5,554 views

人気急上昇中!ファンが選ぶ星野源のおすすめ楽曲五選

星野源 YELLOW VOYAGE <出典:top.tsite.jp>

「2015年に一番人気が急上昇した男」と言っても過言ではないのが星野源さんです。

2015年には初の紅白歌合戦出場。昔から親交が深いバナナマンの二人の紹介から始まった彼のステージはとても感動的であり、印象強い人も多いのでは?

今回は、現在大ヒットアルバム「YELLOW DANCER」を引っさげての全国ツアー「YELLOW VOYAGE」の真っ最中である星野源さんについて、これを聞けば「星野源の音楽がわかる!」オススメ楽曲5曲をご紹介します。

ツアーに初めて行く人は、これを参考にして参戦するのもアリですよ!

2015年、星野源の名刺代わりとなった「SUN」

ドラマ「心がポキッとね」の主題歌でもあることから、CD発売前から既に人気を集め、2015年の紅白でも歌ったのが「SUN」という曲です。
この曲は星野さん本人も「2015年一番歌った曲」と語るとおり、全国各地でこの楽曲が流れて大ヒットナンバーとなりました。



「特に理由もなく盛り上がれる曲」であるSUNですが、実はこの曲は元々前向きな歌ではなかったとか。
そのため、コード進行や歌詞などに注目してみるとネガティブにも聞こえるという不思議な楽曲です。

お風呂で生まれた名曲「くだらないの中に」


次に紹介するのは、星野源さんのファーストシングル「くだらないの中に」です。日常を歌にすることに定評のある星野源さん。星野さんの初期の楽曲は、優しいギターの弾き語りを中心とした物が多く、彼を語るには外せない一曲でしょう。



アルバム「ばかのうた」で歌手活動をスタートさせた星野源さんですが、当時はその後のリリースが未定でした。
当時、所属レコード会社の彼の担当の方が上司とかけ合って説得し、なんとかシングルリリースまでこぎつけてくれたそうです。

しかしそのシングル制作が思うようにいかず、悩みながら入ったお風呂場で思いついたのがこの「くだらないの中に」でした。

かしゆかや神木隆之介も歌った!?「老夫婦」

星野源 ひとりエッジ <出典:www.cinra.net>

「夢の外へ」「Crazy Crazy」などノリの良い曲も増えてきましたが、星野さんの楽曲の中でも隠れた名曲が「老夫婦」です。明るい楽曲の影に隠れがちですがこれまでのライブでもよく披露されており、ファンにも人気の一曲です。ファーストアルバム「ばかのうた」の中に収録されています。

2015年8月12日・13日に日本武道館で行われたライブ「星野源のひとりエッジ in 武道館」。星野さんはこのライブにゲスト出演してくれた神木隆之介さんやPerfumeかしゆかの前で「老夫婦」を披露し、最後はゲスト二人にも一緒に歌ってもらうという微笑ましい展開に。

かしゆかに歌ってもらった後、星野さんは「(歌ってもらった数秒を)録音してあるはずだから、後で楽しみに聞きます」というような発言し、かしゆかはドン引き。慌てて星野さんが「嘘だよー!!そんな気持ち悪いことしないよー!!」と弁解し、会場に来たお客さんを笑わせました。


星野源の復活を待ちわびる中発売された「地獄でなぜ悪い」

次にオススメするのは「地獄でなぜ悪い」。タイトルの通り「地獄」を連想させる、おどろおどろしいイントロから始まるこの曲は、星野さんも出演した映画「地獄でなぜ悪い」の主題歌になりました。



2012年にくも膜下出血で倒れて芸能活動を休止、その後の定期検診でさらなる措置の必要ありとの判断を受け、再び星野さんは活動休止を余儀なくされました。

二度目の活動休止中にリリースされた「地獄でなぜ悪い」は、既に活動休止前に完成されていたそう。しかし、この曲には最初の活動休止の際に感じた闘病生活の辛さや、その「地獄」から這い上がろうとする星野さんの力強い気持ちが存分に感じ取れるものとなっています。


最新楽曲「時よ」はCMタイアップ曲!

最後に紹介するのは最新アルバム「YELLOW DANCER」のリード曲「時よ」です。通信講座ユーキャンのCMタイアップ曲となったこの曲は、テレビで一度聴いたことがある人も多いはず。



PVでは電車の駅員に扮した星野さんとダンサーが不思議なダンスを披露しています。思わず電車に乗ったら聞きたくなるような疾走感がこの曲の魅力。今回のツアー「YELLOW VOYAGE」でも歌われること間違いなしなので、一度も聴いたことがない人はぜひPVを見ることをオススメします。

独自の音楽性を追求し続ける星野源

星野源 YELLOW VOYAGE <出典:top.tsite.jp>

現在行っているツアーも3月14日に日本武道館、3月21日に大阪城ホールでの追加公演が決まり、ますます星野源さんの人気は加速しています。

邦楽ロックが溢れている今の日本のJ-POP界で、彼にしかできない音楽作りを続ける星野源さん。歌手・俳優・執筆家などと様々な顔を持つ星野源さんの活躍に今後も目が離せません!

カテゴリー
タグ 星野源
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!