6,850 views

女性のカリスマ!西野カナとchay、二人の意外な共通点とは?

今、10代から20代の女性の間で特に高い人気を集めている女性アーティストと言えば、やはりchayと西野カナでしょう。

 

この2人のアーティストにはさまざまな共通点があります。
そこをチェックすることによって、どうして、彼女たちが10代から20代の女性の心を掴んで話さないのかが見えてくるでしょう。

 

それでは、2人のこれまでの活躍、そして似ている点についてお話してみたいと思います。


◆意外と長い下積み時代…そして国民的歌手へ~西野カナ

今や国民的歌手として高い人気を集めている西野カナですが、意外と長い下積み時代を過ごしてきたことをご存じでしょうか?
Secret Collection ~RED~(初回生産限定盤)(DVD付)
彼女が音楽の世界に入ったきっかけは2005年に開催されたオーディション「スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」に母親が応募したことがきっかけでした。

 

そのオーディションで、なんと応募総数40000人の中からただ1人だけで勝ち抜いたのです。

 

その後すぐにデビュー、と思いきや、そう簡単には成功への道を歩むことにはなりませんでした。

 

2006年に大手のSMEレコーズと契約しましたが、当時16歳だった彼女に課されたのは厳しいボイストレーニングでした。高校の三年間、津軽民謡を習うなど、さまざまな形でのボイストレーニングを重ねることになります。

 

こうして高校を卒業し、すぐにデビュー…と思いきや、なかなかスムーズに事は進まず、2007年には相変わらずトレーニングを続けながら大学へ進学します。

 

そんな彼女の努力、そして実力が認められ、ようやくデビューすることができたのは2008年のことでした。

 

シングル「I」で待望のメジャーデビューを果たします。

<出典:www.youtube.com>
これ以降の活躍は皆さんもご存じの通りです。それほど苦労していないのでは?と思われている方も少なくないかもしれません。しかし、彼女の成功の裏には、このような涙ぐましい努力があったのです。

◆やっぱりchayも苦労の末に成功を掴んでいた!

一方、明るいキャラクターが特徴のchayも苦しい下積み時代を過ごしています。
好きで好きで好きすぎて(初回限定盤)
大学に入学すると同時に歌手を志し、さまざまなオーディションに応募したものの、まったく結果を出すことができませんでした。

 

そこで、スキルアップを目指すために、大学に通いながら同時に音楽専門学校へ通い、毎日6~8時間の歌やギターのレッスンを5年間、休まずに続けました。もちろん、高い才能を秘めていたことも事実で、なんとギターを手にしてからわずか3ヶ月でさまざまな楽曲の弾き語りができるようになったと言われています。

 

その後、ギター一本を片手に路上ライブなどの地道な活動を続け、2011年、ようやくデビューのチャンスを掴むことができました。

<出典:www.youtube.com>
そこからは順風満帆…と思いきや、デビューしてもなかなか思うような結果を出すことができません。そんな状況を打破するために、2013年、彼女は人気テレビ番組「テラスハウス」に本名でレギュラー出演をします。

 

これがきっかけとなり、ブレイクし、現在に至ります。

◆西野カナとchayの共通点は?

こうして、二人の歩んできた道を追ってみると、共通する点が多いことに気付くのではないでしょうか?
SEO的な画像名 <出典:rr.img.naver.jp>
共に、音楽を志し、成功を手にするまでに、長い時間をかけています。近年ではほとんど下積み経験がないままブレイクしてしまう若手歌手も多い中、二人は若くしてとても多くの経験、そして苦労を重ねています。

 

こういった経験が、歌詞や歌に現れているのではないでしょうか?

西野カナの「トリセツ」やchayの「あなたに恋をしてみました」が同世代の女性に共感され、多くの支持を得ることができたのは、こういった経験から、さまざまな角度で人の姿、そして自分自身を見つめてきたからでしょう。

 

容姿が似てる、と話題の二人ですが、意外なところに共通点があったのです。


カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!