ジャニーズJr.新グループ「Love-tune」のプロフィールを紹介!

2016年のシアタークリエ4・5月公演『ジャニーズ銀座 2016』の出演者として発表された新ユニット『Love-tune』。

Love-tune <出典:http://wintomorrow.at.webry.info/201603/article_5.html>

真田くん率いるあの"さなじいバンド"に正式グループ名がつきお披露目!ということで注目が集まっていますが、今回はあらためてそのメンバーを1人づつ紹介していきたいと思います。

Love-tuneのフロントマン!安井謙太郎

まずはバンドではフロントマンのポジションになるボーカル担当の安井謙太郎くん。

安井謙太郎 <出典:http://wintomorrow.at.webry.info/201507/article_10.html>

年齢に比べて幼い顔つきで、可愛らしい笑顔が魅力の安井くんは、ジャニーズJr.の中でも中心人物。

ライブや番組ではMCも任されるしっかり者で、とても面倒見もいいことから他のジャニーズJr.のメンバーからも信頼されています。

パフォーマンスには、人一倍熱心に考えていてダンスも歌も自分なりに勉強しているようで、スキルもめきめき伸ばしていますが、バンドスタイルをするようになってからは歌唱力にぐんと磨きがかかって、声の表情もつけられるようになりました。

安井謙太郎 <出典:http://prcm.jp/album/91469d2a6a128/pic/55552994>

またこのユニットが結成されたことで安井くんは初めてのグループ参加となりました。すでにステージ構成や曲構成まで手がけているんだとか。

入所から長きに渡り活動し、中心として活動していたゆえになかなかグループ参加がなかったのでファンからは心配の声も挙がっていましたが、これからはフロントマンとしてLove-tuneを引っ張っていってほしいですね!


Love-tuneで久しぶりのグループ活動!真田佑馬

これまでMis Snow Manやnoon boyzとしてジャニーズJr.のなかでも逸脱した活躍をみせていた真田佑馬くん。

真田佑馬 <出典:http://atmatome.jp/u/atasan/4utjwor/?page=2>

ドラマやバラエティーなどテレビでの露出も多く、ジャニーズに詳しくない人でも名前と顔は見たことある!という人も多いはず。

テレビ番組への出演からJr.としてライブでパフォーマンスを観ることが減ってしまった時期もありましたが、最近ではMCをしたり歌にダンスにとJr.らしい活動も多くなりましたね。

真田佑馬 <出典:https://twitter.com/n__b__sanad>

そのせいか後輩達とも絡む姿がよくみられるようになり、その気さくな性格とキャラクターからとても慕われています。

Love-tuneというグループ名がつくまでは、さなじいバンドとしてバンドスタイルではギターを担当。

ライブに向けて指が豆だらけになるまで猛特訓したりと努力を惜しまない真田くんだからこそ、バンドの肝となるギターもばっちりこなしているのですね。

真田くんがいることでLove-tuneのメンバーもいい刺激になることでしょう。メンバーを優しく見守り背中を押すような存在であってほしいと思います。


グループ兼任も器用にこなす森田美勇人

入所当時からその小さな身体から繰り出される卓越したダンススキルでも注目されていた森田美勇人くん。

森田美勇人 <出典:http://prcm.jp/album/5ee304286b25f/pic/54926208>

ダンスに秀でたメンバーが揃ったTravis Japanとしてもそのダンス力を発揮している森田くんですが、Love-tuneではベースを担当。

身長もぐんと伸びてスタイル抜群。甘いマスクでクールな見た目ですが、番組内の企画では笑いの神が彼に宿ってしまいポンコツなんて呼ばれることも。

森田美勇人 <出典:http://prcm.jp/album/fm37pii/pic/55412293>

そんな外見とのギャップに思わずコロッとおちてしまうファンが急増中。

ダンスで発揮されている抜群のリズム感で、バンドスタイルでは要となるベースを大活躍!ベースを弾きながらステップも踏んでしまうほどのテクニックをみせています。

また高学歴なことでも知られていて、芸能活動と両立しながら学業もしっかりと勤しんでいることでその誠実さも人気の理由の一つではないでしょうか。


Love-tune一の安定感!萩谷慧悟

グループ内最年少にして1番安定感のあるのが萩谷慧悟くん。

萩谷慧悟 <出典:http://matome.naver.jp/odai/2142028023654956101>

普段は落ち着いた物腰ですがステージに上がると一変、ダイナミックなダンスと甘い歌声で魅了する色男な一面も。

バラエティ番組にも出演したりとここ数年で露出も増えていますね。

Love-tuneではメンバーを支えるドラムを担当。ここでも安定感のある見事なドラムテクニックを披露しています。

萩谷慧悟 <出典:http://prcm.jp/album/801836196648d/pic/54733589>

萩谷くんが事務所に入ってから初舞台となったHey!Say!JUMPのデビューコンサートで、中島裕翔くんがドラムを披露したことでそのかっこよさに憧れドラムをはじめたそうです。

他のJr.メンバーにも可愛がられ、過保護に扱われているほどの愛されキャラ。

Love-tuneは年の離れたお兄さんたちに囲まれているので、そんな中で自由に生々と活躍してくれることでしょう!


実力派メンバーの揃ったLove-tuneの活躍が見逃せない!

今回はこれからグループとしての活躍が期待されているLove-tuneのメンバーをご紹介しました。

Love-tune <出典:https://twitter.com/zv9vz?lang=ja>

バンドとしてそれぞれがしっかりとしたスキルを持つのはもちろん、長くジャニーズJr.として活躍してきたからこそ歌やダンスといった基本スキルも秀でている彼ら。

『ジャニーズ銀座2016』ではSnow ManやTravis Japanと並んで公演数最多となり、さらにはこの公演の大トリも務めます。

今後さらなる活躍が期待されるので今から要チェックですよ♡

タグ Love-tune
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!