほとんど合宿所にカンヅメ状態で歌やダンス、演技のレッスンに励みます。
携帯電話やスマートフォンも使用禁止、当然恋愛も禁止です。

厳しいカロリー計算で食事も制限され、デビューする前にすでに完成度の高いタレントにしてしまうのです。
10代の若者にここまで厳しくするのは日本では競馬の騎手を養成する学校くらいではないでしょうか。

kpop <出典:www.daebakkpop.com>

このシステムで大成功をおさめたのが、東方神起や少女時代、スーパージュニアらを擁する大手事務所、SMエンターテインメントです。




デビューまでどれくらいの期間をレッスンに費やすのか

K-Popアイドルで練習生の期間が最も長かったのは、BIGBANGのG-Dragonです。彼はSMエンターテインメント時代に5年、YGエンターテインメントに移籍して6年、計11年を練習生として過ごしました。

kpop練習生 <出典:cellophiia.blogspot.jp>

少女時代は3~6年。
脱退したジェシカは7年6カ月。ヒョヨン、ユリ、ユナ、ソヒョンらはだいたい6年、テヨンやティファニーは3年です。

スーパージュニアもデビューまで約数年間レッスン漬けの日々でした。

東方神起は割と短くて3年程度。

KARAに至っては、ギュリが10カ月、ハラが3か月、脱退して日本で活動しているジヨン(知英)なんかは2週間と、日本のアイドルよりも短いレッスン期間でした。

KARA <出典:myreco.me>

どのタレントもすべて長期間にわたって厳しく鍛えられたわけではないようで、それぞれの事務所とタレントの才能によって違うようですね。
ただ、最大手のSMエンターテインメントは長いようです。



変わりつつある育成システム


kpop育成 <出典:djongup.blogspot.jp>

韓国のタレント育成システムには賛否がいろいろあるでしょうが、長く第一線で活躍している少女時代や東方神起らを見ると、やはり鍛えられたエンターテイナーは違うなと感心させられます。
しかし、最近は数年間にわたって鍛えるというケースは少ないようで、だいたい3年くらいでデビューさせることが多くなりました。

タグ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!