Perfumeをスターダムに押し上げた中田ヤスタカと彼女たちのエピソード

全く無名だった広島出身のアイドルグループPerfumeをポップテクノというジャンルにあてはめ、一躍スターダムに押し上げ、自らもプロデュ―サーとしてその実力を発揮した中田ヤスタカ氏。


Perfume 中田ヤスタカ <出典:prcm.jp>
彼女らと中田ヤスタカとの興味深いエピソードは尽きません。

Perfumeがライブで語った中田ヤスタカ氏のエピソードとは

Perfumeがライブで中田ヤスタカ氏についてコメントするのが比較的少ないのは、中田ヤスタカ氏自信が望んでいないからだという説もあるのですが、中田さんのご両親がPerfumeのライブにいらしていた時に、中田さんについてMCで話しています。

中田ヤスタカ <出典:www.yamahamusic.co.jp>
いつも半ズボンで、きれいな白い足をしており、靴下を履かない、電池を充電して生きているという知る人ぞ知るニュースを披露しており、ご両親が心配するから宇宙人みたいな言い方はよくないというほほえましい締めで終了しています。

Perfumeが注目されたポリリズムのCMは中田ヤスタカ氏のおかげ?


<出典:www.youtube.com>
Perfumeをスターダムに押し上げたポリリズムは所属事務所アミューズが広告とのイメージと違いすぎるという理由からリリースに反対していたのですが、中田ヤスタカ氏が事務所まで直接出向き、今の若い人に訴えかけることができると主張してリリースに至ったというエピソードがあります。

これがなければ、今世界中から注目を浴びているPerfumeの活躍はなかったことでしょう。

中田ヤスタカ氏は楽曲を通じて世界に発信しており、中田さんの曲がなくなったらPerfumeは消滅する時だというエピソードでも知られています。





Perfumeあ~ちゃんの申し出をあっさりと却下する中田ヤスタカ氏

Perfumeのあ~ちゃんが作詞をしてみたいと思い切って中田ヤスタカ氏に申し出たところ、ストレートに却下されてショックだったというエピソードを語っています。

あ~ちゃん <出典:blogs.yahoo.co.jp>
中田ヤスタカ氏にとってPerfumeは自らの音楽に対する挑戦であり、舞台であることからたとえメンバーであっても、他の人の脚色がついてしまうのは避けたいのかもしれません。

しかし勇気ある申し出をばっさりと切り捨てる態度に並々ならぬ二人の仲の良さを感じることができます。

中田ヤスタカ氏が全身全霊をかけているのがPerfume

Perfume <出典:natalie.mu>
中田ヤスタカ氏が自らの才能を余すところなく発揮しているのがPerfumeという題材であり、楽曲を演じてくれるヒロインなのです。

音楽の女神アミューズのように才能を引き出してくれて、それを見事に再現してくれる彼女たちのツーカーな信頼感こそがPerfumeを作り上げているといえます。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!