西日本最大の野外ロックフェス!イナズマロックフェスの恒例企画3選!

2009年から毎年、9月の3連休に滋賀県草津市で行われている野外ロックフェス、それがイナズマロックフェスです。
イナズマロックフェス <出典:momoclozamurai.xxxblog.jp>

発起人は地元出身のアーティスト、T.M.Revolution西川貴教さんです。
そんなイナズマロックフェスでの恒例企画を3つ、ご紹介します。

 

イナズマロックフェスの恒例企画その1「イナズマゲート」とは?

イナズマロックフェスでは有料エリアである雷神ステージと、次期のメインステージ進出やブレイク目指すアーティストたちが出演する無料の風神ステージ、龍神ステージがあります。
風神ステージ <出典:hello.2ch.net>

イナズマロックフェスでの恒例企画として、この風神ステージに二日とも出演するチャンスが与えられるのが「イナズマゲート」というオーディションなのです。

メジャーデビュー直結型のこのオーディション、ジャンルやメンバー構成、演奏スタイルなどはすべて自由で、応募条件はオリジナルであることのみ

この「イナズマゲート」から未来の「イナズマフェス」ヘッドライナーや全国的にブレイクするアーティストが生まれる日も来るかもしれません。

 


イナズマロックフェスの恒例企画その2「イナズマロックカレーパン」とは?


ロックフェスの楽しみと言ったら、音楽はもちろんのこと、フェス限定のグルメもその一つ。

イナズマロックフェスの飲食エリアの恒例企画として、滋賀県を中心としたご当地グルメを楽しむこともできます。
中でも滋賀県立湖南農業高校生の作ったジャガイモなど、滋賀こだわりの食材を使用した「イナズマロックカレーパン」は人気で、カレーのみのレトルト販売もあります。
イナズマロックカレーパン <出典:makasetaro.keikai.topblog.jp>

その他、8月に行われる滋賀県内の飲食店によるイベント「イナズマフードGP」の上位20店舗による出店も楽しみの一つです。

 

イナズマロックフェスの恒例企画その3「Lakers」とは?

フェスも終盤、参加アーティストたちがステージに集まり、みんなで歌って気持ちを一つにすることもまた、フェスの魅力の一つでしょう。

イナズマロックフェスでは恒例企画として、「Lakers」というアンコールソングを歌います。
「Lakers」は元々はびわ湖毎日マラソンのテーマソングとして作られた曲で、T.M.Revolution初の配信限定シングルでした。
CDとしては9th Album「CLOUD NINE」の初回限定生産盤Bにのみ収録されています。
イナズマロックフェスで <出典:www.musicman-net.com>

「単にマラソン大会のイメージソングではなくて、地元の滋賀に根付くような曲になったら」との思いが込められているのです。

 

イナズマロックフェスの3つの恒例企画の共通点

イナズマロックフェスの恒例企画を3つご紹介してきましたが、そこには一つの共通点があることが分かります。
inazuma20
<出典:http://inazumarock.com/>

それは若い人や地元で頑張っている人を応援すること「地域振興」なのです。
イナズマロックフェスはただ楽しいだけでなく、琵琶湖を、地域を、若い人たちを盛り上げていこうというイベントなのです。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

J-POPの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!