奇跡の小顔美少女の素顔とは・・・?乃木坂46齋藤飛鳥の"意外"な一面のわかるエピソード集

最新シングル「裸足でsummer」では初のセンターに抜擢され、乃木坂46のメンバーの中でも最も注目を集めているのが齋藤飛鳥さんです。

齋藤飛鳥 <出典:www.marquee-mag.com>

彼女といえば小顔すぎると言われるほどの小顔とその正統派美少女なルックスが話題に挙げられますが、本人のパーソナルな部分にスポットを当てて注目してみると、そのルックスとは裏腹に意外な一面が続々見えてきます。

今回はそんな乃木坂46・齋藤飛鳥の"意外"な一面のわかるエピソードの数々をご紹介していきたいと思います♪

乃木坂46齋藤飛鳥の"意外"エピソードその①:特技がドラム

齋藤飛鳥さんの特技はまさかのドラムです。

この身体の細さでドラム叩けるの!?といった感じですが、乃木坂46が氣志團とライブで共演する機会があり、それを機に乃木坂46メンバーで結成されたバンド「乃木團」のドラム担当として何度かステージでもドラムを披露しています。

齋藤飛鳥 ドラム <出典:hitbit2009.blog68.fc2.com>

小顔でスレンダーな齋藤飛鳥さんがドラマーというギャップに初披露時はファンの間でもどよめきが起こりましたが、その腕前はなかなかのもので、今や立派な「乃木團」のドラマーです。

もともと彼女は吹奏楽部だったということもあり、リズム感や楽器演奏に対する素養は持ち合わせていたようですよ。

乃木坂46齋藤飛鳥の"意外"エピソードその②:結構エグい小説を読む

齋藤飛鳥さんの趣味は読書。

まあ読書が好きなアイドルは多数いるのではないかと思いますが、齋藤飛鳥さんは「読後にモヤモヤ感の残る作品」が好きだと公言しています。

齋藤飛鳥 読書 <出典:www.booklista.co.jp>

実際、彼女は一番好きな作家として貫井徳郎の名前を挙げています。

貫井徳郎さんといえば読後の後味の悪さと暗さで知られているミステリ作家であり、とても10代のアイドルの女の子が好んで読む様な作家ではないのですが、こういう部分に齋藤飛鳥さんの持つパーソナルなイメージが見えてくるのではないのでしょうか。






乃木坂46齋藤飛鳥の"意外"エピソードその③:毒舌キャラ

まさかの毒舌キャラを持つ齋藤飛鳥さん。

毒舌というか、読書家エピソードの部分からもわかりますが非常に現実的で、サバサバした性格なのでその芯の強さ故に真実をはっきりと言う、というところから徐々に味付けされて彼女の毒舌キャラが出来上がってきました。

齋藤飛鳥 毒舌 <出典:girlschannel.net>

その小顔美少女なルックスから毒舌が繰り出されるのがなんともいえないギャップになっていてライブMCなどではファンを多いに湧かせています!

齋藤飛鳥 毒舌 <出典:matome.naver.jp>

これも全て彼女のルックスと雰囲気と人間性から成せる萌えポイントなのです。

乃木坂46齋藤飛鳥の"意外"エピソードその④:ラジオ体操をしたことがない(?)

もはやこれは意外を通り越して伝説的な彼女の"謎"なエピソードですが、なんと齋藤飛鳥さんは今まで生きてきた中でラジオ体操をしたことがないそうです。

齋藤飛鳥 ラジオ体操 <出典:nogizaka46democracy.blog.jp>

ラジオ体操をしたことがないってちょっと衝撃ですが、学生時代の体育の時間などでも、全くやったことも見たこともこともないらしいです(笑)

乃木坂46の番組「乃木坂工事中」でこの話題になり、スタジオであのラジオ体操第一の音楽を流しましたがやり方がわからず、自己流で披露した「飛鳥体操第一」はもはやファンの間では伝説ともいえるエピソードです。

齋藤飛鳥 ラジオ体操 <出典:nogizaka46democracy.blog.jp>

しかし何をやっても絵になるのが美少女。即興ラジオ体操(?)をやってもファンからは「かわいい!」の声が多数上がりました。そんなところが彼女の凄さです。

これからもあしゅりんから目が離せない♪

以上、乃木坂46齋藤飛鳥さんの"意外"な一面のわかるエピソードをご紹介してきました。

アイドル界一とも言われる小顔と正統派美少女なルックスからは想像もつかないギャップの数々でより齋藤飛鳥さんの魅力が伝わったのではないのでしょうか。

初のセンターを務めたシングル「裸足でsummer」も大ヒット中な乃木坂46・齋藤飛鳥さんにこれからも要注目です♪

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!