ジャッキー・チェンの秘蔵っ子、JJCCがいよいよ本格デビュー!

ジャッキー・チェンが韓国で運営する企画会社が結成させたアイドル

JJCCは、ジャッキー・チェンが韓国で運営している企画会社ザ・ジャッキー・チェン・グループ・コリアがデビューさせるアイドルグループです。
グループ名は「Jackie Chan Joint Culture」の4つのイニシャルを並べ替えたものです。
JJCC
<出典:okmusic.jp>

彼らはジャッキー・チェンの「最高の前に最善を尽くしなさい。努力は決して裏切らないから」という言葉を胸に龍山区の合宿所で暮らし、朝6時から夜11時まで、ダンスとボーカルのレッスンに励みました。そして2014年にシムバ、イコ、サンチョン、エディ、プリンスマックの5人でデビュー。このとき「Bing Bing Bing」というミニアルバムを発表しています。

2015年にユルとジカの2人が追加され、ミニアルバム「Nightmare」を発表し、本格的な活動に入り来春の日本進出も宣言しました。

 


オーディション合格者、元モデル、米国出身とさまざまな出自

ボーカルとラップ担当のリーダー、シンバは1991年生まれ。
シンバ JJCC
<出典:www.gurupop.com>

抜群のビジュアルに鍛え上げたボディ、しかし笑顔は癒し系というギャップが魅力。2011年に事務所のオーディションに合格しメンバー入りしました。

ラップ担当のイコは1987年生まれのグループ最年長。
イコ JJCC
<出典:blogs.yahoo.co.jp>

元々はフリーでモデルをしており、2010年にある男性グループの一員としてデビューしたことがありますが、まったく売れず、江南のカフェでバイトをしていたとか。そこで、事務所の代表であるイ・ミソン氏にスカウトされました。

ボーカル担当のエディは1989年にアメリカのロサンゼルスで生まれ2004年に韓国に移住しました。
エディ JJCC
<出典:www.pinterest.com>

3オクターヴの声量を持ち、歌唱力に定評があります。デビュー当初はロン毛で妖艶な雰囲気を醸し出していましたが、現在はショートになり、さわやか系に変身。すでに兵役も終了しており、スタントマンの教育課程もマスターしているなど、運動神経も抜群です。

 

海外と韓国のオーディション合格組と新メンバー2人

伸びやかなボーカルが魅力のプリンスマックは1990年生まれの中国系オーストラリア人。
プリンスマック jjcc
<出典:www.pinterest.com>

オーストラリアで開催されたJYPエンタテインメントとSMエンタテインメントが合同で開催したオーディションに合格したものの、両親が猛反対。いったんは諦めましたがやはりその熱意は冷めず、結局韓国にやってきました。
そのため、韓国語は未だに苦手。短編アニメ「ポロロ」を見て勉強中だとか。

一重でくりっとした瞳が印象的なサンチョンは、1992年生まれ。
2011年に事務所のオーディションに合格しました。後ろで黙っていることが多いのですが、しゃべりだすと天然ぶりがでてしまうかわいい一面も。
サンチョン jjcc
<出典:blogs.yahoo.co.jp>

そして、新メンバーのユルはボーカル担当で1992年生まれ。
ユル jjcc
<出典:www.allkpop.com>

ちょっとゴツいお兄さんという感じ。

もう一人の新メンバー、ジカはビートルズのようなマッシュルームカットで広瀬すず風のぱっつん前髪のあどけない少年。
ジカ jjcc
<出典:twitter.com>

しかし、ステージングは幼い顔に似合わずとても安定しています。

 

外国生まれのメンバーがいることもあって、ひとりひとりが実に個性豊かな7人です。

 

これから全速力で走り出す7人に注目!

2014年にデビューしたものの、その後たて続けにヒットを連発するというのではなく、その歩みはじつにゆっくりしたものでした。

しかし、今夏2枚目のミニアルバムを出し、日本進出も正式に発表した彼ら。いよいよ、フルスロットルで走り出す時が来たようです。

タグ JJCC
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!