ジャニーズJr.の人気ユニット「Travis Japan」を紹介!

ジャニーズJr.の数あるユニットの中でも主に舞台を中心に活動しているTravis Japan。

Travis Japan <出典:http://laughy.jp/1448854900006121290>

メンバーの人気も高く、彼らの出演する舞台の倍率は毎回高いです。そんな彼らの結成日やメンバーカラーなどといった様々な情報を紹介したいと思います。

Travis Japanになるまで

Travis Japanの前身はS.A.D.というユニットであり、このユニットには仲田拡輝(なかだ ひろき)くん、川島如恵留(のえる)くん、森田美勇人(みゅうと)くん、七五三掛(しめかけ)龍也くんの4人が所属しており、このユニットが現在のTravis Japanの兄組と呼ばれる4人です。

S.A.D. <出典:http://laughy.jp/item/565bc8400cf2586b4e6c7a66>

このユニットはジャニーズ伝統の舞台、「PLAYZONE 2010~ROAD To PLAYZONE」のために結成され、翌年のPLAYZONEには同じメンバーでJR.Aというユニット名で出演しました。






Travis Japan結成の経緯は?

そして、JR.AとしてPLAYZONEに出演した翌年の2012年のPLAYZONEにて、ついにTravis Japanが結成されます。メンバーはJR.Aの4人に加え、世界的に有名な振付師であるトラヴィス・ペイン氏によって選抜された、宮近海斗くん、吉澤閑也(しずや)くん、梶山朝日くん、阿部顕嵐(あらん)くん、中村海人くんの5人が加わった9人体制となりました。

Travis Japan <出典:http://kotonoha13.hatenablog.com/entry/2015/04/23/182124>

この後に加入した5人は「Travis Jr.」や「弟組」とも呼ばれています。

Travis Japanの結成日って?そして気になるメンバーカラーは

Travis Japanの結成日ははっきりは判明していませんが、初お披露目が2012年のPLAYZONEであるので初日である2012年7月9日と言えます。

公式のメンバーカラーは無いのですが、PLAYZONE2014にてA・RA・SHIを披露した際の衣装の色がメンバーカラーの扱いとなっていることもあり、仲田くんが青、川島君が赤、七五三掛君が黄色、森田君が白、吉澤君が紫、宮近君がオレンジ、中村君が緑、梶山君が水色の衣装だったので、この色でうちわなどを作る人も多いです。

SEO的な画像名 <出典:http://matome.naver.jp/odai/2138453159652186901>

この公演には阿部君は出演してないのですが、阿部君はピンクとなることが多いです。

様々な舞台やコンサートで活躍

Travis Japanは現在、様々なジャニーズ関連の舞台や嵐、近藤真彦さん、中山優馬くんなど様々な先輩のバックで活躍しています!

彼らのダンスの魅力はやはりハイレベルで揃っているダンスであり、ぜひ見る機会があれば注目してみてください!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!