10,634 views

ドラマ「ゆとりですがなにか」主題歌「拝啓、いつかの君へ」を歌う「感覚ピエロ」のメンバー・プロフィール

感覚ピエロが奏でる「拝啓、いつかの君へ」は、宮藤官九郎が脚本を担当した日本テレビ系ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌です。ドラマ同様、その斬新な世界観も注目を集めています。そんな感覚ピエロのメンバーや彼らのプロフィールを紹介していきます。

感覚ピエロ <出典:http://natalie.mu/music/news/181932>

多才な4人から成る感覚ピエロのメンバー


感覚ピエロを構成しているのは才能溢れる4人です。

ボーカル・ギター担当の横山直弘(1992年5月30日生まれ/北海道出身)は作詩作曲を手掛けるバンドのフロントマン的存在です。

横山直弘 <出典:http://tomo-life.com/kankakupiero/>

ギター担当の秋月琢登(1990年9月27日生まれ/大阪府出身)は感覚ピエロが立ち上げた「JIJIRECORDS」というオリジナルレーベルの代表を務めています。

秋月琢登 <出典:http://digzoom.com/ent/band/3094/>

ベース担当の滝口大樹(1991年2月8日/大阪府出身)はソロシンガー・カヨコのベースも務めているそうです。

滝口大樹 <出典:colors.vc:8999/scripts/cbag/ag.cgi?page=MyFolderMessageView&mDBID=4&mEID=151&mDID=81415&cp=ml&sp=&tp=>

ドラム担当の西尾健太(1987年9月16日/大阪府出身)はバンド内で最年長です。

西尾健太 <出典:http://tomo-life.com/kankakupiero/>




感覚ピエロの結成と活動


感覚ピエロは2013年に大阪で誕生しました。オリジナルレーベル「JIJIRECORDS」を設立し、結成直後から自分たちでバンドをプロデュースしてきました。

JIJIRECORDS <出典:http://matome.naver.jp/odai/2140481811072222001>

バンド活動開始後は精力的にライブをこなし、圧倒的なライブパフォーマンスで存在感をアピールし続けました。2015年にファーストミニアルバム「Break」をリリースし、全国ツアーを実施し成功を収めています。

そして、2016年6月1日にはセカンドミニアルバム「不可能可能化」が全国リリースされます。

感覚ピエロ「拝啓、いつかの君へ」PVの衝撃的な世界観


「拝啓、いつかの君へ」は楽曲のみならずPVも話題になっており、映像ディレクターの太田タイキさんが監督しています。


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=e4I9bjviQu8>

黒いワンピースの女の子(田中真琴)と白いワンピースの女の子(福田ユリヤ)が登場しますが、抽象的で不思議な場面が続きます。演奏し、歌う感覚ピエロのメンバーも衣装が白から黒、黒から白とくるくる変わります。

観る人によっていろんな解釈ができる映像と言えるのではないでしょうか?中毒性のある楽曲とあいまって、とっても魅力的なPVになっています。

ドラマ「ゆとりですかなにか」と共に盛り上がっていく感覚ピエロ


ドラマ「ゆとりですがなにか」の物語が進んでいくにつれ、感覚ピエロの主題歌「拝啓、いつかの君へ」もより多くの人々の耳に届けられることとなるでしょう。

2016年6月、7月には新作ミニアルバムの発売記念ツアーも予定されており、今後の活躍がますます期待されます!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!