黄金コンビきゃりーぱみゅぱみゅと中田ヤスタカ 出会いのきっかけや2人の関係は?

「アイドルではない」「歌手やモデルと言うには活動の幅が広すぎる」そんな、独自の路線を爆走する『きゃりーぱみゅぱみゅ』は、今や日本の「Kawaii文化」を象徴する存在で、世界的にも有名なアーティストに成長しました。

 

今回はそんなきゃりーの歌手デビューのきっかけを作った、天才プロデューサー『中田ヤスタカ』との出会いや2人の関係、デビュー当時のエピソードについてご紹介します。

 

きゃりーぱみゅぱみゅ 中田ヤスタカ <出典:girlschannel.net>
 

◆プロデューサー中田ヤスタカってどんな人?

音楽ユニット『CAPSULE』としてのアーティスト活動を行いながら、音楽プロデューサーとして『Perfume』『きゃりーぱみゅぱみゅ』などのアーティストをプロデュース。SMAP、m-flo、鈴木亜美などに楽曲を提供しており、プロデューサー業以外にも作曲家としての才能も持ち合わせています。

 

また、自身が主催するクラブイベントにもDJとして参加しており、音楽シーンに関わる幅広い活動を続ける人物です。2012年には『Perfume』の「スパイス」やきゃりーの「つけまつける」が評価され、日本レコード大賞で編曲賞を受賞した。

 

中田ヤスタカ <出典:matome.naver.jp>
 

メジャーデビュー後にリリースされたきゃりーの全ての曲の作詞・作曲を担当しており、彼女の躍進を支えた最大の立役者と言えるのではないでしょか。まさにきゃりーぱみゅぱみゅの影に中田ヤスタカあり!ですね。

 


◆2人の出会いやきゃりーぱみゅぱみゅの歌手デビューのきっかけは?

高校3年生のきゃりーは『KERA』や『Zipper』などの「青文字系」と言われる、東京の原宿などで多く見かける個性的で同性受けするファッション雑誌で読者モデルとして活躍していました。


 

きゃりーぱみゅぱみゅ <出典:www.headphone-mag.com>
 

自分の進むべき進路に悩んでいた彼女は、高校の卒業も間近に迫るあるとき、中田ヤスタカが主宰していたクラブイベント『TAKENOKO!!!』にDJとして参加することになりました。イベントの出演メンバーと食事に行く機会も何度かあり、2人はお互いのことをよく知るようになります。

 

中田ヤスタカはきゃりーの非凡な才能を見抜き、歌手デビューするように強く勧めます。これがきっかけとなり、きゃりーはモデルから歌手へと異色の転身を遂げるのでした。

 

きゃりーにとっては当時彼女が愛聴していた「Purfurme」をプロデュースしていた中田ヤスタカは尊敬できる人物だったのでしょう。

 

当時を振り返ったきゃりーは「中田ヤスタカさんのプロデュースじゃなかったら、絶対にデビューしていなかった」と語っていて、その当時から2人の信頼関係は厚かったようですね。

 



 

 

◆2人は曲作り以外でもよく会う関係

出会いのきっかけとなったクラブイベント『TAKENOKO!!!』には、いまだにきゃりーがDJとして出演することも多く、2人は曲作り以外でも会う機会は多そうです。
 
また、2014年6月にシンガポールで行われたきゃりーのライブには、中田ヤスタカが応援に駆けつけていたことが、きゃりー自身のTwitter投稿により紹介されていました。

 

 

◆きゃりーぱみゅぱみゅをよく知る人物だからこそ作れる個性的な曲

きゃりーの公式ブログ「きゃりーぱみゅぱみゅのウェイウェイブログ」には彼女独自の個性的な「ウェイウェイ」「ウェケメン」「ワチャワチャキラキラ」などの言葉がたびたび登場します。

 

普段からもそのような言葉が似合う彼女をプロデュースする中田ヤスタカは、きゃりーの曲の中にもその『きゃり語』を効果的に取り入れて、彼女の魅力やイメージがそのまま歌になったような『きゃりーワールド』を作り上げています。

 

きゃりーぱみゅぱみゅ <出典:ha10.net>


 

2人の関係は、仕事上のパートナーというよりは師弟関係に近い印象を受けました。これからも「耳に残るキャッチーな歌詞や元気な歌声」が魅力の『きゃりー曲』を弟子と師匠の二人三脚で作り続けて欲しいと思います。

 

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!