6,231 views

一度聴いたら忘れられない!片平里菜の魅力

意外と遅咲き!?本格的に音楽に目覚めたアマチュア時代

1992年、福島に生まれた片平里菜は、幼少時から兄の影響を強く受けていました。
何をするにも常に兄のそばにつき、色々と真似をしていた彼女。中学時代に兄がギターを弾いたりバンドを組むようになると、彼女も自然とそうした音楽活動にあこがれを持つようになりました。

しかし、本格的に音楽を始めたのは何と高校3年生から。それまでもボイトレやオーディションを受けたりはしていましたが、現在のスタイルを確立したのはこの頃だったのです。
片平里菜
<出典:matome.naver.jp>

アコースティックギターを手に取り、独学でコードを覚えていきました。高校3年の夏に地元でミニライブを開いたものの、その時はまだギターの技術が完璧ではなく、ボーカルとして歌を披露する方を中心としていたのです。

 


一気の才能開花!華麗なるステップアップ


2011年、10代最後のチャンスとして臨んだ、TOKYOFM主催のイベント「閃光ライオット」にてオリジナル曲を披露。多くの審査員の目に留まり特別賞を受賞した彼女は、それをきっかけに一気に階段を駆け上がっていくのです。
片平里菜 閃光ライオット
<出典:natalie.mu>

直後に事務所も決まり音楽1本で生活していく決断をした彼女。その後はラジオ番組や数々のライブ開催で徐々に知名度をあげ、レコチョクの着うたが初登場2位を獲得したりするなど実績も残し、2013年にはついにメジャーデビューを果たしました。

弾き語りライブやツアー開催など、ますますその存在を世に知らしめているのです。

 

心に染み入る名曲を聞き逃すな!片平里菜の代表作を紹介

片平里菜を語る上で欠かせないおすすめソングはやはり「夏の夜」です。
2011年のイベント「閃光ライオット」でも歌っていたオリジナルソングであり、メジャーデビューのファーストシングルともなりました。まさに彼女の原点とも言える心からの叫びが、聴く人のハートに訴えかける名ソングです。

<出典:www.youtube.com>

次に紹介するのがセカンドシングルの「女の子は泣かない」です。
1つ目に紹介した「夏の夜」とはテイストが180度違い、失恋ソングながらもポップな曲調で女性の共感を大いに呼ぶものとなっています。

<出典:www.youtube.com>

最後に紹介するのは「誰もが」です。
春の季節に相応しい応援ソングであり、大手菓子メーカーとのコラボ企画で「受験生応援プロジェクト」のテーマソングとして採用されました。聴いていると自然と元気をもらえる印象深いものとなっています。

<出典:www.youtube.com>

紹介した他にも多くの魅力あふれる作品が存在しますが、それらに共通しているのは心に残るメロディとサビの美しさ
街中でつい口ずさんでしまうほどの強い印象を残すものとなっています。

 

ギター1本で観客を魅了!片平里菜のさらなる名曲誕生に期待

以上見てきたように、女性シンガーソングライターとして確固たる地位を築いてきた彼女。

その美麗なるメロディとギター1本で観衆を魅了する天才的な才能が、今後さらなる開花を見せるその時を楽しみに待ちましょう。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!