謎の女子中学生8人による話題のバンド!「五五七二三二〇」って?

皆さんは「五五七二三二〇」をご存知ですか?

五五七二三二〇 <出典:natalie.mu>

五五七二三二〇は女子中学生8人によるギター5×ドラム3という変則的な構成のバンドです。

 

デビュー前に1stシングル「半世紀優等生」のショートMVが公開されたところから音楽ファンの間で瞬く間に話題となり、注目を集めました。

 

今回はそんな五五七二三二〇について、謎の多いメンバーについてや楽曲の紹介などをお届けしていきます。

鮮烈デビューを果たした五五七二三二〇

 

2015年3月3日に突如アーティストイメージと1stシングル「半世紀優等生」のミュージックビデオ(ショートバージョン)が公開され、五五七二三二〇は活動を開始。読み方は「ゴー・ゴー・ナナ・ニー・サン・ニー・レー」です。

 

そのクオリティの高い楽曲とハイセンスな音楽性、変則的なバンドの構成や謎に包まれたメンバー、そして「五五七二三二〇」というユニット名など、多くの要素が話題となり音楽ファンから大注目を浴びる存在になりました。

 



五五七二三二〇の正体とは?


"女子中学生"ということ以外は何も明かされず謎だらけだった五五七二三二〇のメンバーですが、2015年3月19日に新宿ステーションスクエアにて行われた日清シスコ株式会社のお菓子「ココナッツサブレ」の発売50周年記念キャンペーンのイベントにて、そのメンバーがアイドルグループ「私立恵比寿中学(エビ中)」のメンバーだったことが判明。その場で初ライブも行われました。

 

ベース以外の楽器の演奏もちゃんとメンバー達が行い、ギターを星名美怜、松野莉奈、廣田あいか、柏木ひなた、真山りかが担当。ドラムを小林歌穂、安本彩花、小林莉子がそれぞれ担当しています。

 

半世紀優等生

 

「五五七二三二〇」はココナッツサブレ発売50周年記念キャンペーン"おかしなイメチェン"の中の企画として私立恵比寿中学とのコラボで生まれたものだったのです。

 

バンド名・五五七二三二〇の意味は「ココナッツサブレ」を漢数字で表したものですね。

 


五五七二三二〇の楽曲紹介

ただの企画で終わらせるのはもったいないハイクオリティな五五七二三二〇の楽曲をご紹介いたします。

 

半世紀優等生

 



 

2015年3月25日に配信が開始した五五七二三二〇のデビュー曲です。

 

ロックバンド・RIZEのベーシスト、KenKen提供による楽曲。とてもアイドルがやっているとは思えないようなソリッドでアグレッシブなアプローチで、ポストロックやハードコア・パンクの要素も含んだクールなナンバーに仕上がっています。

 

歌詞では10代の少女たちの自己変革の想いと共に、50年間(半世紀)変わらずに優等生キャラで過ごしてきたココナッツサブレの悩みと願望が歌われています。

 

ポンパラ ペコルナ パピヨッタ

 



 

10月5日に先行配信、私立恵比寿中学のシングル「スーパーヒーロー」の初回限定盤Aにも収録されている五五七二三二〇の2曲目です。

 

テーマは"合唱"。作曲・編曲を菅野よう子が手がけており、前作とは全く異なる方向からのアプローチのアバンギャルドでシアトリカルなプログレッシブ・ロックに仕上がっています。

 

ミュージックビデオもかなりインパクトが強く、昔のカルト映画やシュルレアリスムを思い出させるような凝った作りになっており、かなり見応えのある作品になっています。

五五七二三二〇は企画とは思えないクオリティ

「ココナッツサブレ」の発売50周年記念キャンペーンの中で生まれた五五七二三二〇でしたが、とてもそれだけで終わらせるには勿体ないクオリティの作品をリリースしており、多くの音楽ファンから次の作品を望む声が挙がっています。

 

あるかどうか定かではないですが、五五七二三二〇の今後の活動にも期待しましょう!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!