マンネリ?それともバランス?恒例のハロコン2015夏のセットリストの見所は!?

毎年、夏と冬の2回行われる恒例行事のハロコン。
ハロコン
<出典:natalie.mu>

ハロー!プロジェクトのメンバー総出演のコンサートツアーの通称なわけですが、2015年の夏は「Hello! Project 2015 SUMMER ~DISCOVERY~ / ~CHALLENGER~」と題され始まりました。

さて、今年のセットリストの見所はどこだったのでしょう。

 

7グループが集結!研修生も入れて総勢58人の賑やかさ!

ハロコンは、「DISCOVERY」と「CHALLENGER」という2パターンの公演に分かれていて、それぞれ違った特徴を持っていることはよく知られています。
それぞれの内容は後ほどご紹介するとして、まずは今年のメンバーを見てみましょう!
ハロコン
<出典:trendkeyword.doorblog.jp>

今年は、℃-ute、モーニング娘。、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリーという全部で7グループが一堂に会し、次から次へと繰り出されるパフォーマンスに会場のボルテージは終始上がりっぱなしでした。

なんせ7グループで51人、それに研修生を加えると、総勢なんと58人という賑やかさ!
これだけの豪華メンバーを一気に楽しめるのはハロコンならではです。

 


新曲ラッシュのDISCOVERY公演!

さて、DISCOVERY公演のセットリストを見てみると、とにかく、これでもか!というほどの新曲ラッシュ。
特に、コンサート前半に披露されたこぶしファクトリーの「ラーメン大好き小泉さんの唄」は、その特徴的な曲名とダンスで印象に残ったと言っているファンも多いようです。
こぶしファクトリー
<出典:http://natalie.mu/>

そしてもうひとつの注目は、なんといっても今回のハロコンで最後となるアンジュルムの福田花音
11月で卒業を宣言している彼女ですが、最後だけあっていつもよりもフィーチャーされていました。

彼女自身、最後のハロコンへの想いを語る一幕もあり、勢いとほんの少しの寂しさを感じさせた見所ある公演でした。
o0360048013390083576
<出典:http://ameblo.jp/>

~DISCOVERY~ セットリスト

01. 恋愛ハンター/全員
02. ブスにならない哲学/全員   ※通路降臨あり

03. Crying/ハロプロ研修生・こぶしファクトリー・つばきファクトリー
04. 17才/つばきファクトリー
05. ラーメン大好き小泉さんの唄/こぶしファクトリー
06. わかっているのにごめんね/カントリー・ガールズ

07. 赤い日記帳/嗣永・小田・中西・広瀬
08. 生まれたてのBaby Love/Juice=Juice
09. 乙女の逆襲/アンジュルム
10. Oh my wish!/モーニング娘。'15
11. The Middle Management~女性中間管理職~/℃-ute
12. 伊達じゃないよ うちの人生は/Juice=Juice
13. 七転び八起き/アンジュルム
14. 青春小僧が泣いている/モーニング娘。'15
15. 我武者LIFE/℃-ute
16. Danceでバコーン!/全員   ※通路降臨あり

17. ジリリキテル/つばきファクトリー
18. 念には念/こぶしファクトリー
19. ためらいサマータイム/カントリー・ガールズ

20. 大きな愛でもてなして/福田花音 with ℃-ute
  安心感/福田花音 with 嗣永桃子
  夢見る 15歳(フィフティーン)/福田花音 with 和田彩花
21. 私、ちょいとカワイイ裏番長/アンジュルム with こぶし・つばき・ハロプロ研修生
22. スカッとMy Heart/モーニング娘。'15
23. CHOICE & CHANCE/Juice=Juice
24. ザ☆トレジャーボックス/℃-ute
25. ロマンスの途中/Juice=Juice
26. 大器晩成/アンジュルム
27. Kiss me 愛してる/℃-ute
28. What is LOVE?/モーニング娘。'15

29. Wonderful World/全員     ※通路降臨あり

 

最近の楽曲を中心にまとめてきたCHALLENGE公演!

毎年、CHALLENGE公演の方は、グループメンバーをシャッフルした内容のセットリストが多かったんですが、今年は比較的グループごとにまとまってのパフォーマンスが多く、その点においてはファンの間でも賛否が分かれています。
℃-ute
<出典:plaza.rakuten.co.jp>

とはいえ、今年は全体的に新メンバーが多かったこともあり、いつも以上に新鮮な公演だったことは間違いないです!

セットリストは当然、DISCOVERYとは一部を除いて違っていますが、シャッフルが少ない分、雰囲気としては両方とも似た感じだったかもしれませんね。

とはいえ、メンバーが客席に降りる演出もあったりして、賑やかで大盛り上がりでした。

~CHALLENGE~ セットリスト

01.大器晩成 ~ Love take it all ~ 大器晩成/全員  ※通路降臨あり
02.おへその国からこんにちは/こぶしファクトリー・つばきファクトリー・ハロプロ研修生
03.17才/つばきファクトリー
04.ラーメン大好き小泉さんの唄/こぶしファクトリー
05.わかっているのにごめんね/カントリー・ガールズ
06.今すぐ飛び込む勇気/モーニング娘。'15
07.GIRLS BE AMBITIOUS/Juice=Juice
08.エイティーン エモーション/アンジュルム
09.次の角を曲がれ/℃-ute    →器械体操パフォーマンス
10.ヒロインになろうか!(Berryz工房)/つばきファクトリー
11.ROCKエロティック(Berryz工房)/こぶしファクトリー・つばきファクトリー
12.愛の弾丸(Berryz工房)/こぶしファクトリー
13.念には念/こぶしファクトリー
14.初めてのハッピーバースディ!/カントリー・ガールズ
15.浮気なハニーパイ/カントリー・ガールズ
16.ためらいサマータイム/カントリー・ガールズ
17.イジワルしないで 抱きしめてよ/Juice=Juice
18.私が言う前に抱きしめなきゃね/Juice=Juice
19.選ばれし私達/Juice=Juice
20.ミステリーナイト/アンジュルム
21.好きよ、純情反抗期。/アンジュルム
22.臥薪嘗胆/アンジュルム
23.Help me!!/モーニング娘。'15
24.One・Two・Three/モーニング娘。'15
25.Password is 0/モーニング娘。'15
26.都会っ子 純情(2012神聖なるVer.)/℃-ute
27.Crazy 完全な大人/℃-ute
28.いざ、進め! Steady go!/℃-ute
29.そうだ! We're ALIVE(updated)/全員  ※通路降臨あり

 

マンネリがささやかれるハロコンだが、バランスのいいセットリストに

ハロコン
<出典:www.e-lineup.com>

ハロコン自体、毎年、マンネリがささやかれていますが、セットリストを見ると、歴の長いファンも浅いファンも、みんなが楽しめるように、とてもバランスのいいセットリストになっているとの評価が多いです。

毎年同じ曲にならないように、新曲を中心に据えつつも、適度に過去曲も混ぜていく素晴らしい公演といえますね。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!