アップアップガールズ(仮)新井愛瞳の性格がやんちゃすぎて可愛い!!

ハロプロエッグ出身で現在はアップアップガールズ(仮)のメンバーとして活躍する新井愛瞳ちゃん。ショートカットで目がとても大きくかわいいイメージが強い子で、そんな愛瞳ちゃんの性格をはじめとするプロフィールをご紹介!

まずはプロフィールを確認!


新井愛瞳 <出典:http://matome.naver.jp/odai/2144761293459256901>

新井愛瞳(あらい まなみ)ちゃんは1997年11月19日生まれのB型、群馬県出身でメンバーカラーは青、ニックネームは「まぁな」。アップアップガールズ(仮)では最年少のメンバーです。

元々オーディションを受ける前にはキッズモデルとして活動しており、モデル以外に挑戦してみたかったり、当時流行していたミニモニ。に憧れて2004年に開催されたハロプロエッグオーディションを受けてハロプロに加入しました。

ちなみにこの際に行われたハロプロエッグのオーディションの合格者には佐藤綾乃ちゃん以外のアップアップガールズ(仮)のメンバーや、アンジュルムの和田彩花ちゃんなどがいます。

最年少はどんな性格か


新井愛瞳 <出典:http://matome.naver.jp/odai/2141903577704626401>

普段はショートカットで踊っている印象なので、やはりボーイッシュなイメージを愛瞳ちゃんに持っている方も多いのですが、実際の愛瞳ちゃんはどのような性格なのでしょうか。

実際のアップアップガールズ(仮)のファンからは少しKY、ちょっとポンコツと言われることもありますが、テンションが高く、優しくて明るい子です。ライブ終わりには同じくアップアップガールズ(仮)の佐保明梨ちゃんとはしゃいでおり、周りがライブで疲れているにも関わらずこの様子なので、愛瞳ちゃんと佐保明梨ちゃんの2人でアホ兄弟とまで呼ばれるほどです。




エッグで下積みしてからの下剋上


新井愛瞳 <出典:http://store.natalie.mu/shopdetail/000000000284/>

アップアップガールズ(仮)と言えば、と言われると、「下剋上ユニット」と連想する人も多いでしょう。

それもそう、ハロプロエッグには中学生まで、というルールが当時存在しており、その掟のために肩を叩かれたメンバーがかなりいました。
愛瞳ちゃんもその1人です。

モーニング娘。の9期オーディションにも落ちており、その1年後、アップフロントガールズとしてこの7人が招集され、現在のアップアップガールズ(仮)となりました。

やはりハロプロエッグとして鍛えてきたハイレベルな歌とダンスは圧倒的であり、ポンコツ、一番下手とまで言われた愛瞳ちゃんですらかなりのものです。

ハロプロを継承したかっこよさが魅力


新井愛瞳 <出典:http://prcm.jp/list/%23%E6%96%B0%E4%BA%95%E6%84%9B%E7%9E%B3>

ハロプロエッグ加入当初は眼鏡をかけている小さな女の子だった愛瞳ちゃんも今やステージでキラキラオーラを振りまくアイドルとなりました。

やっとテレビに出る機会も増え始め、愛瞳ちゃんだけでなく、アップアップガールズ(仮)の下剋上はまだまだこれからです!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!