国民的アイドル軍団の生みの親!ジャニー喜多川のカリスマ性に迫る!

国民的な人気を誇るアイドルを次々と輩出する「ジャニーズ事務所」。

 

その生みの親であるジャニー喜多川とは一体どんな人物なのでしょうか。彼のプロフィールや性格、そして数々のエピソードを紹介する事によって、その核心に迫っていきたいと思います。

ジャニー喜多川のルーツ。アメリカナイズされた感性の持ち主!

1931年にアメリカ・ロサンゼルスで生まれたジャニー喜多川。幼少時代は主にアメリカで過ごしました。

 

1950年に美空ひばりのステージマネジメントを担当した事をきっかけに芸能界と関わりを持つようになります。

 

日本に帰国後の1960年代に、自ら少年たちを集め結成、コーチもしていた野球チームの「ジャニーズ」から有望な選手を選抜してエンターテイメント事業を興し、1975年「ジャニーズ事務所」として本格的な会社活動を開始します。

 

初期はたのきんトリオやシブがき隊、少年隊や光GENJIなどいわゆる「正統派アイドル」を前面にプロデュースしていましたが、SMAPの誕生以降はバラエティもこなせる万能アイドルの育成にも全力を注いでいきました。

 

アメリカナイズされた柔軟な考え方が、アイドルプロデュースにも発揮されたと言えるでしょう。

ジャニー喜多川 <出典:topicks.jp>


ジャニー喜多川の有名エピソードを紹介!彼のカリスマ性の秘密とは


ジャニー喜多川は、そのアメリカナイズされた人間性から、数々のエピソードを持ちます。

 

最も有名なものとしては、所属タレントは名前ではなく必ず「YOU!」と軽いノリで呼びかけるものです。

 

これには彼なりのポリシーがあり、どんなに若い子でも名前を呼び間違えられるとショックを受けるもの。だから誰に対しても「YOU!」と呼びかけているのです。

 

彼の優しさと他人に対する尊重がよく表れているエピソードといえます。

 

また、その軽いノリから例えば「YOU!今日家にきちゃいなよ!」と誘いをかけることがありますが、この「YOU!~しちゃいなよ」という言い回しがあまりにも独特なため、多くの所属タレントがモノマネをする現象も起きています。

あのアイドルも登場!ジャニー喜多川の不思議面白エピソード!

ジャニーズ所属アイドルのTOKIOの松岡昌宏とV6の井ノ原快彦は同い年で、事務所に入った時期も一緒で仲良しでしたが、この2人をジャニー氏はいたく気に入りました。

 

休日にいろいろな場所に遊びに連れて行ったせいか、松岡と井ノ原は彼のことを「遊び友達」と本気で思い、2人で「老後は一緒に面倒見ようぜ」と誓い合ったほどでした。

 

嵐の大野智はある時、熱を出したジャニー氏から「体温計を買ってきて」と言われ2万円を渡されました。

 

「2万円で他に買い物もしてきて良いという意味かな?」ととらえ、2万円分使い果たして戻ってきたところ「おつりは?」と激怒されたそうです。

大野智 <出典:visual-johnnys.com>

関ジャニ∞の横山裕は、デビューしたてでまだ大人しかったころ、ジャニー氏から「YOUは関西人なのになんでそんなに面白くないの!」と叱咤されたことがあったそうです。

 

しかし時が経つにつれ、人を「YOU」と呼ぶジャニー氏が、唯一彼のことだけはなぜか「ヨコ」と呼ぶようになりました。

横山裕 <出典:girlschannel.net>

以上見てきたように、ジャニー氏のエピソードは一見不思議なものもありますが、彼の人柄が垣間見えるものとなっています。

次に誕生するアイドルは?ジャニー喜多川の動向を見逃すな!

2015年の誕生日には、ジャニーズ事務所総勢100人以上のアイドル達がお祝いをしました。

 

それほど人を寄せ付けるカリスマ性のあるジャニー喜多川。今後、さらにどのようなアイドルを輩出していくのか、非常に楽しみなものとなっています。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ジャニーズの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!