同じアジアでも全然違う!?YGの新人グループ・WINNERの日本での人気メンバーは誰?

韓国の大事務所のYGエンターテインメントの新人男性アイドルグループ、WINNERのメンバーの人気順を日本と韓国とで比較してみました。

同じアジア内でもその国の好みによって人気順は大幅に変わってきます。


WINNER <出典:ameblo.jp>




そもそもWINNERって、、?

WINNERというグループは、韓国の男性5人組アイドルグループです。

彼らは、日本でも人気のあるアイドルグループBIGBANGの後輩として、YGエンターテインメントで厳しい練習を続け2014年に念願のデビューを果たしました。WINNERというグループ名の由来は、YGが練習生を2チームに分け、デビューをかけてバトルをさせ、そのバトルを勝利した方、WINNERとつけてデビューさせようとしたからでした。

デビューをかけたバトルは韓国のテレビ番組として放送し、視聴者に人にも採点をしてもらうという新しいデビューのさせ方でした。

WINNER <出典:www.pinterest.com>


日本で人気なメンバーは・・・


ではまず、日本での人気順をざっと並べてみましょう。

まず、一番人気なのは、ナム・テヒョンというメンバーです。今、ブームとなっている塩顔の典型的な例です。ハの字の眉をした甘いルックスは年上女性からも人気です。

ナム・テヒョン <出典:ygboys-scenarios.tumblr.com>

次に人気なメンバーは、ソン・ミノというメンバーです。彼はBIGBANGのG-DRAGONとSOLのいいとこばかりを取ったような顔立ちをしています。彼はラップ担当なので彼の低くて落ち着いた声は聴いているとどんどん虜になります。

ソン・ミノ <出典:twitter.com>

その次が、キム・ジヌ彼はピースの綾部さんによく似た顔で、最年長なのにそう思わせないようなかわいらしさが人気となっています。後は、カン・スンユン、カン・スンフンと続きます。


キム・ジヌ <出典:onehallyu.com>

韓国ではどうなの?

やはり、韓国でも一番人気なのはナム・テヒョンです。彼の甘いルックスは日韓共通なようです。

しかし!彼と同じくらい人気なのが、カン・スンユンです。ザ・韓国人というような顔立ちなので日本ではそれほど人気はないのですが、韓国では彼の歌声を含みとても人気があるようです。その次はソン・ミノ、キム・ジヌ、カン・スンフンと続きます。

カン・スンユン <出典:twitter.com>

キム・ジヌは、比較的顔が濃いので日本ほどの人気ではないようです。

カン・スンフンは、絶大的な人気があるというわけではないのですが、愛嬌があるし面白いということで好きな人は好き、といった感じです。


一番人気なのは日韓どちらもナム・テヒョンでしたが、その後はそれぞれの国の好みによって少しずつ人気の順番が変わっていました。

それぞれの国の好みがよくわかる面白い比較になりましたね!そんな彼らの活動にこれからも注目していきましょう。

タグ WINNER

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!