3,660 views

動画サイトでの総再生数が6億回以上!!新世代ユニット「Goose house」

さまざまなシンガーソングライター同士からなる新世代音楽ユニットGoose house(グースハウス)。動画配信サイトYouTubeでは総再生回数が6億回を超えるなど今最も人気のユニットと一つです。

今回はGooseHouseのメンバーのプロフィールを楽曲紹介や主な活躍とともにご紹介します。

GooseHouse <出典:www.takemuratomoki.com>

インターネット上で活動!Goose houseの経歴

GooseHouseはさまざまなミュージシャンたちが「ハウス」と呼ばれる部屋に集まって楽曲制作などを行っています。

グループ名の由来は「goose」はガチョウという意味ですが、渡り鳥の鴈(wild goose)。1羽では出来なくても群れならばできるという期待からつけられました。
活動は動画配信サイトなどインターネット上で主に活動を行っています。

GooseHouse <出典:www.youtube.com>

前進は2010年に結成された「PlayYou.House」(プレイユーハウス)。日本のシンガーソングライターたちがシェアハウスでの共同生活をしながらインターネット上を中心に音楽活動を行っていました。

後進のGoose houseのメンバーはシェアハウスを行ってはいません。2011年3月に東日本大震災の影響も有り活動を終了しましたが、1ヶ月の4月に活動を再開。

2012年に現在のグループ名に改名し、活動1周年の記念ライブを行いました。

ロゴはGoose houseのooが∞の要に2つが繋がっていて、その下に黄色の菱形があり、鴈の顔を表現しています。

GooseHouse <出典:prcm.jp>


グループ外でも活躍!GooseHouseのメンバープロフィール

工藤秀平(くどうしゅうへい)さん。愛称はくどしゅう。元Goose houseのメンバーでもある木村正英さん(きむらまさひで)と共にボーカルユニット「K.K.」としても活動しています。

工藤秀平 <出典:goosehouse.blog.so-net.ne.jp>

竹渕慶(たけぶちけい)さん。愛称は慶ちゃん。現在は無期限活動休止である「tetra+」(てとらぷらす)として活動していました。

竹渕慶 <出典:matome.naver.jp>

竹澤汀(たけざわみぎわ)さん。愛称はみぎちゃん。ソロとしても活動しており、「海の見える街」は映画「江ノ島プリズム」の挿入歌にも起用されました。

竹澤汀 <出典:chikuski.com>

マナミさん。愛称はまなみん。2人組女性ボーカルユニット「アニーポンプ」のメンバー。また現在は活動を休止していますが、「THE KERTI OKKAR」(ザ・ケルティオーカー)にも所属しています。

マナミ <出典:goosehouse.blog.so-net.ne.jp>

沙夜香(さやか)さん。愛称はさや姉。現在までGooseHouse以外での活動は行っていません。

沙夜香 <出典:goosehouse.blog.so-net.ne.jp>

齊藤ジョニー(さいとうじょにー)さん。愛称はジョニー。ソロでも活動しており、また俳優として映画にも出演しています。

齊藤ジョニー <出典:6109.jp>

ワタナベシュウヘイさん。愛称はわっしゅう。現在は活動休止中のモノクロカラーに所属しています。

ワタナベシュウヘイ <出典:www.net-allstars.org>

再生回数は1000万回以上!!Goose houseの活動と楽曲紹介

2012年には初のフルアルバム「Wandering」がオリコンデイリーチャートで7位を記録。2013年には初のライブツアーを開催。



2014年にはアニメ「銀の匙 Silver Spoon」のエンディングテーマに起用された1stシングル「オトノナルホウヘ→」がオリコン14位にランクイン。YouTubeでは再生回数が700万回を超えています。



同年には2ndシングル「光るなら」がアニメ「四月は君の嘘」のオープニングに起用されオリコンで11位、2015年11月現在Goose houseでの最多再生回数であり、1200万回を超えました。



著名人もファン!GooseHouseの今後の活躍

メディアでの露出は少ないですがインターネット上では知らない人はいないほどの人気音楽ユニットGoose house。

ベッキーさんや須賀健太さん、DaiGoさんなど数々の著名人もファンだと公言しており、今後の活躍にいっそう期待が高まります。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!