花様年華は終わらない!?BTS(防弾少年団)「WINGS」考察と深まる謎①

青春の美しさや危うさを描いた防弾少年団「花様年華」シリーズ。

I NEED Uから始まり、約1年4ヶ月をかけて壮大なストーリーを展開した「花様年華」シリーズですが、2016年5月にリリースされたスペシャル・アルバム『花様年華Young Forever』にてついに完結…!

と思いきや、2016年9月、防弾少年団は新たなカムバック予告として「WINGS」の発売を発表しました。

そこには、花様年華は終わらない…!?とも取れるような、繋がりのある映像が。

BTS WINGS <出典:soompi>
※まずは花様年華シリーズの考察をご覧ください↓

様々な考察が飛び交う防弾少年団の「花様年華」MV



花様年華シリーズの正解も未だ明らかにはなっていませんが、ジンだけが交通事故で昏睡状態(つまり彼だけが生きている)説が正しいとされています。(残りのメンバーは全員死亡)

花様年華シリーズの世界では「夢の中で死ぬと現実世界に戻れる」のですが、ジンは最後テヒョンが海に飛び込んだあと、車で海に飛び込み誰も生き残っていない世界で意識を取り戻します。

BTS花様年華 <出典:kimchionnamatome>

RUNのMVで最後にジョングクが振り返って微笑んでいる相手はジンで「もう僕達に会いに来るのはやめて、現実世界に戻って...ヒョン」というメッセージだとする説も。

テヒョンも殺人を犯し、苦しみの中で鎮痛剤を摂取して、海に飛び込み現実世界に戻ろうとしますが、鎮痛剤を飲んだまま夢の中で死ぬと、現実世界には戻れず、虚無の世界に落ちてしまうので、RUNで水から出たあと、真っ暗な世界を目の当たりにしています。

BTSジョングク <出典:mia15.exblog>

ティーザーの中でナレーションされているのは、『デミアン』(ヘルマン・ヘッセ作)という小説で、そのお話と今回のWINGSがリンクしているのではないかという噂も。

ついに明らかになる壮大なストーリーの終焉「WINGS」の全貌を紐解いていきます。






■BTS(방탄소년단) WINGS Short Film #1 BEGIN


第一に公開されたティーザー「BEGIN」はブレーキ音で目覚めるジョングクの登場から始まります。



このティーザーは「デミアン」の一節「鳥は卵から出ようと戦う。卵は世界だ。生まれようとするものは一つの世界を破壊しなければならない。鳥は神に向かって飛ぶ。神の名はアブラクサス。」という部分に深い繋がりがあるとされています。

冒頭の口笛はデミアンでシンクレールをいじめていたフランツの口笛と重なります。

目覚めの車のブレーキ音ですが、I NEED Uで車に轢かれて死亡したジョングク、そこで目覚めたということは彼は今夢の中にいます。

上空に飛ぶ鳥の形は夢で見ている鳥のことで、デミアンでも「(私)は夢で見た鳥の絵を描き、デミアンに送った。 」という一節がありました。

ジョングクWINGSBEGIN <出典:http://ameblo.jp/>

最初に手に持っていた小さな絵に描かれた顔はユンギの顔で、RUNの時に薬物中毒で狂ってしまったユンギを殴って止めたジョングクと繋がっているのではないか?とされています。(片目が潰れているため)

とすると、ユンギがデミアンで、ジョングクがシンクレールと重なるのではないでしょうか。



また、次のシーンで大きなキャンパスに描かれたカラフルな絵。
「シンクレールは少女の絵を熱心に描き続けるが、それはデミアンにも自分自身にも似ていた」という一節にもあるように、この絵はジョングクとユンギの合成ではないか。

WINGSジョングク <出典:korepo>

その証拠に、ジョングクが着ている鳥の絵があしらわれた白いシャツと絵に描かれた肩の部分が重なる部分があります。
自分自身がデミアンに近づいてきているということに気が付き、ひとり暗闇の中で「ヒョン(兄さん)」と狂おしいほどに叫ぶジョングク。

ジョングクWINGS <出典:meblo.jp>


※花様年華シリーズ「I NEED U」で、ジョングクは車で轢き殺されてしまうのですが、その犯人であるテヒョンを描いているのではないかとされる説もあります。

(後半、ジョングクの瞳が大きく映しだされるシーンでは、瞳にRUNの時のテヒョンが映っていることから)

鳥が羽ばたく描写では、「鳥は神に向かって飛ぶ」という」一節のように、アプラクサスに向かっています。

その後、ハッとしたように紙を拾うジョングク。デミアンは「鳥は卵から出ようと戦う。(以下省略)」と話し、ジョングクは夢で描いた鳥を見たことでこれが夢であると気がついたのではないか。

後半ではジョングクの影に翼が生えます。
デミアンには「本来善と悪は同時に存在できないが、アプラクサスの架空の翼が羽ばたくと、善と悪、破壊と創造が同時に生まれる」と書かれています。

このティーザーは、デミアンの「第4章 ベアトリイチェ」に重なるところがあるとされています。





■BTS (방탄소년단) WINGS Short Film #2 LIE


第二に公開されたティーザー「LIE」(嘘)の主人公はジミン。


カードや景色の写真を見せビデオを撮られていることから、精神病棟で精神鑑定を受けている状況だと想定されます。

画面に映し出されているのはエデンの園で、ジミンはりんごを盗んだと嘘をつきます。(りんごは韓国語でサグァ、謝罪も同じくサグァと発音することから嘘に対する報いとも取れる)

WINGS ジミン <出典:tr.twipple>

影が膝を抱えてうずくまっているのは、嘘がバレるのが怖いから。

そして、別の説では影はホソクの影で、I NEED Uの時に薬に頼っていたホソクの弱い心が投影されているのではないかとされています。

ジミンにかかっている水が上に上がっていくのは、死後の世界は全て生の世界とは逆の動きをするため、ジミンがいる場所は死後の世界。

ジミン LIE <出典:ameblo.jp>
ジミンがバスタブに吸い込まれるのも同じことで、死後の世界にいることが濃厚。

ベッドが2つあるのは、生きている時はホソクも一緒に病院に入院していたが、薬を服用して死亡。ジミンも後を追うようにバスタブで溺死をしたことになります。

ジミンが誰もいない場所に枕を投げたのは、ホソクの幻覚を見ている。(RUNの時はまだ生きていた?)

ジミンが上を見上げて微笑み、上から羽が降り注ぐシーンでは、ホソクの幻覚を見て、いつかの楽しい思い出を思い出しているのではないかとされています。(LIEをひっくり返すと317。317はエンジェルナンバー。)

ジミン LIE <出典:korepo>

最後、ジミンが首を絞めているように見えるシーンは、ホソクの幻覚を見て、同じ場所に行こうと自分で意図的に締めているか、またはホソクが連れて行こうとしているのか…

I NEED UやRunでも2人はとても仲良かったので、ジミンがベット手を伸ばしているのは、今は居ないホソクへの想いの現れではないでしょうか。



ジミンWINGS" <出典:ameblo.jp/>

リンゴの逸話に関して。
・アダムとイブ(禁断の果実(誘惑)、林檎)
・デミアン(他に認められるための嘘)
リンゴは原罪であり、贖罪です。

このティーザーは、デミアンの「第1章 ふたつの世界」に通ずるものがあるとされています。

デミアンでは、主人公のシンクレールがガキ大将フランツにいじめられており、彼に気に入られるために果樹園でりんごを盗んだことがあると嘘の武勇伝を言ってしまいます。

するとフランツは、果樹園の主から「りんごを盗んでいる犯人を捕まえたら金をやる」と言われていると、さらにシンクレールを脅し、金を要求します。

シンクレールはお小遣いさえもらっていなかったため、家から金を盗み、フランツに渡します。シンクレールは金を盗むたびに心が打ち砕かれるような苦しみを味わい、精神的に追いつめられていきます。

歌詞の一節にあるように「純粋だった僕を見つけ出してよ。この嘘から抜け出せないんだ。僕の笑顔を取り戻して、この地獄から僕を救い出して。この苦痛から抜け出せないんだ。報いは受け入れる。どうか僕を助けて」

ジミンWINGS <出典:tr.twipple.jp>
ジミンは嘘の世界から抜けだせずに孤独の縁にいるのでしょうか。






■BTS (방탄소년단) WINGS Short Film #3 STIGMA


第三に公開されたティーザー「STIGMA(汚名)」の主人公はVことテヒョン。



冒頭は「僕の幼年期を支えた支柱に走った最初の亀裂だった」というメッセージで始まります。

「亀裂は癒えて忘れられるけれど、根底にずっとあるもの」とは、I NEED Uから度々女性が暴力を受けている描写があるため、テヒョンにとって大切な女性=母が暴力を受け、亀裂は消えることがないものとしてテヒョンに刻まれていることになります。
執拗に心臓へアイスピックを擦るのは、I NEED U時の犯行を示唆しているのではないか。序盤の挑発的な笑みは、神であるアブラクサスを描いていた…?

テヒョンWINGS <出典:ameblo.jp/>

また、白い服を着て逃げ回り殴られる暗示から、テヒョン自身も暴力を受けていたとされています。
名前、年、と聞かれ親はいないと答えたことから、テヒョンが持っていた写真の母は既に亡くなっており、抱いていた子供はテヒョンの子供時代のことだと推測。
幼少期の亀裂は、母親が他界したことにより父親が酒に逃げ、暴力が始まったのではないか。

取り調べの映像で、向かい側で水を飲む警官から目を背けることで明らかに拒否反応を示していることからも、父親からのひどい仕打ちで希望を失ったテヒョンの暗い過去が明らかになる。

犬は「家族愛」を意味しており、最初は幸せだったが、家族愛=犬がそっとそばを離れ、牢屋に閉じ込められて怯えているテヒョン。



WINGSテテ <出典:ameblo.jp>

合間に映る鍵のかかったナムジュンの電話ボックス。テヒョンに助けを求められず、そこからもがいているナムジュン。
テヒョンがすがるヒョンはナムジュンで、ナムジュンに対して「ヒョン、会いたい」と発言したと思われます。
唯一発声が音になっている「あの時なんであんなことを・・・」は、RUNの時、ラップモンスターとパトカーで引き裂かれた瞬間を示唆している…?とも。

『WINGS Short Film # 3 SIGMA』の『SIGMA』という文字がNo More DreamのMVに出てくることからも、かなり過去からこの物語はつながっていたように感じられます。

また、ジョングクのティーザーの時に瞳にテヒョンが映っており、この瞳はキムテヒョンを見ている人たち4名の合成ではないかとも言われています。

テテWINGS <出典:hatenablog.com>

電話させてくださいといったのは、ナムジュンへ向けてであり、死後の世界から出たいと願うナムジュンを救うためにメッセージを送ろうとしているのではないかとされています。





■방탄소년단 (BTS) WINGS Short Film #4 FIRST LOVE


第四に公開されたティーザー「FIRST LOVE(初恋)」の主人公はシュガことユンギ。



シーンでは、ジョングクのティーザーで燃えていたオルガンを弾くユンギが映し出されます。

ユンギWINGS <出典:ameblo.jp>

ユンギがガラスを割るのと同時にジョングクのティーザーでもガラスが割れることから、2人の世界は反転しています。

その後、口笛に導かれ外に出たユンギは、すれ違った車の運転手を見てハッとしたように振り返ります。

車が通った後のユンギの後ろには血痕が。この血痕がジョングクのものだとすると、2人は別世界にいて、ジョングクが冒頭で見た悪夢(ユンギが轢かれて死ぬ)の運命を変えようと、ユンギの世界に行き、口笛を吹いてユンギを助けたのではないかと。
(あの場にいたらユンギは車が突っ込んで燃えたオルガンに挟まれ死んでいたため)

「僕は変わっただろうか。他の道を選んだなら。止まって振り返ってみたなら。」

口笛は、デミアンで言うとフランツがお金を取りに来る合図=悪ですが、時として人間を導く=神でも悪魔でもある神アプラクサスの力とされています。

別のシーンではジミンの浴槽の水が溢れることからそのタイミングでのジミンはすでに死んでおり、またこれと同時にジョングクのティーザーでは絵が燃えヒョンと叫んでいる。

ユンギWINGS <出典:ameblo.jp>


ティーザータイトルである「FIRST LOVE(初恋)」に関するヒントが少なかった本ティーザーですが、FIREで顔が見えない黒ずくめの人に火をつけることとオルガンが燃えること、そして車の運転手は誰なのか、それらが大きく関係していそうです。



シュガWINGS <出典:interest.me/en/kpop-news>

これまでのティーザーから、BEGINはジョングクとシュガが対になっており、LIEはジミンとJ-HOPEが対になっており、STIGMAはVとラプモンが対になっていることが分かります。

デミアンは8章からなる小説です。
第1章 2つの世界
第2章 カイン
第3章 罪人
第4章 ベアトリーチェ
第5章 鳥は卵の中からぬけ出ようと戦う
第6章 ヤコブの戦い
第7章 エヴァ夫人
第8章 終わりの始まり

デミアンBTS <出典:matome.naver.jp>

それぞれのティーザーが一章節(メンバー7人分)だとしたら、残る8章目は「終わりの始まり」。
防弾少年団はどうこの物語を終わらせるのか、はたまた終わりに見えるストーリーは何かの「始まり」なのか。
今後の動向に注目しつつ、真相が明らかになり次第随時更新していきたいと思います!!

花様年華は終わらない!?BTS(防弾少年団)「WINGS」考察と深まる謎②へと続く

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!