ポケモンでおなじみ!佐香智久さんの魅力とほとばしるポケモンへの愛がすごい

「ポケットモンスター XY」のオープニング主題歌でもお馴染みの佐香智久さん。

まさにポケモン世代とも言える彼は、作品をこよなく愛するがゆえにこだわりすぎちゃう『ポケモンガチ勢』だった!?
佐香智久 <出典:http://allin8.net/musician/sakou-tomohisa/>
現在、「ポケモンキャラソンプロジェクト」の総合プロデューサーとしても活躍する佐香智久さんが手掛けるポケモンソング、そして彼のこれまでの活動やその魅力に迫っていきたいと思います。

ネットシーンから飛び出した『少年T』こと佐香智久さん

佐香智久さんは2009年頃からニコニコ動画の「歌ってみた」シーンで『少年T』名義での活動を行っていました。


<出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm26623809>
小さいころからアニメやゲームで一人遊びが多く、家に音楽を聴くような環境もなかった佐香さん。そんな彼が音楽を始めるきっかけとなったのは高校時代の文化祭でのこと。

友達に乗せられ、アコースティックギターの弾き語りを披露したところ評判がよく、初めて人に褒められ、歌うことの楽しさを知ったそう。

当時、北海道に住んでいた佐香さんは路上ライブでギター片手に弾き語りをしていましたが、冬はあまりの寒さに外で活動できず、そんな時に見つけたのがニコニコ動画でした。



<出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm16677957>
それ以降、ボカロ楽曲を中心にJ-POPカバーなども多数投稿し、その歌声はまたたく間に話題の中心に。

聴く人を選ばないその王子様のような爽やかな歌声は、「癒やし声の神」と評されています。

アニメタイアップも続々!佐香智久さんの楽曲の魅力って?

VOCALOIDシーンを牽引するDECO*27さんの代表曲『愛言葉』でメジャーデビューすると、2ndシングル『ずっと』はアニメ「君と僕。」2期OPに決定!

<出典:https://www.youtube.com/embed/S3r4Wk45VzU>
ほのぼのとした青春を描くアニメ本編にふさわしい甘酸っぱい楽曲で人気も知名度も急上昇。

その後リリースした5thシングル『僕たちのうた』はアニメ『絶園のテンペスト』のEDに起用され、何気ない毎日・日常・周りの人たちの大切さを紡いだ歌詞と優しい歌声でアニメを彩りました。

<出典:https://www.youtube.com/embed/353yvM6YF2c>
佐香さんの楽曲は、なんといってもその柔らかで優しい歌声が魅力ですが、その歌詞もまた、素直でわかりやすいだれでもが共感してしまうようなものばかり。

きいていると背中を押してくれるような、寄り添ってくれるような気持ちになれるのは、佐香さんが自身の楽曲を自己表現としてでなく『誰かのための音楽』でありたいと願い、制作しているから。

アマチュア時代から持ち続けているこの気持ちは、メジャーデビュー後も忘れずに大切にしているそうです。

彼の優しい歌声の秘密は、そんな温かな彼の性格からにじみでるものなのかもしれませんね。

大好きな作品のために。ポケモン主題歌に溢れる愛がすごい!

佐香さんが一躍注目を集めるきっかけとなったアニメ「ポケットモンスターXY」OP主題歌『ゲッタバンバン』。

<出典:https://www.youtube.com/embed/JWmVdjWqSa8>
幼いころから大のポケモン好きで、そんな作品に携われるということは佐香さんの夢が一つ叶った瞬間でした。

OP主題歌となった『ゲッタバンバン』は、技やポケモンに関するワードを入れ込んだ、往年のポケモンシリーズのOPを彷彿とさせる一曲。

アーティストとして、ポケモンファンとして、どこまでワードを盛り込むかなど作詞が難しかったと語っています。


タイトルの『ゲッタバンバン』は主人公のサトシや聴いている子供たちが目標や夢や明るい未来をバンバンゲットしてほしいという気持ちが込められていて、子どもたちが歌いやすい印象的なサビと振り付けがとってもかわいい応援ソングになっています。


ポケモン楽曲は、曲をきくと同時にサトシたちの冒険の記憶がフラッシュバックするという方もきっと多いはず。ファンだからこそ感じるそんなところも意識して作ったようですよ。

そして「ポケットモンスター XY」でサトシと一緒に冒険している・シトロンのテーマ曲となっている『キラキラ』は、シトロンがサトシに向けて書いた手紙というイメージになっています。
サトシ シトロン <出典:http://pokemon-matome.net/articles/71283.html>
なんとポケモン主題歌が決定する前からこの曲を作っていたというから驚き!前から「ポケモン」をイメージした曲を書いていた佐香さんの楽曲をスタッフの人が聴いてぜひシトロンのテーマに!となったそう。

『キラキラ』もポケモンを連想させるワードが散りばめられていて、思わず駆け出したくなってしまうような爽快感がありますが、なんといってもシトロンのサトシへの想いが物語とリンクしていて作品とあわせて聴くことで違った良さが見えてくるのです。

この曲を作った時に、佐香さんは物語の展開を知らないはずなのに、ぴったりマッチしてしまうなんてこれもポケモン愛の強さですね!

ポケモンを愛するがゆえのこだわりが引くほどすごい

ポケモンへのひたむきな愛をじしんの楽曲に詰め込んでいる佐香さんの楽曲は、ポケモンファンからも絶賛の嵐!
佐香智久 <出典:http://www.musicman-net.com/artist/50073.html>
現在進行中のプロジェクト『ポケモンキャラソンプロジェクト』の総合プロデューサーとしてサトシたちの冒険を盛り上げるために奮闘中です。

そんな佐香さんですがポケモンへの愛がほとばしりすぎるガチ勢らしく、Twitterでもときたまファンを置き去りにポケモン談義を繰り広げています。





なとポケモンオンラインゲーム大会で世界15位というガチっぷり・・・。

ポケモンORASでは全国図鑑を完成させるなど、ポケモンへの愛はホンモノのようです(笑)

みんなのために歌う。佐香智久さんのあふれる愛が素敵すぎる

佐香智久 <出典:http://getnews.jp/archives/1160144>
ポケモン楽曲に関わらず、自身と重ねながら、『誰かのため』に歌い続ける佐香智久さん。

聴く人に一対一で語りかけてくれるその歌は、一度聴いたら虜になってしまうこと間違いなし!ポケモンキャラソンプロジェクトの今後、そして佐香さんの活躍にこれからも目が離せません!


▼佐香智久Official Website
http://www.sakotomohisa.com/

▼ポケットモンスターオフィシャルサイト
http://www.pokemon.co.jp/

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!