6,520 views

かわいいだけじゃない!今知っておくべき実力派ガールズバンド3組

ブーム再来!今知っておくべき、かわいいだけじゃない実力派ガールズバンド3組

ねごと <出典:okmusic.jp>

ガールズバンドというとプリンセス・プリンセスZONEを思い出す人が多いでしょう。ZONE以降しばらく有名どころが不在だったガールズバンドですが、今再びブームがやってきています。

かわいいだけではなく演奏技術もピカイチのSCANDAL、読者モデルたちを中心に結成されたSilent Siren、友達同士で結成したねごと
ブーム再来となった今、知っておくべき注目ガールズバンドとしてこの3組をご紹介しましょう!

■読モだけで結成された美しすぎるガールズバンド・Silent Siren



<出典:youtube.com>

ガールズバンドというと可愛い女の子たちが揃っているバンドというイメージですが、SCANDALはかわいいだけではない、しっかり演奏もこなすガールズバンドです。ボーカル・ギター担当のHARUNA(ハルナ)ギター・コーラス担当のMAMI(マミ)ベース・コーラス担当のTOMOMI(トモミ)ドラムス・コーラス担当のRINA(リナ)の4人組です。

SCANDALはキャレスボーカル&ダンススクール大阪校に在籍していたTOMOMIとRINA、そして名古屋校に所属していたHARUNAとMAMIが出会って結成されました。結成当初は「城天」で知られる、多数の有名バンドを輩出した大阪城公園でストリートライブを行っていましたが、やがて関西地方のライブハウスでも演奏をするようになります。

2007年にはPSP用ゲーム『スターオーシャン2 Second Evolution』のテーマソングに抜擢され、2008年にインディーズデビュー。TOWERインディーズチャートで初登場2位を獲得、全米6都市でツアーに参加し、合計7,000人以上の観客を動員するという快挙を成し遂げます。

フランスで開催された世界最大のジャパンカルチャーフェスティバル『Japan Expo』、香港で開催された『第10回アニメコンベンション&ゲームス香港』に参加し、2008年10月22日にエピックレコードジャパンからメジャーデビュー。

2009年には第51回『輝く!日本レコード大賞』で新人賞を受賞し、2012年には結成5年7か月にしてワンマンライブを行っています。2015年には初のワールドツアーから世界8カ国10公演の様子を納めたドキュメント映画『SCANDAL Documentary film「HELLO WORLD」』が公開されています。


■今の状況に一番驚いているのはメンバー本人?ねごとのプロフィール


<出典:youtube.com>

高校時代の友達同士で結成したバンドからメンバーの脱退や解散、幼馴染みの加入などを経て2007年に結成されたガールズバンド。結成当初は楽しくコピーをすることが目的のゆるいバンドでした。

2008年には初ライブを行い、思い出作りにロックフェス「第1回閃光ライオット」に応募したところ本戦出場を決め、審査員特別賞を獲得。それがきっかけとなり、大学進学とともにバンド活動を本格化します。

自主企画ライブはどれも完売、vol.4ではチケットが即日完売になるほど話題に。そして2010年には遂にメジャーデビュー。ライブを中心にして活動し、2015年には『DESTINY』がアニメ『銀魂』のエンディングテーマに決定したり、初の全国ワンマンツアーが実施され、あれよあれよという間に本人たちもビックリの大物アーティストとなりました。

■読モだけで結成された美しすぎるガールズバンド・Silent Siren


<出典:youtube.com>

2010年に読者モデルたちを中心に結成され、2012年にすぅひなんちゅあいにゃんゆかるんという現在の4人組となったガールズバンドです。2012年にデビュー、モデルがメンバーのバンドらしく「東京ガールズコレクション」のオープニングアクトに抜擢されたことで注目を集めます。

その後、11月にドリーミュージックからメジャーデビューを果たしています。ライブやフェスを中心に活動しており、2015年11月には11thシングル『alarm』のリリースが予定されています。

■なぜ今、再びガールズバンドなのか?

SCANDAL <出典:plus.google.com>

これまでにもガールズバンドのブームらしきものはありましたが、それと今回の違いは明らかに演奏や音楽性のレベルです。女の子のバンド=ガールズバンドというだけでなく、求めている音楽性を追求している人がたまたま女の子だった、というのが今のガールズバンドです。

これからも実力派ガールズバンドは増えていって、日本の音楽シーンをリードしていく存在になってくれるかも知れませんね。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!