3,533 views

ミュージシャン、俳優、文筆業とマルチな才能を発揮している星野源。その魅力とは。

ミュージシャン、俳優、文筆業とマルチな才能を発揮している星野源。その魅力とは。


星野源 <出典:http://by-s.me/article/256264284556924756>


フジロックを始め、多くの音楽フェスの出演経験があり、CDショップに行けば専用コーナーが設置されるほどの愛され具合。雑誌の表紙をいくつも飾り、ドラマやCM、コント番組でもよく見かける星野源。その人気の秘密はどこにあるのでしょう。


実力派の人気ミュージシャン!


星野源 <出典:http://natalie.mu/music/news/168636>


もともとはSAKEROCKというインストゥルメンタルバンドのリーダーで、ギターとマリンバの担当細野晴臣に声をかけられ、30歳になる手前でシンガーとしてデビューしてからは、そのしみじみと心に沁みわたる歌詞と音楽性で徐々に人気を博してきました。CDショップ店員が選ぶCDショップ大賞の準大賞を受賞するなど、音楽好きの人々に支持されるミュージシャンでもあります。

お通夜の情景や亡くなった友人のお墓参りなど、自身がくも膜下出血で倒れる前から死を意識させる作品がいくつかあったのですが、倒れてから完全復活するまでの体験を経た後の作品は、さらに聴く者の胸の奥に響く、渾身の作となっています。


大人計画に所属する俳優、そしてユーモア感覚。


星野源 <出典:https://twitter.com/ume1001na/status/665770950210682880>


舞台やドラマを始め、映画では新人賞を受賞していますが、実はお笑いも好きで、コント番組にも出演しています。ドラマで共演したことのあるバナナマンにはライブのオープニング曲を提供しており、バナナマンのラジオ番組では日村に毎年バースデーソングを贈るのが恒例となっています。毒のあるブラックユーモアの中にも愛のある歌詞は、ラジオリスナーからも絶賛の的です。

また、自身のライブにも有名ミュージシャンからのメッセージと称して、バナナマン、椿鬼奴、レイザーラモンRGなどのVTRを流しています。

エッセイ、コラムなど文筆作品も面白い!

ユーモアセンスをあわせ持つ星野源は、その文章にも定評があります。 学校に行くことができなかった多感な時期の話や、くも膜下出血で倒れ、一度あちらの世界を垣間見た経験を語るシリアスな文章。かと思うと、下ネタを登場させ場を和らげる脱力感、そのユーモア感覚が絶妙です。人生の先輩でもある著名人を相手に、深く真面目な話からくだらないことまで緩急のついたテンポで進む対談集もおすすめです。

星野源 <出典:https://www.amazon.co.jp/%E5%83%8D%E3%81%8F%E7%94%B7-%E6%98%9F%E9%87%8E-%E6%BA%90/dp/4838725191>


星野源の文章には、彼の人間性、また、どうやってその音楽や演技などの表現が紡ぎだされてくるのかを知るエッセンスがちりばめられています。

星野源 <出典:https://www.youtube.com/watch?v=K65IhSyGpH0>



面白いものを追求したいという純粋な好奇心が、音楽、演じること、文章を書くことへとかり立たせ、その多彩な才能が相乗効果で広がっていき、私たちを魅了するのでしょう。

これからの星野源もますます見逃せません。

カテゴリー
タグ 星野源
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!