7,872 views

謎だらけの『凛として時雨』の独自の音楽性とメンバーの素顔とは!?

凛として時雨楽曲の特徴


凛として時雨はギター、ドラム、ボーカルといったシンプルな構成ながらも、エンジン音のようにビートの効いたドラムと冷たく鋭い感覚が体を貫いていくようなスピード感と鮮烈さが強烈なバンドです。

テレビアニメ「サイコパス」の主題歌として起用されたり、ニンジャスレイヤーフロムアニメーションのエンデイングテーマに抜擢されるなど、その音楽性と実力を高く評価されている注目のバンドです。

重厚なメロデイからギターのソロに変調するなど個性的なアレンジも耳に残りやすく印象的です。


凛として時雨
<出典:basement-times.com>





凛として時雨が"変態アルペジオ"を採用する理由



分散和音として知られているアルペジオですが、キーが飛ぶことをあえて楽曲の魅力として取り入れてアレンジする手法の変態アルペジオを楽曲にいつも使用しているのが凛として時雨です。

楽曲が同じような印象になるのではなく、エモーショナルな旋律、メロディアスな曲調、ダイナミックな圧倒感など楽曲に応じてミキシングだけでなくボーカルの発声や発音も技巧的にアレンジされています。

ずれとスピードを組み合わせた変態ドラムは他のバンドにはまねできない凛として時雨だけの専売特許としてファンからも認知されています。

高速と高度な外しテクニックと驚異的なテンションを維持するために採用されているシステムなのです。


凛として時雨
<出典:tower.jp >



凛として時雨メンバーの素顔


凛として時雨のメンバーはTK345はツインボーカル、ピエール中野はドラムを担当しています。345の本名は美代子でもともとはギター担当でしたが、高音を生かしてツインボーカルへと転向しました。TKは本名北嶋徹でTKfrom凛として時雨でソロとしても活躍しています。

新世代のロックバンドとして注目され、アニメ「サイコパス」の主題歌に起用された時、狂気と静寂の共存のイメージにぴったりといわれたほどです。邦楽の概念を覆したバンドといわれており、ぶっ飛んでいるにもかかわらず聞けば聞くほど癖になります。オリジナリテイが強すぎて好みが分かれるところです。

TKは寡黙でミステリアスですが、お笑いが好きで茶目っ気のあるいたずらっ子のような純粋なところがあります。345はステージ上では歌姫だけれど、普段は大人しくあがり症、ピエール中野は下ネタ好きで明るくてみんなを笑わせるのが大好きという3ピースバンドです。


凛として時雨
<出典:www.billboard-japan.com>




凛として時雨を聞くなら


凛として時雨を聞くなら、アニメ「サイコパス」を見て世界観を感じてから聞くのがおすすめです。いきなり凛として時雨を聞いてしまうとあまりのぶっ飛び方についていけなくなるかもしれないからです。そしてぜひライブに足を運んでみてください。新しい可能性の世界が広がるはずです。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!