B1A4サンドゥルの好きな食べ物は?性格は?プロフィールを徹底解明

2011年にWMエンターテイメントからデビューした5人組ボーイズグループ、B1A4(ビーワンエーフォー)。

当時、BEASTや2PMなど野獣系アイドルがブームだったK-POP界に新しい風を吹かせた「可愛い」が売りのグループで、ファンからは「びっぽ」という愛称で親しまれています。

B1A4 <出典:http://ticketcamp.net/kpop-blog/b1a4-member/2/>

メンバーは、リーダーでありグループの作詞作曲も手掛ける天才ジニョン、甘く爽やかな歌声とゆったりした動きで癒し系のシヌ、エネルギッシュな絶対的ボーカルサンドゥル、唯一のラッパーであり低音で男らしい声が魅力のバロ、ビジュアル担当で可愛すぎるマンネ(末っ子)ゴンチャンで構成されており、とってもファン思いなグループとして大人気!

この記事では、そんなB1A4のメインボーカル、サンドゥルについて詳しくご紹介します!

◆B1A4サンドゥルの基本情報

まずはサンドゥルの簡単なプロフィールをご紹介しましょう!

サンドゥル <出典:http://www.kimchionnamatome.net/?p=14152>

本名:イ・ジョンファン/이정환/李征桓

芸名の由来:サンドゥルは韓国語で「そよそよと吹き抜けるそよ風」。そよ風のように爽やかで優しく涼しい人になるという意味が込められている

ニックネーム:アヒル、鴨、コダック、さんだる、どぅる、さんちゃん、ジョンファン

誕生日:1992年3月20日

身長:178cm

体重:62kg(MAXで太っていた時はもっと重かった)

血液型:A型

出身地:釜山(プサン)。B1A4はソウル出身がひとりもいないため、今でも訛りを使って話すことが多い

趣味:料理、歌、映画鑑賞

好きな色:黒色、白色、赤色、青色(欲張り)

・好きなキャラクター:ポケモン、ワンピース(特にルフィー)

特技:水泳、歴史、国史、近現代史、スノボ

小さいころの夢:音楽をする人か教師

好きな音楽:キム・ヨンウ(김연우)、パク・ヒョシン(박효신)、god、Eric Benét

◆B1A4サンドゥルの性格は?

次に性格はというと・・・一言で言えば「底抜けに明るい」人。
よく食べよく寝よく笑う、とっても元気で無邪気な5歳児のような性格でB1A4の中では唯一のお笑いキャラです。

サンドゥル <出典:http://p.twipple.jp/user/makoron8_1/3>

壁を通過したり透明人間になったり瞬間移動ができたりする能力が欲しいと思っていると真剣に語るさまは、本当に成人済みなの!?と疑いたくなるほど・・・顔も童顔なので「かっこいい」よりは「可愛い」との評判が多いです。

そして、ゲームをする時も常に声を発して大興奮。マフィアゲームをする時に興奮していたら無条件にこの人が犯人だと当てられてしまう、分かりやすい人でもあります(笑)

本人は自分を可愛くて純粋だと評価していますが、いつもは「B1A4のサンドゥル」という可愛く愛らしいキャラクターを演じているので、普段のジョンファンに限っては普通にモテそうな社交的で優しく男らしいタイプなんだとか。
きっと自然と周りに人が集まってくるような人を引き寄せるタイプなのでしょう。

とはいえ、常にお笑い要員として体を張って笑いを取っているサンドゥルはメンバーが羨ましいと感じる時もあるようで、特にマンネのゴンチャンには強い憧れを感じているそうです。

ゴンチャン <出典:ゴンチャン>

サンドゥルが考えるビジュアルNo,1はゴンチャンで、ゴンチャンの立ち位置や整った顔立ちを心底羨ましいと思っているだけあり、PCのデスクトップがゴンチャンだという自称ゴンチャンマニア!

ですが、サンドゥルには顔以外で最強の武器がちゃんとあるのです・・・!それは「歌唱力」。

各種歌謡祭で賞を取ったり、個人で歌唱力を競う音楽番組に出演するなど、その歌の上手さは折り紙つき。

歌っている時とファンのみんなが応援してくれることが世界で1番幸せなことと話すように、歌うことが本当に大好きな青年です。

腹の底から響かせていると感じさせるパワフルで力強い声は、聴いていて鳥肌が止まりません。普段のおかしな言動からは想像もつかないような歌っているかっこいい姿にやられるファンも多いそうですよ。

サンドゥル <出典:k-entame.jp>

そんなサンドゥルの理想の人は、仕事をしている時輝いている人、自分に最善を尽くす人。容姿は可愛らしく派手ではない女の子が好みなんだそう。今はまだ5歳児ですが、いつかそんな理想の女の子と出会える日を夢見て日々練習に励むサンドゥルなのでした。




◆B1A4サンドゥルは大食いアヒル!

その声量は一体どこから出ているの?なんて思ってしまうほど、安定感とクオリティーを保った歌の実力が魅力的なサンドゥル。その歌唱力の源は、食べ物にありました。

一時期はアイドルなのに太りすぎなんじゃ・・・と心配になるほど立派な体になっていたサンドゥルは、とにかく食べることが大好き!


B1A4 <出典:http://stat.ameba.jp/user_images/20140323/23/fari0616/5a/97/j/o0540036012884895897.jpg>



自身の創作料理「カンジャンパプチョン」(※カンジャンパプチョンはカンジャンパプ(醤油かけご飯)に卵を混ぜて、それでチョン(チヂミ)を作る料理でチリソースをつけて食べる)と「ビラーメン」(※ビラーメンはビビン麺とインスタントラーメンを混ぜた料理)を周囲に布教するなど、食に対する探究心が留まるところを知りません。

ビラーメンを作る時は、必ずパルドビビン麺と安城湯麺(アンソンタンミョン)を使用することを義務付け、どのレトルト食品が相性が良いかも日々研究を重ねているんだとか・・・そりゃあ太ります(笑)

しかし、その研究に研究を重ねた味はほんまモンのようで、韓国のアイドル番組「週刊アイドル」(MBC)でも料理の腕前を披露し、司会者のチョン・ヒョンドンに「おいしい!」と褒られていました。創作料理自体も、小学生の頃から作っているそうで、何人もの同級生の舌を唸らせてきたんだとか。

B1A4 <出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aika88/20150302/20150302142238.jpg>


食が好きなら料理の腕前も上達が早いもので、味噌チゲや辛味噌チキンなど得意料理のレパートリーも豊富。特にメンバーでご飯を炊いた時に絶妙な水加減で一番ふっくらと美味しく炊きあげられるのはサンドゥルだそう。

歌って喉が渇くといけないので、梨ジュースを常に持ち歩いているそうで、水じゃないところがなんともサンドゥルらしいですね。

サンドゥル <出典:http://rankingbox.jp/article/26391>

デビュー当時はほっそりとしていた彼も、今では顔が大きめの立派な青年に。B1A4としてもデビューから5年目を迎える今年。

可愛く派手なコンセプトから、徐々に大人の魅力を披露している彼らの今後とさらに歌唱力に磨きをかけているサンドゥルの活躍に大注目です!

タグ B1A4
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!