関西ジャニーズJr.出演「少年たち」レポート

少年たちレポートその1

舞台は戦時中の少年院で向井康二演じるムカイを中心とした青チームと西畑大吾演じるニシハタを中心とした赤チームは毎日喧嘩に明け暮れていました。しかしそこに大西流星演じるオオニシが新しく入ったことで荒みきっていた彼らは少しずつ変って行くのです。少年たち名物の桶ダンスが更にパワーアップしたタオルダンスや関西ならではの漫才などを取り入れるなどシリアスなシーンが多い中コミカルに彼らの交流を描いておりほっこりとした笑いに包まれます。

しかしそんな彼らに立ちはだかるのが室龍太演じる看守長で少年院を自分の城として歯向かうものに対して非道な虐待を加えてきました。


少年たち
<出典:kisnika.blog12.fc2.com>




そしてついに千秋楽を迎えた「少年たち」


看守長は実は兄弟であるニシハタとムカイを罠にはめて対峙させます。「rival」では母親の死に目に合えなかったのはニシハタが自分を警察に売ったせいとニシハタに強い憎悪を見せるムカイと更正してほしい気持ちから行動を起こした気持ちがムカイに届かないやるせなさと悲しみという激しい気持ちのぶつかり合いを気迫溢れる歌で見せてくれました。

二人の激しい殴り合いが元でムカイは懲罰房にいれられ看守長が自分たちを出す気がないということを悟りオオニシが中心となって囚人達は脱獄を決意します。看守たちとの攻防が繰り広げられる中ニシハタはムカイを救い出し二人は和解します。そして後一歩ゲートを開こうとしている所まで来てオオニシが看守長に発砲しニシハタがオオニシを庇って撃たれます。

ニシハタを失い悲しみにくれる囚人達でしたがニシハタの思いを胸に彼らは再出発していくのでした。







少年たちレポートその3

舞台の後は一転「ole oleカーニバル」の明るいナンバーに乗せて関西ジャニーズJr.らしい明るく元気いっぱいのステージをみせてくれました。大人の色気でしっとり歌い上げる室の「夢色クロニクル」、西畑・大西達赤チームが若さとかわいらしさを存分に見せ付けた「Hey you」、向井達青チームが見せた圧巻のダンスパフォーマンス「Brake out」などが続き会場の熱気がヒートアップする中過去に彼らの先輩も歌ってきた「Big Game」では最高潮の盛り上がりを見せます。

この曲はまさに今の新生関西ジャニーズJr.を表すがむしゃらでアツい彼らの思いが存分に伝わってきました。


そしてついに千秋楽を迎えた「少年たち」

以下は日生劇場で千秋楽を迎えた「少年たち」の感想です。











少年たちのまとめ

今回の2015年の「少年たち」新しい関西Jr.で魅せていこうとするメンバーの気合が感じられる公演でした。関西ジャニーズJr.のこれからが楽しみになるステージだったようですね!

タグ A.B.C-Z
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!