18,627 views

B.A.Pのパワーボーカル・デヒョンのプロフィールや性格をチェック

B.A.Pは、TSエンターテイメント所属の韓国の男性アイドルグループです。
Secretの後輩で、
2012年1月26日に『WARRIOR』でデビューしました。

BAP <出典:www.koreaboo.com>

グループ名B.A.Pには、「Best(最高の)、Absolute(絶対的な)、Perfect(完ぺきな)価値を追求する」という意味が込められています。
今回はB.A.Pのパワーボーカル・デヒョンのプロフィールや性格をご紹介します!




●プロフィール


BAP デヒョン <出典:okmusic.jp>


名前:ジョンデヒョン 生年月日:1993年6月28日

身長:177cm    体重:63kg

血液型:A型    出身地:全羅南道光州

趣味:映画、音楽鑑賞、似顔絵を描く

担当:メインボーカル,ビジュアル

また、宿舎ではトイレ・ごみ捨て担当で、メンバー1早起きのためメンバーを起こす担当でもあるそうです。
なんだか担当の多いデヒョンです。

マトキの色:​​“KEKEMATO”白(ピンク)
BAP デヒョン マトキ <出典:note.chiebukuro.yahoo.co.jp>

マトキとは、マスクトッキ(マスクをしたうさぎの意)通称マトキと呼ばれるキャラのことで、メンバー1人につき1匹います。

好きな女性のスタイル:
女性らしいスタイル。ワンピースとかブラウスとかを着こなした、ストレートのロングヘアーの子。



●好きなもの

大好物はチーズケーキ。無人島に1つだけ持っていくならチーズケーキというほど。
食い意地はってるが、まったく太らないため、ヨンジェがうらやむ体質だそうです。

自身は海産物が苦手なのですがその一方でお寿司やお好み焼きであれば食べられると答えていて、日本の味は大好きだそうです。

・好きな音楽スタイル:R&B、バラード

・好きな色:蛍光、黒、白

・好きな映画:SF、ファンタジー

・好きな番組:ユ·ヒヨルのスケッチブック






●性格と魅力

デヒョンは、メンバーの中でも一際輝くルックスの持ち主で多くの女性ファンを虜にしています。

BAP デヒョン <出典:matome.naver.jp>

デヒョンの魅力を語る上でやはり最初に挙げられるのはその格好良さについてで、ビジュアルについてはその時々で髪の色を変えています。

これまで黒髪や金髪からシルバーやピンクなどと変幻自在に変えてきました。

いずれの色に変えた時にもピッタリ当てはまるのがデヒョンの魅力で、本人いわくいつもB.A.Pの中では地味な服装とは言いますがファッション性の高さも大きな特徴です。



またデヒョンの人懐っこさも魅力の一つで、テレビ番組に出演する際には隣に座るB.A.Pメンバーの太ももによく手を添えており、自然に手を添える動きや手を置く位置にファンはドキドキしています。



そして、デヒョンはB.A.Pの中でも性格が特に良くファンを大切にする姿勢などが見えてきます。

BAP デヒョン <出典:www.kimchionnamatome.net>


まずデヒョンについて知ろうとした時に本人のSNSを見る方も多いと思います。
現在世界中をツアーで周っていて多忙なB.A.P。デヒョンも毎日を多忙なスケジュールに追われています。

そんな中でも、SNSの更新を欠かさないことで知られていますが、デヒョンは多忙な中でもファンとの交流を欠かしません。

その原動力は?と問われて

「自分は口下手だし、書くのも下手だし、綺麗にまとめる素質もないし・・・」
と謙遜しながらも、

「SNSはファンと唯一、意思疎通ができるから」

と答えたデヒョン。
ファンからの応援が自分にとって一番大きなエネルギーになるそうです。ファンからの応援を、自分のエネルギーにかえて、またファンに還元しているのですね。



ちなみに、ファンからいわれて一番うれしかった言葉は、「歌が上手いですね!」。B.A.Pのボーカルとして、これはうれしいですね。



サイン会ではこんなエピソードがあります。
あるファンが「オッパ(お兄さん)、私がオッパの等身大のキャンディを持ってきましたよ」と言いました。
違うだろう、そんなキャンディがどこにあるのかと思って確認してみたら、本当に等身大くらいのキャンディを持ってきたのだとか。

このことにデヒョンは、
「食べるには本当に気が重い。一度食べ始めると、最後まで食べなければならないから。 溶けちゃうかと思って。ハハ。」と答えています。
砕いて食べるなどを考えなかったのか、こんなエピソードを語るデヒョンが可愛いですね。






●デヒョンの歌唱力

メンバー内で断トツ、歌が上手いデヒョン。
癖のない歌い方で、低音から高音まで自由に出すことができ、音域が広いといわれています。

幼い頃に東方神起を見て歌手を夢見てきました。


BAP デヒョン 歌 <出典:blog.goo.ne.jp>

2010年釜山(プサン)表示ラジャアカデミーで本格的に音楽を学び始める。

2011年夏TSエンターテイメントオーディションに合格してBAPに最後に合流。

B.A.Pのメンバーとして加入したのは1番最後。TSの練習生になり、約6ヶ月間の練習期間で電撃デビューしました。
ただ、TSの練習生ではなかっただけでボーカルスクールでの練習期間は長いです。

自身のインタビューではこう語っています。

「そもそも歌手をやってみたいという考えはなく、ただ歌が好きな子供だった。そのうち、「本気で歌を学んでみよう」と思うようになって、音楽ができる高校へ進学、市主催の小さな大会に出たりしながら、段々興味が湧いた。
みなさんが自分を見て、拍手をして、エールを送ってくれるから、ステージに立つ面白さが分かるようになった。」



そんなデヒョンの実力はNO MERCYのステージで証明されました。

2012年にリリースされた3rdシングル「NO MERCY」。

SBS人気歌謡の生放送ステージでMR除去バージョンを披露しました。
周辺の音を取り除き、マイクの音響だけが聞こえるようにした映像で「NO MERCY」の完璧なライブの実力をアピール。

特に、デヒョンは、“7段ブースター”の実力を証明するかのように、激しいダンスにも揺れのない高音を披露し、ネットユーザーを感嘆させました。




●デヒョンの夢


デヒョンがインタビューで答えたところによると、今後挑戦してみたいジャンルは、ミュージカル

同じ演技を、同じ俳優が試みるのに、日によって演技の出来がことなったり、違ったりするのが、デヒョンにとってたまらない魅力だそうです。

そして、それに挑戦するのが、たまらなく魅力的だそう。日々努力して、新しいステージを観客にみせることをしてみたいという意欲的なデヒョン。

また、BAPとして成功したらデヒョンはまず、ご両親に素晴らしい贈り物をしたいそうです。

これからも、さまざまなジャンルに挑戦してくれそうで、ファンとしては楽しみです。





カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

K-POP・韓流の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!