2,476 views

メディアへの登場が少ないBUMP OF CHICKIN…彼らのタイアップ曲とは?

BUMP OF CHICKIN <出典:natalie.mu>
千葉県佐倉市出身の4人組ロックバンド、BUMP OF CHICKINは20~30代を中心に絶大な人気を誇っていますが、メディアへの登場はホトンドありませんでした。

地上波に初登場したのは2014年のミュージックステーションが初めてで、まさにメジャーデビューからは15年目の事でした。

そんな彼らのタイアップ曲の数々をご紹介します!!

 

今年発売されたBUMP OF CHICKINの新曲は、両A面タイアップ!!

過去のBUMP OF CHICKINのタイアップ曲は、ドラマの主題歌・挿入歌をはじめ、映画の主題歌や、ゲーム・CM曲までさまざまありました。

今年2015年4月には、両A面タイアップ曲をリリース。
「Helloworld」は、TVアニメ「血界戦線」のテーマソングとして書き下ろされ、「コロニー」は昨年公開された映画の続編「寄生獣完結編」の主題歌として書き下ろされました。

<出典:www.youtube.com>

また、過去には「ONEPIECE」「ALWAYS三丁目の夕日」の映画主題歌も書き下ろしています。
メンバー4人ともONEPIECEファンだったためタイアップが実現したとも言われ、同アニメにピッタリな曲「Sailing day」が使われました。

<出典:www.youtube.com>
「ALWAYS三丁目の夕日」も監督さんの熱望で実現し、シリーズ2作目と続く3作目の主題歌を担当。

このほか「友達の唄」が映画ドラえもんの主題歌になっています。
多くの映画監督からの熱烈なラブコールがあるのはすごいことですよね・・・!


 




BUMP OF CHICKINの曲をモチーフに作られたドラマがあった!?


メジャーデビュー後の2002年に放映されたフジテレビ系のドラマ「天体観測」は、彼らの2ndシングルのタイトルで、この曲をモチーフにドラマが作られたと言われています。
2001年に発売された同曲はスマッシュヒットとなり、10年以上経った今でも、カラオケランキングの上位に入るなど親しまれています。

<出典:www.youtube.com>

「天体観測」を収録したアルバム「jupiter」から「StageOfTheGround」「メロディーフラッグ」「ベル」などの数々の名曲が挿入歌として使用されました。
インディーズ時代に出されたアルバム「FLAMEVEIN」「LIVINGDEAD」からも「リトルブレイバー」「ベストピクチャー」「リリィ」などの名曲が使われていました。





タイアップはドラマ・映画だけじゃなく、ゲームの主題歌やCM曲にも。

2005年に発売された「カルマ」は、ゲーム「テイルズオブジアビス」のテーマソングに起用され、また同曲を収録したサウンドトラック集が、ヴォーカルの藤原基央が「MOTOO FUJIWARA」名義で2006年に発売されました。

<出典:www.youtube.com>
CMでも流れていたので、耳にした人は多いかと思います。
また、2006年に発売された「涙のふるさと」はロッテのCMソングに起用され、2011年には、ゲーム「ファイナルファンタジー零式」の主題歌「ゼロ」が発売されました。


 

メディアの露出が少ないけど…カリスマ性は類を見ない!

BUMP OF CHICKIN <出典:matome.naver.jp>
メディアへの登場が少なく、謎に包まれた部分が、カリスマ性にもつながるBUMP OF CHICKIN。
そんな彼らの曲が注目されないわけがありません。

タイアップが多いのは、BUMP OF CHICKINの曲が多くの人々の耳に届き、響いているからではないでしょうか。

カテゴリー
コメントを投稿する

1 件のコメント

  • 新井美希 より:

    最近アニメ血界戦線の影響で好きになった
    チャマはTwitterとデザインのプロデュースしてるから凄い
    ボーカル藤原さんとファンのきにかける優しさを持ってますよね
    藤原さんの曲はかっこいいです
    hello.worldとカルマ、天体観測が
    すきです隠し曲はおもろいです

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!