日本を拠点に活動するApeaceに会いたい!!

21人でデビューし、現在は15人で活動中

Apeaceは、BoAや東方神起を育成したMSエンターテイメントの元社長、キム・ギョンウク氏が日本で売り出すために結成したグループです。
Apeace
<出典:apeace.jp>

当初はDouble B 21というグループ名でしたが、その後Apeaceに改められました。韓国で1日10時間のレッスンを行ない、2010年にシングル「ONE」を出しましたが、すぐに拠点を日本に移しました。現在は15人体制で活動をしています。

15人のうち、ずっとセンターを務めていたミン・ジンホンは、膝と腰椎を悪くし、ダンスができない状態となったため、活動を中止。現在はステージングアドバイザーとなっています。

モデル出身でメインボーカルの一人だったチ・ヒョンソンとラップ担当のキム・ジヌの2名は現在徴兵期間のためApeaceから抜けています。

 


癒し系から不良っぽい子までさまざま

Apeaceの現在のリーダーは、チョ・ヨンウォン(1988年生)。ハイトーンボイスが自慢です。
ヨンウォン
<出典:page16.auctions.yahoo.co.jp>

キム・ウォンシク(1989年生)は、ジャニーズ系で日本人受けのいいルックス。そんな彼は日本でバレエを習っています。
ウォンシク
<出典:p.twipple.jp>

ハ・ゴンヒ(1991年生)は、一時期活動を自粛していましたが現在は他のメンバー同様に活動をしています。
ゴンヒ
<出典:www.viki.com>

ソン・スンヒョク(1991年生)は、不良っぽい雰囲気を持っていますが、 別名「Apeaceのおしゃれ番長」。メンバーで一番ダンスがうまいと評判です。
スンヒョク
<出典:blogs.yahoo.co.jp>

低音ボイスが魅力のホン・ソンホ(1991年生)は、日本で上演された韓国ミュージカル「Run To You ~Street Life~」に出演していました。
ソンホ
<出典:blogs.yahoo.co.jp>

キム・ワンチョル(1992年生)はXINGの5期生というキャリアを持っています。癒し系で歌唱力はメンバー中1番との評価もあります。
ワンチョル
<出典:finn-asp.jp>

 

「ハングル講座」出演者からアーティスト志向の強い子まで

ユン・ジュンシク(1993年生)は、かわいい系のルックスと高音ボイスが特徴です。
ジュンシク
<出典:peaceofasia.wordpress.com>

オ・セヒョン(1994年)は、落ち着いた雰囲気を持っています。アーティスト志向が強く、すでに日本語の曲も書けるようになりました。ソロライブで弾き語りを披露したことも。
セヒョン
<出典:twitter.com

ファン・ドゥファン(1994年生)は、NHKの「ハングル講座」に出演していたので、見たことあるという方も多いのではないでしょうか。
ドゥファン
<出典:www.viki.com>

チョン・ヨンウク(1995年生)もミュージカル「Run To You」に出演していました。夜食を食べてミュージカルの練習をしていたら一人だけ顔がむくんでしまったという笑えるエピソードを持っています。
ヨンウク
<出典:twitter.com>

チェ・シヒョク(1997年生)も「ハングル講座」に出演経験があり、「いぇっぴぃの韓国縦断レポート」というコーナーに出演していました。
シヒョク
<出典:peaceofasia.wordpress.com>

J.D.(1997年生)もアーティスト志向が強いメンバーで、ピアノ演奏が得意です。
J.D.
<出典:finn-asp.jp>

 

現在は都内のライブ会場と単独で様々なイベントに出演中!

「会いに行けるK-POPアイドル」というコンセプトで活動中のApeaceですが、拠点にしていた恵比寿のK Theater Tokyoは撤退し、現在は都内のライブ会場で定期公演を行い、単独ソロライブも行っています。

さまざまなイベントにも顔を出しているので、思わぬ場所で出会えるかもしれませんよ

タグ Apeace
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!