B.A.Pが帰ってきた!6月には日本でワールドツアー開催!

B.A.Pは、2012年1月26日に『WARRIOR』でデビューした韓国の6人組の男性アイドルグループ。

SECRETの弟分グループで、TSエンターテイメント所属です。

BAP <出典:kpopatozz.blogspot.com>

B.A.Pは、「Best(最高の)、Absolute(絶対的な)、Perfect(完ぺきな)価値を追求する」という意味が込められています。

メンバーにはマスクトッキ(マスクをしたうさぎの意)通称MATOKIと呼ばれるキャラが1人につき1匹います。

MATOKIとはB.A.Pのイメージキャラであり、B.A.Pの成長を見守るマスコットでもあります。

今年からワールドツアーも開催しているB.A.Pの魅力をお伝えします!



●メンバー


◆BANG YONG GUK
bap マトキ <出典:note.chiebukuro.yahoo.co.jp>
本名:バン・ヨングク

生年月日:1990/03/31
身長/体重:180cm/60kg

担当:リーダー、ラップ

MATOKI:シシマト(SHISHIMATO)赤



◆HIM CHAN
bap マトキ <出典:note.chiebukuro.yahoo.co.jp>
本名:キ・ムヒムチャン

生年月日:1990.04.19
身長/体重:180cm/69kg

担当:ヴォーカル

MATOKI:タツマト(TATSMATO)ピンク



◆DAE HYUN
bap マトキ <出典:note.chiebukuro.yahoo.co.jp>
本名:チョン・テヒョン

生年月日:1993.06.28
身長/体重:178cm/63kg

担当:ヴォーカル

MATOKI:ケケマト(KEKEMATO)白



◆YOUNG JAE
bap マトキ <出典:note.chiebukuro.yahoo.co.jp>
本名:ユ・ヨンジェ

生年月日:1994.01.24
身長/体重:178cm/65kg

担当:ヴォーカル

MATOKI:ジョコマト(JOKOMATO)黄色



◆JONG UP
bap マトキ <出典:note.chiebukuro.yahoo.co.jp>
本名:ムン・ジョンオプ

生年月日:1995.02.06
身長/体重:176cm/66kg

担当:ヴォーカル、ダンス

MATOKI:ダダマト(DADAMATO)緑



◆ZELO
bap マトキ <出典:note.chiebukuro.yahoo.co.jp>
本名:チェ・ジュノン

生年月日:1996.10.15
身長/体重:185cm/63kg

担当:ヴォーカル、ラップ
MATOKI:トトマト(TOTOMATO)水色



●B.A.Pってどんなグループ?


B.A.Pはデビュー前からバンヨングクがステージに上がっており、メンバーのZELOとデュオも組み、「Never give Up」という曲を出していて、知名度も高い存在でした。

そんな中、2016年1月26日に「WARRIOR」でデビューしました。

ステージ上では、メッセージ性の強い歌、確かな歌唱力、重低音ラップに高速ラップ、揃ったパワフルなダンス、など力強い男前な雰囲気を放っている彼らですが、

実はステージを降りるととても可愛らしく礼儀正しい好青年達です。

ステージの上からは想像もつかないほどギャップがあり、知れば知るほど魅力的です。







●ワールドツアー


2016年6月からB.A.P、5大陸ワールドツアー「B.A.P LIVE ON EARTH 2016 WORLD TOUR JAPAN AWAKE!!」が開催されます!

bap ワールドツアー 日本 <出典:www.musicman-net.com>

この公演は、ソウル・オリンピック公園SKハンドボール競技場で幕を開け、アメリカ、メキシコ、ポーランド、ロシア、ニュージーランドなどを含む5大陸15ヶ国を回るツアーです。

日本公演は、2016年3月30日(水) 発売のB.A.P JAPAN 1ST ALBUM『Best. Absolute. Perfect』を引っさげ、

6月18日(土)・19日(日)の名古屋センチュリーホールを皮切りに、6月21日(火)、22日(水)、23日(木) 大阪・フェスティバルホール、7月12日(火)・13日(水) 東京国際フォーラムにて行います。

B.A.Pの新たな歴史の幕開けとなる、さらに進化した迫力あるステージに大注目です!





●B.A.Pの聞いておきたい曲とは?

まずは韓国デビューシングルアルバムのタイトル曲『WARRIOR』。全員が金髪的で、衝撃を受けました。

新人らしからぬ迫力のあるパフォーマンスだと当時、韓国メディアでも騒がれていました。


<出典:youtube.com>




つづいて韓国2ndシングルアルバムのタイトル曲として発表された『Power』。

HIPHOP調の曲でも、ヨンジェ&デヒョンのボーカルラインの安定の歌唱力を聴く事が出来ます。


<出典:youtube.com>




さらに、韓国1stミニアルバムのタイトル曲となる『No Mercy』。

リーダーのヨングクが作詞、それを釜山出身のデヒョンが、特にラップの部分を釜山の方言に直しています。


<出典:youtube.com>




その『No Mercy』のリパッケージ版として発売されたミニアルバムのタイトル曲が『Crash』。

今までのHIPHOPでパワフルなイメージを一新しました。

この曲のダンスは愛嬌がたくさん盛り込まれており、今までのイメージを一新するものとなりました。

ここで表現された、B.A.Pの可愛さや新しさにファンも増えたはず!


<出典:youtube.com>




そして、2013年8月に半年の休息期間の殻を破り、再び音楽界に登場した『BAD MAN』。

同アルバムには、トリプルタイトル曲として「BADMAN」「COFFEE SHOP」「HURRICANE」が収録されています。


<出典:youtube.com>





タグ B.A.P
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!