4,542 views

繊細な声とキャッチーなメロディでハマる!ココロオークションまとめ

若い世代を中心にジワジワと人気を拡大している次世代バンド、ココロオークション

メンバーのプロフィールと楽曲紹介をします!これを読めばココロオークションにハマってしまうこと間違いなしです!

ガラス細工のような繊細な声。ココロオークションとは・・・?

ココロオークションとは、関西大学軽音楽部員が集まり結成された3ピースバンドです。

ココロオークション <出典:cocoroauction.com>

粟子真行(Vo. Gt.)、大野裕司(Ba.)井川聡(Dr.)で構成されており、リーダーはBa.の大野さんです。

さて、ココロオークションが好きだ!という人に、どこが好きなの?と聞いたらおそらく全員がVo.粟子さんの声をまず挙げることでしょう。一部ではBUMP OF CHICKENのVo.藤原基央さんに似ているとも言われているようです。まるでガラス細工のような繊細さに涙を流した人も少なくないでしょう。

メロディも凄くキャッチーです。一回聞けば、そこに淡い恋の甘酸っぱさも、熱いパッションも閉じ込めることができる粟子さんの才能をひしひしと肌で感じることができるでしょう。


ココロオークションの楽曲


一番知名度として上なのは「蝉時雨」でしょう。少年と少女、夏祭り、恋。この物語に粟子さんの声が乗っかるわけですから、人気が出るのも当たり前、と言えるのではないでしょうか。

MVも物凄く良い感じです。夏休み中に都会から田舎にやってきた少年と近所の少女が出会い、両想いではあるのだろうけどすれ違ってしまう。見ればきっと子供時代の初恋を思い出すことでしょう。甘酸っぱい・・・。さらに、この「蝉時雨」は「夏の幻」「雨音」とつながっていきます。果たして2人の恋は実るのか。是非MVも一緒にご覧になってください。


<出典:www.youtube.com>

また、ココロオークションはアップテンポな楽曲も非常に魅力的です。
「ヘッドフォントリガー」を聞けば、気が付かないうちに体が踊りだしてしまうことでしょう。


<出典:www.youtube.com>

バンド名の由来と今までの活躍

ココロオークション。なんとも印象に残る名前です。なんとこの名前は初ライブの直前に決まったそうです。

聞いてくれるお客さんの心(ココロ)の価値を高める(オークション)、でココロオークション。

バンド結成のきっかけは、Ba.の大野さんがRADWIMPSのコピーバンドをしていたVo.粟子さんの歌声をライブで聞いて「こいつとバンドやりたい!」と思ったことだそうです。

ココロオークション <出典:tote-music.com>

3ピースバンドになったのは最近で、元々は4人で活動していました。見放題2014というライブをもってGt.の冨山吉孝さんが脱退されてしまったようです。脱退理由は不明。ギターが2人いると音楽の幅も広がると思うので、脱退されてしまったのは残念ですね。

4人で活動しているときのライブの様子もネットで見ることができるので、気になる方は是非!

人気に拍車がかかるココロオークション。2014年に開催された見放題2014では入場規制がかかるほどの人気ぶりでした。最近では、初全国流通シングル「ターニングデイ/プリズム」を2000枚限定で発売するも、あまりの人気で即完売となり、1000枚追加発売の発表がされるほどです。

これからに期待大!!

まだ人気が出始めということもあって、あまり情報が出ていないココロオークション。これから人気が出ることは確実といっても過言ではないので、順次情報が出てくることでしょう。皆さん、しばしお待ちを。

2016年活躍するであろうバンド達のトップを走るココロオークションのこれからに期待です!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!