8,336 views

詞、音、歌声、スタイル、全てが「完璧」なアーティスト・椎名林檎の魅力

椎名林檎 <出典:gozzip.jp>
椎名林檎とは1978年11月25日生まれのシンガーソングライターです。2004年から2012年の間は東京事変のヴォーカルを担当していました。

ロックからヒップホップ、ジャズなど幅広いジャンルを歌いこなせる彼女は、2009年に平成20年度芸術選奨新人賞(大衆芸能部門)を受賞するなど確かな歌唱力を持ち合わせています。

椎名林檎、女性としての魅力

椎名林檎 <出典:topicks.jp>
母親でもありながら、自身の容姿にもきちんと気遣い、若さをたもっている椎名林檎。ショートカットのヘアスタイルは彼女の象徴でもあり、衣装もその曲の世界観に合わせ時にかわいく、時にクールで奇抜なファッションでファンを魅了します。

しかし彼女の歌のなかで、「女は誠の誓いなんて要らないよ大概が芝居さ」や、「女は嘘を吐いたって好いじゃないか相応の茶番で粧し込んで居なくちゃきっともう狂って居るって」など「女」に対して実に正直に書いていますが、これも女性からの支持の要因の一つでしょう。


椎名林檎の由来とデビューまで

椎名林檎 <出典:pinky-media.jp>

「椎名林檎」という名前は一度見聞きすれば、そのインパクトからなかなか忘れません。林檎という名前は芸名ですが、幼少期は内気で恥ずかしがり屋だったために人前で顔が赤くなってしまい、「りんご」と呼ばれていたことに由来するそうです。

また、有名なビートルズのドラマーである「リンゴ・スター」にあやかるためという理由もあるそうです。

幼少時からピアノ、クラシック・バレエを習うなど音楽に恵まれた環境で育った彼女は、中学時代からバンドを組むほどで、高校ではいくつかのバンドを掛け持ちしていました。高校は中退してしまいましたが、1998年「幸福論」でデビューしました。


唯一無二の歌詞の秘密

椎名林檎 <出典:www.logsoku.com>
歌詞で求められるもののひとつとして、共感性が挙げられると思います。しかし近年J-POPの世界では、その共感を求めるあまり歌詞に普遍的ワードが多くなりがちです。

そんな中で椎名林檎はやはり歌詞にも独特の世界観をもっていることがわかります。彼女の言葉選びのセンスは抜群です。歌詞はまるで小説みたいになっていて、サウンドの中に歌が溶け込んでいます。

思い出迷子は負けのはじまりいまを実感する者だけが勝つ」など、どれも心に響く言葉ばかりです。

完璧主義者だからこそのクオリティー

椎名林檎 <出典:twitter.com>
独特の世界観をもっていると感じるのも、椎名林檎が完璧主義者だからです。彼女が中途半端さを感じさせることはありません。

歌詞だけでなく、衣装や髪型にもこだわっているからこその「椎名林檎」の世界観が生まれるのだと思います。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!