大注目のユニットSix TONES!メンバープロフィールと熱い絆のエピソード集

2015年に新しく結成が発表されたジャニーズジュニアの新ユニット、Six TONES。2015年12月から2016年1月にかけて行われるジャニーズワールドへの出演も決定しています。
その気になるメンバーのプロフィールや熱い絆が感じられるエピソードを集めてみました。


Six TONES
<出典:prcm.jp>



Six TONESのメンバープロフィール

Six TONESは、そのグループ名通り6人のジャニーズジュニアから構成されています。
京本大我森本慎太郎ジェシー田中樹松村北斗高地優吾をメンバーとすることが2015年のジャニーズ銀座で発表されました。


Six Tones
<出典:janishowa.wordpress.com>



京本大我は京本政樹の実息子、森本慎太郎は元平成ジャンプの森本龍太郎の実弟、田中樹は元KAT-TUNの田中聖の実弟となかなか話題性のあるメンバーが集められています。

その他のメンバーもジャニーズジュニア内ではベテランに属する顔ぶれで、そのパフォーマンス力に期待できますね。






元バカレア組=Six TONES!その絆は深い


実はSix TONESはジャニーズジュニア主演の「私立バカレア高校」に出演していた、いわゆるバカレア組のメンバーを主体としています。ドラマの放送後、何度かジャニーズジュニア特有の編成変えを経て、再びあの時のメンバーが集まったという形になるのです。


バカレア
<出典:b-k-diet.com>

 

そのため、ファンからも「今更感はあるけれどとにかく嬉しい」、「ユニット発表を聞いてから涙が止まらない」など喜びの声が多く聞こえます。本人たちも、2015年のジャニーズワールドに向けて鰻屋さんで会合を開いたというエピソードもあり、その意気込みは相当熱いものがありそうです。

 

それぞれの成長が一つに重なる、その瞬間が熱い!

グループとしては初めての舞台「少年たち」が2015年9月に日生劇場で行われ、その存在感と圧倒的なスキルにファンからの評価はとても高いものがありました。その背景には、それぞれのメンバーが個人で積んできた経験が凝縮されていることが感じられます。


少年たち
<出典:wintomorrow.at.webry.info>

 

また、初めてのグループオリジナル曲を選ぶ際には、全員一致でひとつの曲を選んだというエピソードもあり、6人が同じ方向を向いていることが強く感じられますよね。

 

高地優吾は、「B.I shadowがなくなり、バカレアが宙に浮いた時も心は折れなかった」と発言しており、それぞれが厳しい芸能界を生き残ってきた足跡が感じられます。様々な経験を経た6人がグループとして活動するとどのような親和性を見せるのか楽しみで仕方ありません。

 

掘り下げればきりがないSix TONESの魅力

メンバーひとりひとりの魅力が高い上に、グループとしても強いまとまりを見せるSix TONES。時を経て再び一緒になった彼らの活躍に今後も目を離すことはできませんね。

タグ SixTONES
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!