中田ヤスタカとこしじまとしこによる音楽ユニットCAPSULE!その魅力とは・・・

CAPSULEの故郷は金沢?結成のエピソード!

CAPSULEの原型は中田ヤスタカのソロプロジェクトとして、彼プラス様々なアーティストという形で活動していた頃にさかのぼります。




その頃、地元金沢で音楽仲間を通してこしじまとしこと出会い、彼女とのコラボレーションが好評だったことからcapsuleを結成、地元で就職していたこしじまとしこが上京し、CDデビューすることになりました。




CAPSULEは作曲や演奏、アレンジなどすべての制作を中田ヤスタカが担当していますが、一方で「声ありきで音をつくっている」とインタビューで述べています。こしじまとしこはCAPSULEについて「なかなか辞められないバイト」と述べていることからも、ユニットにおける二人の関係性をうかがい知ることができるのではないでしょうか。



CAPSULE
<出典:sp.natalie.mu>





その優れたセンスに音楽業界以外からも注目!


中田ヤスタカはPerfumeきゃりーぱみゅぱみゅをはじめ、様々なアーティストのプロデューサーとしても知られています。また「スター・トレックイントゥ・ダークネス」の挿入曲やカイリー・ミノーグへのリミックスの提供など、国内外で目覚ましい活躍をしています。

CAPSULEにおいては作曲や演奏、アレンジ、エンジニアリングなどの音楽的側面だけでなく、ジャケットなどのアート・ワークやデザインも自らプロデュースしています。



WAVE RUNNER
<出典:www.cinra.net>




その自由奔放かつ刺激的な作風は音楽界のみならず服飾や美容、映像などのクリエイティブな業界からも多くの支持を集めているほか、DJとして多くのレギュラー・パーティを主催しています。





中田ヤスタカ
<出典:live3.info>




CAPSULEおすすめ曲3選!

CAPSULEのデビューマキシシングル「さくら」は彼らの曲の中でも人気の高い曲です。当初のcapsuleの特徴でもあった中華風テクノポップサウンドは大きな話題となり、テレビ番組のお天気コーナーでも使われました。





<出典:www.youtube.com>






またドラマ「ライアーゲーム」の挿入曲としても使われた「Sugarless Girl」も有名な曲ですね。アンニュイな雰囲気をかもしながらも開放感を感じさせてくれる曲です。




<出典:www.youtube.com>




大文字表記となって初のアルバム「CAPS LOCK」に収録されている「CONTROL」はテクノでありながらノイズミュージックなども思い起こさせるなど、彼らの新たな始まりを予感させてくれます。






<出典:www.youtube.com>







レーベルを移籍し、世界展開も視野に!

初のベストアルバムとなった「FLASH BEST」より4年後、それまでの小文字のcapule表記から大文字の表記になったCAPSULE。レーベルも移籍し、まさに第二章が始まったと言えるでしょう。

ワールドワイドなレーベルに移籍したことで、今後の世界展開にも期待している人は多いのではないでしょうか。

タグ CAPSULE
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!