BABYMETALの魅力と歴史について語る!ブレイクした理由とは・・・

BABY METALとはアミューズ所属のSU-METALYUIMETALMOAMETALの3人からなるメタルダンスユニットです。

どうしてアイドルであるはずのBABY METALがメタルアーテイストとしてブレイクしたかその魅力を個人的に語ってみます。


BABYMETAL
<出典:www.holytaco.com>



BABY METAL結成

アミューズがプロデュースしている学校生活をテーマとしたグループ「さくら学院」からBABY METALは生まれました。

さくら学院内の部活動、重音部からスタートしたBABY METALは当初メタルをモチーフとしただけのユニットでした。

中元すず香水野由結菊池最愛の3人がアイドルとメタルの融合をテーマに結成2010年にスタート後2011年2012年初頭にアイドルイベントに出演、そして第一のターニングポイントと思われる「SUMMER SONIC 2012」に出演します。

それまでアイドル色が強かった為、興味があっても観る機会が無かったロックファンが目にする事になるのです。


BABY METAL
<出典:www.summersonic.com>




BABY METAL単独アーティストとしてのスタート


初めてサマーソニックでBABY METALを観たロックファンからの印象は良好でツイッターやブログで拡散されました。

2012年に単独ライブ、同年にシンガポールのアニメフェスに出演し徐々に知名度を上げて2013年1月には「イジメ、ダメ、ゼッタイ」でメジャーデビュー、2月には中元すず香(SU-METAL)の中学卒業と共に小中学生対象のさくら学院から卒業が発表されます。合わせて卒業後もBABY METALの活動を継続する事も発表され、この時点でさくら学院の部活動、重音部からは離れ単独のアーティストとして歩いていく事になりました。

菊池最愛(MOAMETAL)は学院日誌でSU-METAL、YUIMETAL(水野由結)が活動を決めた後もかなり悩んで参加を決めたと語っています。

他の2人よりアイドルとしての活動を望んでいたのでしょう。


BABY METAL
<出典:出典先名>




BABY METALブレイクの兆し

2013年単独アーティストとなったBABY METALは東京、大阪で生演奏によるワンマンライブ、夏のロックフェスに出演をします。

第二のターニングポイントはここで「神バンド」と言われる優秀なミュージシャンを集めたバックバンドを起用した事でしょう。

2014年2月に1stアルバムを発表、海外チャートにも入る。同年3月には女性最年少で武道館公演2Days、7月からは海外ツアーが始まり単独公演のみならず心配されていたイギリスのメタルフェス「Sonisphere Festival UK」も成功と言える歓迎を受けました。

そして第三のターニングポイントのレディーガガのオープニングアクト出演。それまで世界的には有名でも日本では知名度が低いメタルアーティストとの共演より前座でもレディーガガとの共演が一気に知名度を上げる事になったのです。



SEO的な画像名
<出典:出典先名>




BABY METALはどこへ行くのか?

海外での人気を確固たるものにしたBABY METALは2015年にも海外ツアー、フェス出演を行っています。日本でもブレイクを果たし幕張メッセで25000人動員するライブを行い日本ツアーも発表されました。

楽曲も含め活動範囲がどんどん広がってきているBABYMETALの活動に注目です。

タグ BABYMETAL
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

アイドルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!