これぞアイドル!!みんながV6三宅健くんを好きになってしまうワケとは?

V6のメンバーであり、カミセンことComing Centuryの一人でもある三宅健くん。未だアラフォーとは思えない可愛い外見を持つ彼の魅力とは何でしょうか?

三宅健 <出典:http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%89%E5%AE%85%E5%81%A5>

「V6を好きになるならまず三宅くんから」と呼ばれるほどにみんなに愛されている三宅健くんについて今回はご紹介したいと思います。


精神年齢は小学生?いや、自由人なところが可愛いんです!


三宅健 <出典:http://topicks.jp/15230>

これまでにも数多くの伝説を残している三宅くん。テレビ番組では「やんちゃ」「行動が未だ小学生のよう」といじられている彼ですが、なぜそう言われているのか?

大御所女優の泉ピン子さんに向けて「おーピン子!超久しぶりじゃん!」「ピンちゃん肌キレイじゃん」と話しかけたというエピソードはあまりにも有名ですが、三宅くんの自由すぎるエピソードを他にも少しまとめてみるとこんな感じ。

・Jr.時代にSMAPのコンサートを見学に行き、客席に寝転がって見ていたのを木村くんに怒られた。その後、呆れたSMAPメンバーが「君、いくつなの?」と聞かれて「いくつだと思う?」と返答した

・遅刻癖があり、伊東四朗さんの家に招待された際も一時間遅刻して彼を寒い中待たせ続けた

・他のV6メンバーいわく、「必ずと言っていいほど出発の時間に起きてきて、そこからシャワーを浴びる。ひとりだけ後から違う車で会場入りすることもある」

・ファンから長らく熱望されていた紅白歌合戦に2014年、やっと出場を決めたV6。その舞台で伍代夏子さんのバックダンサーを務めて感想を聞かれた際、三宅くんは極度の緊張のあまり「伍代さんの後ろで踊らされて…」と言い間違えてしまい急いで訂正。それだけではなく、三宅くんは彼女へ謝罪の手紙を送った

・ロケに訪れた旅館の亭主(もちろん年上)と数分で仲良くなってタメ口に。翌日には亭主と一緒に温泉に入って視聴者を驚かせる

・怒られるとついにやにやしてしまう

三宅健 膝 <出典:http://laughy.jp/1436253004724155522>

・未だに人の膝に乗る癖がある

・ゲームをやりながらラジオを放送してファンに怒られる

・テレビ番組「ごきげんよう」のサイコロトークで出たトークテーマについて「特にないんですけど」と語り、司会の小堺一機さんに自らトークテーマを変更させる

・明石屋さんまさんについて「さんまは生に限る!」

・日本を代表する舞台演出家蜷川幸雄さんを「じいさま」と呼び、森田君の舞台について「観に行くから~」とタメ口で答えた



昔はトニセンの三人にもかなりやんちゃで失礼な行動ばかり取っていたようで、2010年のコンサートにて井ノ原くんに「こいつ、世界七不思議の1つに入れてもいいと思うよ」「15年間、俺らは健に振り回されっぱなしですよ。15年経っても変わんないんだもん。ある意味すごいよね。どうせだから、45(歳)くらいになってもそのままでいてよ」と言われていた三宅くん。

こうやって見ると昔から少年すぎる性格の持ち主・三宅くん。ここまで来ると逆に潔いとも思えてきますよね。しかし、本人曰く、最初にタメ口で喋っても大丈夫な相手か見極めてから話しかけているようです。

このようなタメ口やフレンドリーさはある意味彼の最大の魅力であり、それが彼なりの甘え方だとわかった相手は彼のことを憎めないのかもしれません。


ファンを想う気持ちは誰にも負けない


三宅健 <出典:http://group.ameba.jp/group/ewfoTKZKaRTR/>

ちょっと子供っぽいところもある三宅くんですが、ファンに対しての想いは人一倍強く、彼のファンへの対応は「神対応」と呼ばれることも多い様子。

以前、握手会に来てくれたろう者のファンの女の子の手話を全く読み取れず答えられなかったことを後悔し、「自分にとっては心残りだった」としてその後講習会に通い続けて手話をマスターした、というエピソードはとても有名ですよね。そんな三宅くんの手話スキルは、今では三宅くん一人でNHKの手話番組に出演するまでになっています。

また、長く続いたV6の冠番組「学校へいこう!」が一度だけ復活し、三宅くんをはじめとしたV6メンバーある女子校の一クラスを訪れた際、三宅くんはそのクラスにいた自分のファンの女の子を見つけると彼女の元へと近づいていって跪き、彼女の手を取って握手。その一連の行動がテレビで放送されると、まるで王子様のようだったと話題になりました。

三宅健 <出典:http://ringosya.jp/v6-miyakeken-12525>

「女の子はみんなお姫様なのよ。僕がなんでこれを語るかわかるかなぁ?僕はね、アイドルなんだよ。だからいつだって女の子の気持ちを理解してるわけ。じゃなかったらこの仕事18年以上やってられると思う?」と発言したり、ライブの銀テープに「今日のみんなが可愛すぎて帰したくない!」と書くなど、三宅くんのファンに対しての扱いは誰に対しても紳士的。

誰であっても、彼の前にいる時は女の子に戻れる。三宅くんは自分に会いに来てくれたファンに対して一時の甘い夢を見させてくれるのです。



どんなときも「アイドル」


三宅健 <出典:http://lineq.jp/q/27910107>

三宅くんを応援したくなる一番の理由、それは「どんなときもファンが理想とする完璧なアイドルであり続けてくれる」ということです。

何十年も全く変わらないビジュアルはもちろんですが、それ以上に、どんな時でも私達の望むアイドル像を守り続けてくれるということ。

Jr.時代やデビュー当時は「剛健コンビ」として森田くんとシンメで踊ったりなにかとセットになることが多かった仲良しの二人。森田くんはJr時代からパフォーマンスが圧倒的に上手く、それに匹敵する圧倒的センスを生まれつき持ちあわせ事務所入り後すぐにV6のメンバーとなった岡田くん。

彼らに挟まれて、デビュー当時は「自分の声が嫌い」「踊りが上手くないのにセンター」とネガティブな発言も見られていたようです。しかし、そのネガティブな発言の後に「でも、いきなりデビューした岡田が頑張ってるのに自分が泣き言言えない」と続けた彼の発言には既にプロ根性が。

三宅健 <出典:http://girlschannel.net/topics/161635/>

自分のことを「V6の太陽」と語って、いつも自由に明るく振舞っている三宅くんですが、彼のお父さんは彼が小学生の時に事故で亡くなり、しばらくは新聞配達をするなど家計を助けながらジャニーズ事務所のレッスンに通っていたといいます。2010年にはお母さんもガンで亡くされています。

しかし、お母さんが亡くなってから数日後の仕事にいたのはいつも以上にテンションが高く、完璧な三宅健だったそう。ファンの前では一切悲しみの涙を見せず、弱音も吐かずに努力してアイドルとして笑う彼はまさにプロすぎるアイドル。

三宅くんのソロ曲には「”悲しいほどに ア・イ・ド・ル” ~ガラスの靴~」という曲がありますが、三宅くんがいつもプロとしてのアイドルで居続けようとしてくれることこそが、彼を応援したくなる一番の理由なのです。



三宅健とは「アイドル」である


v6 三宅健 ライブ <出典:http://topicks.jp/22519>

いつも笑顔で明るく振舞っているように見えて、その裏に隠された彼の暗い部分や他の人に追いつこうとする懸命な努力がたまに垣間見えるのがアイドルとしての三宅健くんです。

年上にもタメ口で喋るなど、一瞬で人との距離を縮めてしまう彼のある意味での甘えは、タメ口で喋っている相手を信頼して優しく声をかけている証拠とも言えるでしょう。

以前出演したテレビ番組にて「芸能人は虚像」と答えた彼の完璧すぎて儚いほどのアイドル像と、彼の持つ天性の可愛い性格はV6ファンのみならず多くの人に愛されています。

そんな不思議な魅力を持つ三宅くん、なんだか気になってきませんか?

タグ V6
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!